Yahoo! JAPAN

【2020-2021】大阪湾『メバリング』を振り返る 数は出ずも良型中心

TSURINEWS

今シーズン大阪で釣ったメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

大阪湾近郊で昨冬~今春までのメバリングのシーズンが終わりに近づいている。各所を釣り歩いたが、今季は個人的に渋い年だった。その原因を自分なりに考え来期に繋げたい。

今期の釣果

今期の特徴として、寒い冬だった。泉南に発信源のある海水温情報を見ていても、平年より1℃弱低かったようだ(1月、2月は10.5℃前後)。低水温が大きな要因となった年である。

釣果を振り返ると、しっかりと粘って釣った日でも、メバルの数は6匹に留まった。これはメバルアングラーならげっそりするような数だ。メバルはよほど気難しくなければ10匹はカタい釣り物で、大阪湾近郊にはそれこそ無数に釣り場もある。私も西は垂水、メインに大阪南港、南に泉南と足繁く通ったが、ほとんどスカを食らった印象しかない。渋かった。

渋かった原因

結論から述べると、渋かった原因は、低水温であることは間違いないだろう。メバルの適水温は14℃前後、これを多少下回っても食ってくるが、10℃前後となるとさすがに厳しい。

人的プレッシャーも

メバルアングラー人口は年々増加しているようだ。そうなるとメバルのように、「一度見たものは食わない」という賢い魚は難しくなる。他のアングラーにたたかれた後だと、やはり釣れにくい。

何よりも悩ましいのがアングラー増に伴う個体数減である。メバルやカサゴといった根魚は釣り人の持ち帰りで相当数減る。メバルは一年に4cm程度しか大きくならない。釣り場を来季に向けて温めるためには、小さいサイズはリリースメインで釣りたい。抱卵個体も同様で、まさしくその卵が次のメバルに育っていくのだから、卵持ちのお腹が大きいメバルもリリースしよう。

小型と抱卵個体はリリースしたい(提供:TSURINEWSライター井上海生)

数は少ないが良型中心

私個人の今季のレコードで言うと、おそらくメバルを釣った数は、大型魚であるチヌにも劣る。この文章を書いている今は5月の連休前で、大阪南港では平年GW明けにぱったりメバルがいなくなる(あくまで筆者のイメージ)。ということで、これから数を伸ばすことにも期待できない。

だが、念願の尺メバルを出すことができたのはよかった。また昨年と比べて、全体に良型を獲れていると思う。またマイクロメタルという釣り方を発見できたのも高ポイントだ。

マイクロメタルで釣れると面白い(提供:TSURINEWSライター井上海生)

満月回りのパターン発見

パターン面で言うと今季は単調なリトリーブでよく出た。特に11月、12月とまだ海水温が持ちこたえている海、そして3月の少し暖かくなりだした海で、リトリーブというメバリングのもっともシンプルな釣り方で出せた。つまり適水温になれば反応は単純なもので、機嫌として渋いというより、やはり個体数の少なさが問題となった印象だ。

その他、一般に新月回りより難しいとされる満月回りのパターンを発見できたことは収穫だ。海全体に光量が多いためにメバルの着く場所が分散してしまいがちな満月回りなのだが、適水温期には、シルエットのはっきり出るソリッドカラーのワームの巻きで簡単に反応した(といって数釣りはできていないけれど)。

つまり満月回りでポイントが分散しているメバルに対しては、ソリッドカラーであえてワームを目立たせて、食い気のヤツに寄ってこさせればいいのだ。プランクトンパターンのように、超スローに、なんというかメバルに「よかったら食べてくださいね」とお願いするような釣り方をする必要がない。

満月回りにはソリッドカラーが吉か(提供:TSURINEWSライター井上海生)

来季は適水温になり次第釣り始め

厳冬期の釣り悩んだイメージばかりが残るが、適水温期の感触でいえば、バラシも多少なりあったし、自分の腕次第でまだ数は伸ばせたはずなので言い訳はできない。今年はチヌにタチウオ(ほぼ釣れず)に浮気しまくりながらの年だったので、来季は11月というメバルのシーズンインの時期にしっかりと照準を合わせて、今季の学びを活かした釣りがしたい。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post【2020-2021】大阪湾『メバリング』を振り返る 数は出ずも良型中心first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事