Yahoo! JAPAN

「FREITAG」、リサイクル可能なトラックタープを開発中 循環サイクルの完成目指す

ELEMINIST

「FREITAG」が、リサイクル可能なトラックタープの開発に乗り出した。すでに堆肥化可能な素材「F-ABRIC」を完成させており、現在は技術的に再分解可能で、新しいトラックタープや商品がつくれる素材の研究が進められている。

FRAITAGが考えるトラックタープの循環の輪

どんな頑丈なバッグにも終わりの時は来る。この問題を解決するため、アップサイクルバッグを手がける「FREITAG」は、1年ほど前からリサイクル可能なトラックタープの開発に乗り出している。

FRIETAGはこれまでに、使用済みトラックタープをバッグにアップサイクルするだけでなく、修理サービスや交換プラットフォームを整備し、バッグのライフサイクルをより長いものにしてきた。

同社はさらに素材の循環サイクルをつくることで、FREITAGが考えるトラックタープの循環の輪を完成させるという。

新しいトラップタープに求められる条件はシンプル。生物学的に分解可能なこと、もしくは技術的に再分解することで、新しいトラックタープやその他の製品をつくれることだ。

技術的に再分解可能なトラックタープ開発が課題

アーティスト兼フォトグラファーのニコラス・ポリ氏による作品

現在FRIETAGは、100%堆肥化可能な素材「F-ABRIC」を開発し、生物学的な循環サイクルは完成させているという。残すは技術的な材料の循環サイクルの完成だ。

新しいトラックタープの素材は、既存のものと同等の丈夫さを持つ織物と、合成または有機ベースのプラスチックでつくられた防汚性・撥水性のコーティングから構成される。

問題は、どうやって再分解し再利用できるようにするか、もしくはどのように堆肥化するのか、という点だ。FREITAGはすでにこれらに対する部分的な回答を見つけており、最初のプロトタイプ(ファブリックとコーティング材料の組み合わせ)を用意しているという。

本当にすべての製造過程と化学成分がリサイクル可能であると言えるかどうかは、イノベーションパートナーである「EPEA – Part of Drees & Sommer」によって、Cradle to Cradle®方法論にしたがって評価される。

FREITAGは、2022年までに最初のプロトタイプタープをトラックに搭載することを目標としている。

お問い合わせ先/FREITAG
https://www.freitag.ch/ja

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 工場地帯の埋立地には、意外にも緑がはみ出していた!【村田あやこの路上園芸探訪・城南島&京浜島編】

    さんたつ by 散歩の達人
  2. 「球磨の恵み」が熊本県代表でサミットに出場!全国1位にしたいからWEB投票よろしくお願いします

    肥後ジャーナル
  3. スーパー玉出「豚足」2種食べ比べレポ 照り照りの醤油味VSちょっとグロい塩味、ウマいのはどっち

    Jタウンネット
  4. 意外と知らないサカナの美味しい可食部 捨てちゃうのはもったいない?

    TSURINEWS
  5. 【焼肉きんぐ】超オトクな『福袋』が販売決定!「気になる内容」を紹介♪【必見】

    ウレぴあ総研
  6. 【抹茶好き必見】の「絶品クリスマスケーキ」!“老舗茶屋”こだわりの味わい♪【お取り寄せOK】

    ウレぴあ総研
  7. 【ミスド】の『むぎゅっとドーナツ』全4種レビュー♪絶品の食感&超うま“アレンジレシピ”も!【おすすめ】

    ウレぴあ総研
  8. 「イエロードッグプロジェクト」って?黄色いリボンを付ける4つの理由とは

    わんちゃんホンポ
  9. 猫に多い『がん』とは?代表的な3つのがんとその特徴、早期発見のポイント、治療法を解説

    ねこちゃんホンポ
  10. 激かわ【ねこねこ食パン】が“クリスマス仕様”に!イチゴチョコが甘酸っぱい♪

    ウレぴあ総研