Yahoo! JAPAN

猫が『しっぽマフラー』をする時の意味3つ

ねこちゃんホンポ

しっぽマフラーとは?

しっぽマフラーは、別名「しっぽ巻き座り」と言われています。

猫は「香箱座り」「スフィンクス座り」「エジプト座り」「横座り」など様々な座り方をします。

この中でしっぽをマフラーのようにして座る時は、リラックスをあまりしておらず、神経が過敏な状態です。

そのため、しっぽマフラーをしている時は、無理に構ったり撫でたりしない方が良いでしょう。

1.寒いんだニャ〜

寒い時には、足をカバーするためにしっぽマフラーをしている事が多いでしょう。

しっぽマフラーの物理的な使い方としては「寒さ対策」が代表的です。

猫の祖先は、砂漠のお国が生まれ故郷と言われるリビアヤマネコです。そのため、基本的に猫は寒さが苦手です。

マフラーをしながらくしゃみをしたり、人間の側から離れない時は寒がっている可能性があります。

室温を上げたり、フローリングの場合はカーペットを敷いて熱を逃さないようにしてあげましょう。

2.警戒している

警戒心があるときに、しっぽマフラーをする事があります。

逃げるほどではありませんが、警戒度は高めです。瞳孔が大きくなりかけ、ヒゲも顔に寄りながら下向きになっているでしょう。

猫のワクチン接種や定期検診など、病院へ行く前の「大丈夫かな」と心配する人間の心を読まれているのかもしれません。

心臓の鼓動の速さが普段と違うだけで猫にはバレてしまうのです。

3.不快に思っている

イライラすることや不快な物事を感じている時に、しっぽマフラーをする事があります。

大きな音がしている、爪切りをするなど猫の気持ちを苛立たせるような事があるのでしょう。

猫が不快な態度をしている時は、猫の心をこれ以上苛立たせないようにしてくださいね。環境が原因の場合は解消できるようにしましょう。

まとめ

猫が『しっぽマフラー』をする時の意味3つについてお伝えいたしました。

しっぽを足に巻いている仕草は可愛いのですが、実は猫にとっては不快な意味合いがあるようです。

なるべくしっぽマフラーをさせないよう、猫がリラックスできるような環境を作ってあげたいですね。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「絶対に!押すな」ボタンで知られる島田電機製作所の工場見学 「自分が押してみたいボタン」のアイデア募集

    おたくま経済新聞
  2. 【FAKE MOTION LIVE】「ONE N’ ONLY×原因は自分にある。」必見コラボ連発!ロングレポート

    ウレぴあ総研
  3. 【撫でられるとおててがグーンッ!】フレブル犬の赤ちゃんが幸せなぬくぬく姿をお届け(*ノωノ)♡

    PECO
  4. アニメ「ポケットモンスター」に下野紘演じるネズと小倉唯演じるマリィが初登場!

    WebNewtype
  5. 国際協力で地域振興・人材育成を―釜石市とJICA東北、覚書締結

    かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす
  6. GLAY、「FRIED GREEN TOMATOES」が『HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス』のCMソングに決定

    SPICE
  7. 「ポケモンチョコ」可愛すぎ。缶入りでアフターユースできる!

    東京バーゲンマニア
  8. マクドナルドのハッピーセットに「シンカリオン」が初登場!2月4日から期間限定で販売

    鉄道チャンネル
  9. 『役者は一生勉強するもの』声優 小野賢章×清水洋史音響監督「第3回 キミコエオーディション」スペシャル対談①

    声優グランプリ
  10. 男性K-POPアイドル「最強マンネ」TOP10

    ランキングー!