Yahoo! JAPAN

ファミリーの人気が上がった駅ランキング【埼玉県編】 3位「霞ヶ関」、2位「中浦和」、1位は?

J-CAST会社ウォッチ

LIFULL(ライフル)の運営する不動産・住宅情報サービス「LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)」は2024年5月17日、一都三県におけるファミリー向き賃貸物件の問合せ数が前年度から増えた駅を調査する「人気の上がった駅ランキング(ファミリー編)」を発表した。

今回は「埼玉県編」を取り上げる。

相鉄・東急直通線との相互直通運転で利便性が向上

埼玉県編の1位になったのは「新井宿」だ。2023年3月に「相模鉄道新横浜線・東急電鉄新横浜線」が開業したことで、埼玉高速鉄道は日吉から先の新横浜まで、乗り換え無しでアクセス可能となった。こうした交通利便性の向上によって、大きく問い合せ数を増やした要因となった。

また、埼玉高速鉄道からは新井宿から2駅隣りの「南鳩ヶ谷」も4位にランクインしている。

また、東武東上線も相互直通運転を開始し、新横浜に乗り換え無しでアクセスできるようになった路線のひとつ。そんな東武東上線から、3位の「霞ヶ関」と、10位の「新河岸」がランクインしている。

どちらも川越の近隣駅で、霞ヶ関から2駅(5分)、新河岸からは1駅(2分)で川越に、都心方面では池袋に40分以内でアクセスできる。

ほかに、大宮付近では2位「中浦和」や8位「東宮原」がランクイン。交通利便性を確保しながらも、比較的家賃の抑えられる駅の人気が高まっている。また、9位「小手指」は西武池袋線の始発駅なので、池袋勤務の人にとっては便利。

ライフルの作成

なお、この調査は2023年4月1日~2024年3月31日、LIFULL HOME'Sに掲載されたファミリー向き賃貸物件の問合せ数を駅別に集計(一定以上の問合せ数がある駅を対象、物件数1000件未満の駅は除く)。ファミリー向き物件は2DK、2LDK、3K、3DK、3LDK~のもの。また、家賃相場は管理費を含む月額賃料の中央値(築40年以内、駅徒歩20分以内、専有面積15平方メートル以上100平方メートル未満)とした。

【関連記事】

おすすめの記事