Yahoo! JAPAN

笠井アナ、かなり辛かったステージ4と診断されたがんの治療「死ぬのかなと思いながら」

Ameba

元フジテレビアナウンサーの笠井信輔が12月31日に自身のアメブロを更新。かなり辛かったステージ4と診断されたがんの治療を振り返った。

【写真】がん治療中の笠井アナ

この日、笠井アナは「年末年始は、どうしても4年前の自らの体験のことを思い出してしまいます」と切り出し「悪性リンパ腫のステージ4と診断され死ぬのかなと思いながら」「入院生活が2019年12月19日に始まりました」と回想。「1回目の抗がん剤治療の最中にクリスマスを迎えました」と明かし「まさに、その副作用と闘っているときに、年末年始を迎えたのでした」と振り返った。

続けて「抗がん剤の副作用の中で辛かったのが真夜中です 眠れないのです」と自身の写真とともに述べ「厳しい倦怠感や体の痛み 果たしてこの病気は治るのだろうかと言う不安」と心境を吐露。「まさに、奇跡を望んでいました」といい「たまたま見ていた『ミュージックフェア』でJUJUさんが『奇跡を望むなら』を歌ったのです」と明かした。

また「歌を聞いて、あんなに泣いたのは記憶にありませんでした あの歌の通りでした」と述べ「かなり辛かった治療 本当に奇跡を望んでいました」と回想。「レコード大賞の歌を聴きながらあの頃の日々を思い出して改めて目に涙を浮かべてしまいました」と明かし「すべての歌詞が歌詞の全てが当時の自分に当ては待ってしまっていたから…」(原文ママ)としみじみつづった。

さらに「今の医学では、がんを乗り越える事は、奇跡ではなく、医療の進歩としての結果なんだとそのことを知ったのは、4ヶ月半後の完全寛解の診断を得たときでした」と説明。「JUJUさん、ありがとうございます」と感謝を述べ「入院中、真夜中に何度もあなたの歌を聴きました」「私が入院中に支えられた歌の1つです おかげさまでとても元気になりました」とつづった。

最後に「今は3ヶ月に1度病院に行って経過観察をしています」と報告し「乗り越えられたのにこうやって書いていても、なぜか涙が溢れてしまいます」とコメント。「JUJUさん最優秀歌唱賞本当におめでとうございました」と祝福し「そして…心より、ありがとう」とつづり、ブログを締めくくった。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 新小学1年生の親が「将来就かせたい職業」 「男の子」2位は4年連続「会社員」、「女の子」2位は「公務員」、それぞれの1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  2. 【兵庫】21万株の芝桜が咲き誇る「芝桜の小道」が今年も無料公開

    PrettyOnline
  3. 【1週間限定】最大30%オフ!バーガーキング「春のチーズバーガー祭り」がお得すぎるって!

    ウレぴあ総研
  4. 素敵な女性になりたいなら……♡恋愛で大事なこと4つとは?

    4MEEE
  5. 【新店・雨のち虹】弥彦大鳥居のすぐそばに、ソフトクリーム専門店ができました! オープン

    日刊にいがたWEBタウン情報
  6. 新小学1年生の「将来就きたい職業」 【女の子】3位「保育士」、2位「芸能人・歌手・モデル」、圧倒的1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  7. 妻の代わりに家事をやったら…「夫の思いやり」と「妻の気持ち」のすれ違い【もやもやクラッシュ!】#11話

    ウレぴあ総研
  8. 10代での望まぬ妊娠、人工中絶をふせぐために必要な「子どもの性教育」

    saita
  9. 今が見ごろ! 春の花々も咲き誇る神戸の絶景スポットで“おしゃピク”はいかが?

    anna(アンナ)
  10. モテる人には訳があった!女性を本気にさせる男性の特徴4つとは?

    4MEEE