Yahoo! JAPAN

一人暮らしのメリット・デメリットって? 費用やライフスタイルなど実家との違いとは

とりぐら

一人暮らしのメリット・デメリットって? 費用やライフスタイルなど実家との違いとは

大学生になったら、実家から離れて、一人暮らしをしようと検討している方もいらっしゃることでしょう。家族と一緒の生活と比較しながら、一人暮らしにはどんなメリット、またデメリットがあるのか紹介します。

Licensed by Getty Images

一人暮らしのメリット

まずは、一人暮らしをするメリットを紹介します。一人暮らしの理想像を思い描きながら一読してみてください。

家族から干渉されず自由度が高い

家族と一緒に暮らしていると出かける際や帰宅の際に「いつ帰るのか、どこに行くのか」などと細かく質問された経験があるのではないでしょうか。一人暮らしでは家族から干渉を受けづらく、自分の裁量で生活を送ることができます。

通学や通勤に便利な立地に住める

中学や高校は地元の学校に通うことが多いですが、大学となると自宅から離れた場所を選ぶことも可能になります。
場所によっては、毎日数時間かけて大学に通う人もいるかもしれませんが、学校の近くで一人暮らしができれば、通学時間を減らすことができ、勉強や部活、アルバイトなどに時間を有効に使うことができるでしょう。

炊事洗濯など家事ができるようになる

一人暮らしでは、これまで家族にしてもらっていた家事をすべて自分で行わなければなりません。料理や掃除、洗濯は生きていくうえで大事なスキルです。大学生のうちに身につけられるのは大きなメリットといえます。

Licensed by Getty Images

金銭感覚が身につく

一人で暮らすと、必然的に家賃や食費、水道光熱費など生活かかるお金を把握できるようになるため、金銭感覚が身につきます。自分でお金を稼ぐようになったときにも、その経験から堅実なやりくりができるでしょう。

友達を部屋に呼びやすい

友達を部屋に気軽に呼べるのも、一人暮らしの醍醐味のひとつです。仲のいい友達を呼んでホームパーティーを開いたり、翌日まで宅飲みを楽しんだりと、友達との仲を深めることができます。

家族との関係がよくなる

家族と一緒に暮らしていると、些細なことからけんかに発展したり、嫌な雰囲気になってしまうことも少なくありません。しかし生活が別になると、けんかをする機会もなくなり、むしろこれまでお互いに気づけなかった家族のありがたみを知ることが増えます。

Licensed by Getty Images

一人暮らしのデメリット

一人暮らしを始めるとなると、これまで実家ではやってもらって当然だったことが、決して簡単なことではなかったと思い知る機会が多くあるはずです。ここでは一人暮らしのデメリットを確認していきましょう。

家賃や生活費などが多くかかる

一人暮らしをするには、家賃や生活費など、実家で暮らしていたときとは別の多くのお金が必要となります。学生であれば、そのお金すべてを自分だけで用意するのは難しいでしょう。一人暮らしにかかるお金をどうやって用意するのか、家族とよく話し合う必要があります。

家事を全て自分でやらなくてはならない

実家ではすべて親がしてくれていた家事をすべて自分で行わなければなりません。掃除に洗濯、料理など、一通りの家事を大学生活やアルバイトと並行して行うのは大変です。

生活習慣が乱れやすい

自分で生活をするということは、いつどんなものを食べるのか、いつ寝て起きるのか、何にお金を使うのかなど、すべての行動を自分で決めなければなりません。
誰の視線もなく、声をかけられたりすることもないと、生活習慣が乱れてしまう人も少なくありません。自分の行動に責任を持って生活する必要があります。

Licensed by Getty Images

病気になったときに看病してくれる人がいない

一人暮らしでは風邪やインフルエンザなど体調を崩したときも、看病をしてくれる人がいません。身体が辛いときでも自分で病院に行ったり、薬を購入したり、食事を用意したりしなければならず、心細い思いをすることがあるでしょう。

寂しさを感じることがある

一人暮らしでは、「ただいま」と帰ってきても返事もありません。また、つらいことや困ったことがあっても、気軽に愚痴を言うことも相談することもできません。部屋から出なければ、誰とも会わず、誰とも口を聞かないという日もあるでしょう。寂しさや孤独、ホームシックを感じることもあるでしょう。

防犯に気をつける必要がある

一人暮らしを狙った犯罪も多くあるため、防犯面にはしっかりと気をつける必要があります。特に女性はオートロックやモニター付インターフォンのある物件を探すなど、安心して住める環境を選びましょう。

一人暮らしは計画的に始めよう!

いくら「一人暮らしをしたい!」と思っても、金銭面や環境面、家族関係などに問題がないかしっかりと考えてから、計画を進める必要があります。一人暮らしの計画を立てる際に、考えておきたいポイントをまとめました。

金銭面や生活環境などを十分考慮して決める

一人暮らしをしたいのであれば、まず考えなくてはならないのがお金の問題です。
一人暮らしを始める際には、部屋を借りたり、引越しをしたりするのにかかる初期費用が必要です。実際に生活が始まると、月々の生活費もかかってきます。どのくらいのお金が必要になるのか事前に計算し、家族としっかり相談して、家族に負担してもらう額と自分で用意する額を明確にしておきましょう。

また、物件選びをする際には、単に「部屋がキレイ」「オシャレ」といった見た目だけでなく、通学の便や街の治安、防犯設備など、安心して暮らせるかも意識しながら選びましょう。大学生であれば、部屋探しや引越し、お金の工面など、自分一人だけで判断や決断できないことも多いです。家族とよく相談しながら、計画を進めていきましょう。

まとめ

一人暮らしはたくさんのメリットがある反面、デメリットも少なくありません。まずは一人暮らしでどんな生活を送りたいのか、家事や生活習慣、金銭面などの負担を受け止めることができるのか、イメージしてみることをおすすめします。また、金銭面や生活環境について、事前に計画を立て、家族ともよく相談しながら、進めていきましょう。

監修:河野 真希 暮らしスタイリスト/一人暮らしアドバイザー/料理家 自らの一人暮らし体験を元に取材や研究を重ね、2001年からWebを中心に各種メディアで暮らしに関する情報を発信。料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしを作る、はじめるためのライフスタイル提案を行う。流行や思い込みにとらわれずに、無理なく持続可能で快適な、自分らしい暮らしづくりを応援している。著書『ひとり暮らしの季節ごよみー毎日が楽しくなる「プチ行事」のススメ』(祥伝社)、監修本に『忙しい人の人生が整う 家事の習慣』(西東社)などがある。また、2016年4月より『料理教室つづくらす食堂』を主宰している。オフィシャルサイト:https://www.kawano-maki.net/料理教室つづくらす食堂:https://www.tudukurasu.jp/

【関連記事】

おすすめの記事