Yahoo! JAPAN

多発性骨髄腫の佐野史郎「くるりのPVで現場復帰」報告

ナリナリドットコム

俳優の佐野史郎(67歳)が4月17日、自身のTwitterを更新し、病気療養からの仕事復帰を報告した。

佐野は昨年12月、トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演した際、がんの一種である多発性骨髄腫の治療中であると告白。また、放送後には公式サイトでも「現在、多発性骨髄腫の治療中です」「しばらくは治療、療養に専念することとなりますが、出演作品の放送等控えておりますので、そちらでお目にかかれましたなら幸です」などと報告していた。

17日に更新したTwitterでは、「くるりのPV“loveless”で現場復帰しておりますが、新しいドラマや映画は、これから少しづつ…」と明かし、「#林海象 監督と私のデビュー映画 #夢みるように眠りたい や最新作 #BOLT もAmazonプライム などで配信しておりますので、そちらも是非」と、過去の出演作を案内した。

また、佐野は公式サイトで、このくるりの「loveless」PV出演について触れ(※4月3日付け)、「4月。病気が発覚してから、もう一年経つのか〜〜〜。で、一年後に、こうして、治療も順調に進み、経過もとっても良くて、さらには仕事にも復帰できているなんて!!感謝しかありません。もう、すべてに!!世界は大変なことになっているし、コロナ禍も収まらないしで、もどかしく、不安だらけではあるけれど、今はただ、こうして一瞬一瞬を過ごしていることのありがたさを噛み締めるばかりです」とつづっている。

【関連記事】

おすすめの記事