Yahoo! JAPAN

【私の1冊】UPI表参道/オードリー・若林正恭の“刺さる”紀行文

OMOHARAREAL

秋の夜長に読書のススメ。表参道・原宿エリアのカフェ、レストラン、セレクトショップ、お花屋さん、街の書店。オモハラエリアで働く人たちにおすすめの1冊を聞きました。読書の秋企画【私の1冊】では愛読書とともに、個性溢れるお店と人の魅力にフォーカスします。

今回、本を選んでくれたのはUPI表参道のスタッフ沖本琴音さん。

沖本琴音(おきもとことね)/UPI表参道スタッフ。2021年1月にオープンしたUPI表参道の立ち上げスタッフとして、店長とともにお店を引っ張るリーダー的存在。「責任感があって明るく、気配りが出来る」と他スタッフから慕われている。表参道・原宿の街の中から体験を通じて、アウトドアギアの魅力を発信している。趣味は散歩、舞台鑑賞、ラジオ、料理。

沖本さんおすすめの1冊は?

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』/若林正恭

「この本を読んでから、自分と異なる思考や価値観を否定するのではなく、まずは触れてみて、一旦冷静に考えるようになりました。勝ち負けにこだわったり、自分を束縛する必要はないんだと、世界の広さや自由を感じることができた1冊です。

私はラジオが好きで、特に「オードリーのオールナイトニッポン」のファンなんですが、その中で話していた若林さんのキューバ旅行について綴られています。

 

常に何かと競い合う資本主義社会での生活にうんざりした著者が、社会主義国であるキューバで過ごした5日間。街並みや生活、考え方が全く異なる人々と触れ合うことで、改めて自身を見つめ直して行きます。

著者による紀行文でありながら、最後にキューバへ向かった“本当の理由”が明らかにされ、全てが一つの線として繋がります。若林さんの本は全部持っているくらい好きなのですが、日本の社会の中でもがきながら生きる私の心に深く突き刺さりました。」

■UPI表参道の最新情報

緊急事態宣言中は提供を中止していた生樽クラフトビールの提供が10月から再開。ビール好きな沖本さん、「入荷したばかりの大阪・箕面ビールの「COFEE IPA」はまだ私も飲んでいないので、これから飲むのが楽しみ」と期待を寄せる。横須賀ビールの「フォレストジンジャー」との二種類をラインナップし、1パイント(568ml 1100円)とハーフパイントサイズ(660円)が選べる。「店内で焚き火を囲んでビールやコーヒーが楽しめるのでぜひいらしてください」とのこと。これぞUPI表参道ならではの、体験を通じたショッピング。

■UPI表参道
ヨーロッパ北部に位置するスカンジナビア半島のプロダクトを中心に輸入販売している体験型のアウトドアショップ。“自然と人の融合”というコンセプトのもと、屋内でありながらお店の半分はアウトドアフィールドとなっており、木々や草花の中に小川が流れている。店内で火を焚いたり、ハンモックに寝転んだり、実際に道具に触れ、使ってみることができるのが大きな特徴。ワークショップはすぐ予約がいっぱいになってしまうほどの人気ぶり。

Text:Tomohisa Mochizuki

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 工場地帯の埋立地には、意外にも緑がはみ出していた!【村田あやこの路上園芸探訪・城南島&京浜島編】

    さんたつ by 散歩の達人
  2. 「球磨の恵み」が熊本県代表でサミットに出場!全国1位にしたいからWEB投票よろしくお願いします

    肥後ジャーナル
  3. スーパー玉出「豚足」2種食べ比べレポ 照り照りの醤油味VSちょっとグロい塩味、ウマいのはどっち

    Jタウンネット
  4. 意外と知らないサカナの美味しい可食部 捨てちゃうのはもったいない?

    TSURINEWS
  5. 激かわ【ねこねこ食パン】が“クリスマス仕様”に!イチゴチョコが甘酸っぱい♪

    ウレぴあ総研
  6. カツオ人間と高知県民の出会いを描く物語!第一話「ふるさとのお茶」

    高知県まとめサイト 高知家の○○
  7. 【ミスド】の『むぎゅっとドーナツ』全4種レビュー♪絶品の食感&超うま“アレンジレシピ”も!【おすすめ】

    ウレぴあ総研
  8. 「イエロードッグプロジェクト」って?黄色いリボンを付ける4つの理由とは

    わんちゃんホンポ
  9. 【焼肉きんぐ】超オトクな『福袋』が販売決定!「気になる内容」を紹介♪【必見】

    ウレぴあ総研
  10. 【抹茶好き必見】の「絶品クリスマスケーキ」!“老舗茶屋”こだわりの味わい♪【お取り寄せOK】

    ウレぴあ総研