Yahoo! JAPAN

犬に『醤油』は絶対NG?舐めさせてはいけない理由2つ

わんちゃんホンポ

1.塩分過剰摂取による中毒

犬にとって醤油が危険だとされる理由が、塩分の多さです。

醤油とは大豆・小麦・塩を基本の材料として作られる調味料のため、犬にとってもそれほど危険な食材のようには感じられないかもしれません。

しかし、塩分の濃度が非常に高いため、少量でも塩分過多になりやすいことが問題なのです。

犬が塩分の過剰摂取によって、食塩中毒を起こすのは体重1kg当たり2〜3gが目安です。下痢や嘔吐、呼吸困難、めまい、痙攣、肺水腫、脳神経症状などの中毒症状が徐々に出始めて、4~5gで死に至ることがあります。

醤油は商品によって塩分濃度は異なりますが、約15%程度のものが多いため、体重1kg当たり大さじ1〜2程度で命に危険が及ぶ可能性があるのです。

塩に含まれるナトリウムやカリウムは、生命維持のために欠かすことのできない成分ですが、犬の場合は人間のように汗をかいて排出することができないため、過剰摂取をしないように注意しなければなりません。

2.腎臓や心臓疾患の悪化

塩分の過剰摂取は、健康な犬にとっても危険なことですが、それ以上に気をつけなければならないのが腎臓や心臓に持病を持っていたり、機能低下が見られたりする場合です。

人間の場合でも高血圧症の人は塩分を控えるように言われていますが、これは塩分を多く摂取すると血圧が上がって心臓や腎臓に負担がかかってしまうためです。

腎臓は不要な塩分を尿として排出するために働いており、特に犬の場合は過剰な塩分を汗で排出できないため、腎臓への負担が大きくなり腎不全を引き起こすことがあります。

また、塩分の血中濃度が高くなることで、心臓や脳神経にも影響が出てしまい、心不全や脳浮腫などを招くこともあるのです。

健康体の犬であれば中毒症状が出ない程度の塩分量でも、腎臓疾患や心臓疾患を抱えている犬が摂取した場合は、健康被害が出て死に至ることがあるため、十分注意しなければまりません。

醤油を舐めてしまったときの対処法

基礎疾患を持たない犬が醤油を舐めてしまっても、ほんの少量であれば特に影響は出ないでしょう。

むしろ、適量の塩分は犬の体にとっても必要なものですし、食事の風味づけとして醤油を一滴程度垂らすということは問題ないと思います。

しかし、犬が醤油を多めに舐めてしまった時や、目を離した隙に醤油を舐めてしまってどの程度摂取したかわからない時は、動物病院を受診するか獣医師に電話で相談するようにしましょう。

また、醤油を舐めてしまってすぐに症状が出るとは限らず、時間が経ってから少しずつ現れることもあるので、少量舐めた場合も念のため様子を見るようにしてください。

醤油に限らず、犬が異物や食べてはいけないものを飲み込んでしまった場合、すぐに吐き出させようと思って口や喉に手を入れたり、体を逆さまにしたりする飼い主さんもいます。

喉に異物が詰まって窒息状態にある時は、そうした処置が必要なこともありますが、醤油を舐めて胃まで届いている場合は適切ではない処置になります。

無理に吐かせると犬の体に負担をかけることになりますし、口内に手を無理やり入れることで飼い主さんが噛まれてしまうこともあるので絶対にやめましょう。

まとめ

日本人にとって醤油は非常になじみのある調味料です。多くの家庭にあると思いますし、食卓などの上に置きっぱなしにしてしまっていることもめずらしいことではありません。

そのため、一緒に暮らしている犬たちにとっても身近な調味料で、香りの強さから犬が興味を引かれやすいものでもあります。

しかし、醤油には多くの塩分が含まれているため、少量であっても塩分過剰になって中毒症状を引き起こしたり、心疾患や腎疾患が悪化してしまったりすることがあるの注意しなければなりません。

もちろん、塩分を完全排除する必要はありませんが、過剰摂取にならないように飼い主さんがしっかりと管理してあげてください。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事