Yahoo! JAPAN

FES☆TIVE[インタビュー前編]“微笑ノ国”での衝撃エピソードを告白!「夜、ホテルで口の大きい女の子が、私の指を……」

Pop’n’Roll

FES☆TIVE[インタビュー前編]“微笑ノ国”での衝撃エピソードを告白!「夜、ホテルで口の大きい女の子が、私の指を……」

FES☆TIVEが、本日5月25日(水)に14thシングル「微笑ノ国」をリリースした。“微笑みの国”タイをテーマにした同作の表題曲は、BPM200オーバーの超高速ビートにキャッチーなメロディが炸裂する彼女たちらしい中毒性あふれるサマーソング。タイ本国でも話題となっているMVは、再生回数をグングン伸ばしており、彼女たちへの注目度はこれまで以上に高まっている。今回、そんな強力作をひっさげて、今夏さらなる快進撃を見せようとしているFES☆TIVEのロングインタビューを前後編に渡ってお届けする。本日の前編では、5月8日(日)に開催した豊洲PITワンマンライブや「微笑ノ国」MV撮影を中心に語ってもらった……が、最後には予想もしなかったメンバーの戦慄エピソードが飛び出す展開に。

撮影:西槇太一
編集協力:竹内伸一

みんなで楽しめる曲と観て楽しめる曲があれば、FES☆TIVEは最強かなって(青葉)

――5月8日(日)に単独公演としては最大キャパとなる豊洲PIT公演(<FES☆TIVE超ワンマンライブ『THE・ULTRA FESTIVE-in 豊洲PIT->)を開催しました。ライブを終えて、感想はいかがですか?

土光:
ステージにセットを組んでやらせてもらったんですけど、(特効の)火を初めて使ったんですよ! ステージ上がすっごく熱くて。ホントは、もうちょっと大きな会場で使うものだったらしいんですけど(笑)。ファンの方も“すっごい熱かった”って言ってました。でも、そのくらい特別なことをやらせてもらえたワンマンライブだったなと思います。ワンマンライブということで、すごく緊張してたんです。正直、“お客さんが来てくれるのかな”って心配もしましたし。でも、当日はたくさんの人に来ていただけて、本当に嬉しかったです。

――そんな心配があったんですね。でも、本当によいライブでした。

全員:
(口々に)ありがとうございます!

――MCで青葉さんが、“最近はアイドルグループの解散や卒業が多い中で、FES☆TIVEを観ると安心するという声をいただくことが多い”とおっしゃっていましたが、FES☆TIVEは“お祭り系アイドルユニット”を名乗っているだけあって、数あるアイドルグループの中でも、実は最もコロナ禍の影響を受けたんじゃないかと思うんですよ。

土光:
ボコボコにやられました(笑)。

青葉:
ぶちのめされました(笑)。

――特に、フェスではファンと一体になって“横移動”しているイメージが強いので、コロナ禍ではそういうこともできにくいし、いろいろと影響は大きいんだろうなと思っていました。でも、結果的には、大会場のワンマンも成功させたし、グループとしての強さをすごく感じています。自分たちの強さについては、どう考えていますか?

青葉:
この数年間、FES☆TIVEの1番のよさである“横移動”だったり、みんなで踊るっていうことだったりが、ほぼ規制されてしまって。いろいろなグループさんがいる中で、よさをすべて封印されてしまったのが私たちだと思います(苦笑)。最初はホントに厳しくて、それまでの私たちを知っているお客さんは、やっぱりどこかつまらなそうな雰囲気に見えて。それは自分たちでも感じていたし、わかっていたことなんですけど……。でも、最近のFES☆TIVEは“みんなで楽しむ”というイメージがあると思いますけど、もともとは、みんなで揃えたパフォーマンスが中心で、騒ぐというよりもフォーメーションで魅せる曲もあったんです。そういう観て楽しめる部分、しっかりとしたパフォーマンスで表現するという部分を、コロナ禍になってからは伸ばしていこうっていう気持ちで取り組んでいました。みんなで楽しめる曲だけじゃなくて、観て楽しめる曲もあれば、FES☆TIVEは最強かなって思います。

――メンバーの間で、そういう話し合いはしたんですか?

土光:
セトリとかはけっこう話し合いました。

青葉:
“このイベントは「座り」だから、こういう曲を入れよう”とかね。

土光:
あとは、まわりの演者さんとの兼ね合いを考えてセットリストを決めたりしていました。

髙木:
私は、コロナ禍になってから加入したんで、声なしのFES☆TIVEしか知らなくて。それまではお客さんとして大好きで、ずっと観てきたんで、ファンの方がお祭り騒ぎしていることは知っているんですけど、ステージからは、その光景を見られていないんです。今までを知っているメンバーからすると、物足りないのかなと思いますね。今は今で楽しくやれていると思うし、ファンの方も楽しく観てくれているとは思うんですけど。

八木:
私もコロナの感染が広がり始めたくらいに加入したんです。ファンの方がライブに行きにくくなっている状況での加入だったので、ファンの方の気分も下がってしまっているし、メンバーも(コロナ禍になるまでは)すごく盛り上がってきていた状況だったと思うので、けっこう厳しかったと思うんです。そんな中で、私も一緒になって落ち込んでちゃダメだなって思っていました。メンバーもお祭り騒ぎじゃない曲を挟んだセトリを作ったりして、工夫していて。シングルでも「心拍白昼夢(シンパクデイドリーム)」とか、お祭り騒ぎじゃない曲をリリースしたり。今回、「微笑ノ国」はまたお祭りソング……じゃないのかな(笑)。でも、FES☆TIVEらしい曲だと思うんで、そういう曲をリリースできることになって嬉しいなって思います。

青葉ひなり

MVのコメントは翻訳ソフトを頼りに読んでます(土光)

――今回のシングルは、表題曲「微笑ノ国」はFES☆TIVEらしさがありますよね。タイの言葉が歌詞に使われていたりして、グループの人気が高いタイを視野に入れているというのも、FES☆TIVEらしいなと思うんですけど、シングル全体を通して聴くと、エモい曲もあるし、アッパーな曲もあって、そういった多様性がFES☆TIVEの強さなのかなとも思うんです。みなさんは、最新シングルに収録された曲を実際に歌ってみて、どう思いましたか?

髙木:
めっちゃ速い! (「微笑ノ国」は)過去最高BPMなんですよ。

青葉:
踊るのが大変です(笑)。

南:
転調してゆっくりになるところもあるし、ラップみたいなパートもあるし、観ている方はきっと飽きない曲だと思います。

――「微笑ノ国」は、MVの再生回数の勢いがすごいことになっていますね。

青葉:
さっき20万回を超えました(笑)。

――まだ公開して数日ですよね?(取材日は5月13日)

八木:
4日です!

土光:
タイでめちゃくちゃバズっているらしくて。“ちょいバスり”ではなくて、1日に数万回も再生されて伸びているみたいなんですよ。

八木:
コメント欄もタイ語が多いよね。

土光:
600件くらいずっとタイ語だったりするので、翻訳ソフトにめっちゃ頼りながら読んでます(笑)。

八木:
日本の方も空気を読んでタイ語で書き込んでくれたりしています(笑)。

――MVの撮影はどこだったんですか?

全員:
(声を揃えて)微笑ノ国です!

――なるほど(笑)。すごくよい雰囲気の場所ですね。いつ頃撮ったんですか?

髙木:
3月末に撮ったんですけど、雨予報だったんですよ。でも、砂浜で水着でダンスしているシーンで、《太陽なんだ》って歌っていたら、ホントにむっちゃ太陽が出てきて。青葉ひなりさん、丸焦げになりました(笑)。

土光:
色白で売っているのに(笑)。

青葉:
一応、色白キャラなんですけど、自分の取柄を失ってしまいました(笑)。あんまり日焼けしたことないんですよ。夏になるとちょっとは赤くなったり黒くなったりはするんですけど。もう、すごかったよね。

土光:
お尻が鈴カステラみたいになってました。

髙木:
白い部分と茶色い部分のコントラストが、鈴カステラみたいだったんですよ。

土光:
逆に感動しました、青葉でもこんなに焼けるんだって。

髙木:
でも3月なんですよ。

八木:
1週間前に遠征があって、青葉ひなりさんと大浴場に行ったんですよ。そうしたらまだ水着の形に焼けてました(笑)。“ひなりちゃん、茶色いよ”って言ったら“ホントだ!”って。

青葉:
ホントに恥ずかしいです(笑)。日焼けしたところが痛くて、5日間くらいお風呂に入れなかったです。どんなに寒くても水みたいなシャワーで(笑)。

髙木:
MVでナイトプールのシーンがあるんですけど、1人だけジャグジーに入れなくて。

青葉:
みんなプールで寒くなると、ジャグジーの温かいお風呂に入ってたんですけど、私だけ入れなくて、ずっと冷たいプールにいました(笑)。

南:
1人で泳いでた(笑)。

――これまでも夏フェスで野外ステージに出演していましたよね。その時は大丈夫だったんですよね?

青葉:
そうなんですよ。今回のことがトラウマになっているので、今年の夏は、日焼けを超気をつけたいと思います。

南:
撮影の時は、日焼け止めを塗りたくって、スプレーもした上でやったのに、それでも日焼けしちゃったんですよ。だから、夏フェスとか、日焼け怖いよね。

土光:
でも、私たち、いつも夏前に日焼けしちゃうんですよ。だから若干恥ずかしいんです(笑)。“この人たち、なんでもう日焼けしてるんだろう?”みたいな。

髙木:
今回は3日間かけて撮ったんですよ。20万回再生になって、よかったよね。

土光:
よかった! 救われた~(笑)。

八木:
深夜に撮影が終わって、次の日は朝の4時からメイク開始みたいな、タイトなスケジュールだったんです。

髙木:
睡眠時間2時間とかだったよね。

八木:
それはもう仮眠(笑)。

南:
だから移動の車でみんな爆睡でした(笑)。

青葉:
もうちょっと移動したいって思いました(笑)。

土光:
2時間くらい移動してほしかった(笑)。

髙木:
船で移動もしたよね。

青葉:
船、本当に苦手なんですよ、船酔いしちゃうんで。だから覚悟を決めてずっとアメをなめてました(笑)。

土光瑠璃子
八木ひなた

私はNGなしです!(髙木)

――青葉さんは最近いろいろと覚悟を決めてやることが多いみたいですね。コロナワクチンの注射もそうですよね?

青葉:
ああ! そうですね! コロナ禍で抗原検査しないと出演できないイベントがあったんですよ。それが指先から血を採取する方法だったんです。私と土光瑠璃子は大号泣しました。

土光:
(大きくうなずく)

青葉:
もうキャンセルしようかと思いました(笑)。これやるくらいならライブ出たくないって。

土光:
私、やりたくなくて、ガチで逃走してたんですよ。プロデューサーさん、最初は笑っていたんですけど、最後は半ギレで(笑)。

青葉:
“やらないと出れないんだから!”って怒られたんですけど、それでもいやでした。

土光:
怒られてもいやだったよね。地面に這いつくばって“ホントにいやだ~!”って(笑)。

八木:
土光瑠璃子ちゃん、そういうの得意そうなのに、めっちゃ暴れてて、みんなで足をおさえながら、採血したんですよ(笑)。

土光:
(注射針で)刺されるってわかってるのに、なんで指を出さなきゃいけないの!?

八木:
南茉莉花は、注射を打っているのに血が出なくて、安全ピンで刺したりしてました(笑)。

南:
みんながびびってたから、“私が1番行ったるね!”って言って、抗原キットの針を刺したんですよ。でも、肉厚だったからなのか、全然血が出なくて(笑)。それで、“安全ピンでやってみようか”ってことになって、安全ピンで無理やり血を出したんです。

土光:
あ~、痛~い!

――青葉さん、ものすごくいやそうな顔になっていますよ(笑)。

南:
思い出して顔が青ざめてる(笑)。

青葉:
私、ガチで出演を辞退しようかと思ったんですよ。指に針を刺すくらいだったら、申し訳ないけど辞退したいと思ってました。

――YouTubeの企画会議でも同じような話が出てましたよね。虫とバンジージャンプでしたっけ?

青葉:
バンジーはダメですね。気を失ってしまいます。ゴールデンのバラエティ番組でもいやです。たぶん、白目をむいちゃう(笑)。

髙木:
放送できない(笑)。

――土光さんは虫がNGで、食べたらレインボーが出ちゃうとYouTubeで言っていましたよね?

土光:
絶対に無理です。テレビだったら、頑張って食べても放送できないヤツになっちゃいます(笑)。

髙木:
私、パラグライダーもやったし、虫も食べたことあるよ。

八木・土光・青葉・南:
(口々に)すごい!

土光:
さすがバラエティ班!

髙木:
私はNGなしです!

全員:
(大拍手)

青葉:
バンジーするんだったら虫を食べるな。死なないもん。

土光:
虫食べるんだったらバンジー飛ぶよ。

青葉:
ええっ~!!

髙木:
お互いカバーし合えるからいいんじゃないの(笑)。

――南さんはおばけが大丈夫なんですよね?

南:
大丈夫ではなくて、怖いけど見てみたいなっていう好奇心がちょっとあって。土光瑠璃子と、YouTubeとかで怖い映像をけっこう観てるんですよ。一緒に(心霊スポットに)行きたいなと思ってます。

土光:
みんな私を頼るんですよ(苦笑)。私、みんながびびっていると冷静になっちゃうんです。ただ、それだけなのに。

南:
青葉はホントに見える人なんですよ。

青葉:
たまに見えます(笑)。

南:
だから青葉とは違うグループで行きたい(笑)。

土光:
遠征先のホテルで急に“ここ、いやだ……”って言い出したりするんです。それがもう、ホントにやだ!

青葉:
私もおばけは苦手で無理なんですけど、私には人として見えているので、怖くはないんですよね。見えるといっても、何回か、人がいるはずのないところにいたことがあるっていう程度ですよ。

髙木:
それが怖い!

土光:
海外の遠征先のホテルでも言い出して。

青葉:
どこに行った時?

土光:
タイ! いきなり“ひゃあ~~~~!”って叫び出して。私、隣りで寝ていたんですけど、驚いて起きちゃって、そしたら“口の大きい女の子が見えた”って。

青葉:
私の指を噛んでたんです。

髙木:
ええっ~~~~!

青葉:
ちゃんと痛みを感じて、ホントに怖くて叫んじゃったんですよ。

土光:
それで私、めっちゃ慌てちゃったんですけど、本人はめっちゃ冷静で。“もう寝よう”みたいな感じだったんですよ。

青葉:
現実逃避です(笑)。

土光:
私、1人で取り残されて(笑)。そんな状況、無理に決まってるじゃないですか!

髙木:
だったら起こさないでほしいよね。

青葉:
でもガチで怖かったんだから。

土光:
ホントやめてほしい、いろいろなところで怖いこと言うの。

――タイでそんなこともあったんですね。

青葉:
はい、微笑ノ国のエピソードです(笑)。

髙木ゆりあ
南茉莉花

14thシングル「微笑ノ国」Type-A

発売日:2022年5月25日(水)
TKCA-75058 ¥1200

M1.微笑ノ国
M2.夏リア旋律(読み:夏リアメロディー)
M3.微笑ノ国(Instrumental)
M4.夏リア旋律(Instrumental)

14thシングル「微笑ノ国」Type-B

発売日:2022年5月25日(水)
TKCA-75059 ¥1200

M1.微笑ノ国
M2.#トレジャーハンター
M3.微笑ノ国(Instrumental)
M4.#トレジャーハンター(Instrumental)

14thシングル「微笑ノ国」Type-C

発売日:2022年5月25日(水)
TKCA-75060 ¥1200

M1.微笑ノ国
M2.ボクノナマエ
M3.微笑ノ国(Instrumental)
M4.ボクノナマエ(Instrumental)

【関連記事】

おすすめの記事