Yahoo! JAPAN

「三重の大酒蔵市」にぎわう、四日市の駅前商店街、県内20の酒蔵など参加

YOUよっかいち

アーケードの会場で、参加者全員で「乾杯」の発声を響かせた=近鉄四日市駅前商店街

 蔵元の人と会話もしながら三重県のお酒を楽しもうと、第7回三重の大酒蔵市が5月19日、近鉄四日市駅前商店街の公園通り、南大通りを会場に開かれ、アーケードがいっぱいになるにぎわいだった。コロナ禍も落ち着き、昨年を大きく上回る人出になったという。

 商店街のアーケードのほぼ中心を南北に走る会場には、桑名市から多気町、伊賀市や名張市など県内の20の酒蔵と、酒に合う料理を提供する15の店がブースを出すなどした。前売り券、当日券を購入した人は、専用のロゴ入り「お猪口」をもらい、会場を回りながらお目当ての酒と料理を楽しめる。

 午前11時に三重の大酒蔵市実行委員会の吉田欽次郎実行委員長が開会を宣言。「何といっても、蔵元の人とお話を交わしながらお酒を楽しめるのが特色です。どうぞ1日を楽しんでください」とあいさつした。1時間ごとに会場の全員で「乾杯」の発声をするのが恒例といい、最初の乾杯の音頭を森智広市長が担当、会場いっぱいに「乾杯」の大きな声が上がった。

開会宣言をする吉田欽次郎実行委員長

 実行委員会によると、「美し国」のコピーがあり、桑名の蛤、松阪牛、伊勢海老など食の宝庫ともいえる三重県だが、県内の日本酒消費量に占める県産酒の割合は18~19%で、東北や北陸の80~90%に比べかなり低いそうだ。三重の食文化や地酒のすばらしさをもっと知ってほしいと、この催しを2014年に始めたという。コロナ禍で3年開催できなかったが、昨年、久しぶりに再開。今年、さらに活気のある開催になったという。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 疲れた身体を癒すなら!新店&リニューアルのリラクゼーションサロン2選

    あわわ
  2. 【心理テスト】あなたが結婚を考えるタイミングは?

    charmmy
  3. 「水鉄砲」を使った対決で暑さを吹き飛ばそう! ミズノスポーツプラザなどで「ミズノウォーターフェスティバル」開催 神戸市・芦屋市

    Kiss PRESS
  4. 【横浜市青葉区】夏休みは動画制作にチャレンジ!中高生のコンペ参加者募集中

    でろかる
  5. DoCoMoの25周年スペシャルムービーを見ると凄まじく感情が動くので書き殴ってしまった

    Books&Apps
  6. 【動画】現役女子高生・スーパーハイスクールがシンデレラフェスで超ミニスカ制服&ルーズソックスで語る!

    WWSチャンネル
  7. 【佐倉市】学校に悩む親と子の居場所 誰もがありのままで「にこのたまごの会」

    チイコミ! byちいき新聞
  8. 【UNIQLO】猛暑にこそ使える!露出は控めに体型カバーしたいなら「メッシュセーター」で決まり!

    saita
  9. 期待以上だった!2020年代の実写化映画ランキング!3位「線は、僕を描く」2位「今日から俺は!!」、1位は…

    gooランキング
  10. 秋田犬に『りんご』あげようとした結果…まさかの『可愛い勘違い』が31万再生「お父さん必死に伝えてるのにw」「お返事は完璧で草」

    わんちゃんホンポ