Yahoo! JAPAN

神奈川県民ホール『ランチタイム・プロムナード vol.393』オルガニスト・栗田麻子の出演が決定

SPICE

栗田麻子

2022年2月18日(金)神奈川県民ホール 小ホールにて開催されるオルガン・コンサート・シリーズ『ランチタイム・プロムナード vol.393』。このたびオルガニスト・栗田麻子の出演が決定した。

神奈川県民ホールでは2014年度より、新進のオルガニストへ演奏の機会を提供することを目的とし、オルガン・プロムナード・コンサートの出演者を選定するオーディションを実施しているが、今年度は8月にオーディションが行われた。

栗田麻子プロフィール

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学ピアノ科卒業。卒業後キリスト教音楽院(旧キリスト教音楽学校)にてオルガンを始め、廣野嗣雄に師事。その後、東京藝術大学オルガン科に進み、卒業時に同声会賞受賞及び同声会新人演奏会に出演。東京藝術大学大学院在学中にドイツに渡り、ハンブルク音楽演劇大学修士課程にて研鑽を積む。これまでにオルガン、チェンバロ、クラヴィコードなど様々な楽器で、教会・美術館等で開かれたコンサートに出演。また、フェスティバルオーケストラメンバーとして、シュレースヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭(トン・コープマン指揮)、調布国際音楽祭(鈴木雅明指揮)に参加。ピアノを斎木ユリ、斎木隆、山田富士子、オルガンを廣野嗣雄、廣江理枝、Wolfgang Zerer、通奏低音を椎名雄一郎、即興演奏を近藤岳、Pieter van Dijk、チェンバロ・クラヴィコードをMenno van Delft、Carsten Lohffの各師に師事。

おすすめの記事