Yahoo! JAPAN

道路で急にゴロゴロ転がるクセがある柴犬と、それを静かに待ってくれるお友達柴犬との温度差がジワる【動画】

柴犬ライフ

今回は、道路で急にゴロゴロ転がるクセをもつ柴犬をご紹介。それは散歩中、まるでスイッチが入ったかのように思いっきりゴロゴロ開始。単独なら良いものの、お友達と一緒に散歩していてもやるのだから困りもの。文句も言わず待ってくれるお友達は優しいのですが、その分温度差にジワジワきちゃう!

ゴロンをして、歩いてくれない。

柴犬ポン太はお散歩中、おもむろにゴローン。

転んだのかな…なんて思うものの、それにしてはやたらと楽しそう。

「行くよ」と声をかけると、嫌だとばかりに「ウウー」と声をあげるのです。

そう、ポン太はなぜか『お決まりポイントで寝転がってしまう』というクセがあるのでした。

見てください、その時の楽しそうな姿を。

出典:YouTube(PONTAひとみ)

この状態を、次の角まで続けるのだとか。

いったいなぜ…。

この場所の地面の感触が気持ち良いのでしょうか。

特別変わっているようには見えないのですが…。

毎日のお散歩でこんなにゴロゴロされたら、オーナーさんは大変でしょうね。

あきれるお友だちとの温度差

さて、この日ポン太はお友だち柴のそらと出会ったので、一緒にお散歩を。

しかし、やっぱりゴローン。

気持ち良さそうにクネクネしはじめました。

お友だちがいたって構わずにやってしまうほど、魅力的な地面なのでしょうね…。

そして、それを見つめるそらは…

「……」。

出典:YouTube(PONTAひとみ)

お顔が…。

もう完全にあきれているような…。

きっとこれはいつものこと。

だから「またやっている」と思ってやり過ごしているのでしょう。

しかし、オーナーさん、そしてお友だち、さらにはお友だちのオーナーさんを待たせてまで寝転がるなんて、どんだけマイペースなのよ。

ちなみに、お散歩を再開してからもすぐにまたゴロンしたポン太。

そらは再びあきれているようですが、それでも置いていかずに待ってくれるのだなんて優しいし、ポン太は幸せ者ですね。

道路でのゴロンがやめられないポン太。

真相は謎ですが、いろんな意味でオモロ可愛い光景でした!

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(いっけね…)ケージの扉を突破し脱走成功するも、うっかり忘れ物をして取りに戻った柴犬さん。【動画】

【関連記事】

おすすめの記事