Yahoo! JAPAN

元乃木坂46 ・能條愛未、ツインプラネット女優・俳優部門「ワイルドプラネット」に所属「さまざまなジャンルのお仕事にも挑戦していきたい」

Pop’n’Roll

元乃木坂46 ・能條愛未、ツインプラネット女優・俳優部門「ワイルドプラネット」に所属「さまざまなジャンルのお仕事にも挑戦していきたい」

能條愛未が、4月1日より株式会社ツインプラネット内に新しく新設された女優・俳優部門「ワイルドプラネット」に所属した。

元乃木坂46の1期生メンバーであり、現在は多くの舞台作品で活躍する能條。

今後は舞台女優としての活動をはじめ、映画・ドラマなど映像作品の世界にも挑戦していくという。

能條愛未 コメント
約9年間お世話になりました乃木坂合同会社を退所し、いよいよ本当の意味での独り立ちにはなりますが、今までの経験を経て、得たものを今後お世話になるツインプラネットで活かしていきながら、また新たな挑戦もしていけたらなと思っております。私は演じることが好きなので、今後活動する中でまだ自分自身も気づいていない引き出しをたくさん見つけていきたいです。何よりツインプラネットに所属したからには、今まではやることのなかったことなど、さまざまなジャンルのお仕事にも挑戦していきたいです!

いろいろ言いましたが、まずは女優能條愛未を1人でも多くの方に知ってもらえるよう全力で努めてまいりたいと思っております。よろしくお願い致します!!!!

能條愛未 プロフィール
1994年10月18日生まれ、26歳、神奈川県出身

2011年、乃木坂46 1期生オーディションに合格。乃木坂46 1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューを果たす。2014年には、映画『死の実況中継 劇場版』の主演に抜擢。初の主演作となった本作以降、アイドルとしての活動の傍ら、女優として続々と舞台への出演を果たす。

乃木坂46として7年間の活動期間を経て、2018年12月にグループを卒業。

卒業後の現在は、幼い頃からの夢であった女優業へさらに力を入れ、舞台を中心に活動中。『ポーの一族』(2021年)、『ABC座2020 オレたち応援屋!!onstage』(2020年)、『トムとディックとハリー』(2020年)、『グッドバイ』(2020年)などに出演。

今後も舞台をはじめ、女優業に邁進していく。

【関連記事】

おすすめの記事