Yahoo! JAPAN

揚げたては幸せの味。手作りの揚げパンでおやつにしましょう

みんなの暮らし日記ONLINE

給食で好きなパンといえば? 「揚げパン!」と即答する方が多いのではないでしょうか。給食のように一人一個といわず、お家で手作りしてお腹いっぱい食べちゃいましょう!

揚げパンは憧れの存在?!

 寒くなってきましたね。私が住む十勝は初雪が降り、いよいよ冬がやってきました。

 こんにちは、カマコです。

 今回ご紹介するのは、人気の給食メニュー揚げパンです!

 私の給食パンといえば、コッペパンや卵パン。毎回中をほじったり、外側をむいたりして食べるのが好きでした(笑)。

 実は私、揚げパンを食べたことがありません。私の周りでも食べたことがある人はいないので、土地柄でしょうか?

 テレビなどで懐かしの給食特集があると必ずと言ってもいいほど出てくる揚げパン。砂糖やきな粉がまぶされた揚げパンは、パン好きの私としてはずっと気になる存在でした。

 そんな憧れの(?)揚げパン、いつもの基本のパン生地で作ってみました。コッペパンでなく、丸パンやバターロールでも作れます。

 少し日にちが経ってしまったパンでもおいしく作ることができるので、残ってしまったパンの救済にも一役買ってくれます!

 きな粉、砂糖のほかに、シナモンシュガーやココア、粉チーズなどもおすすめ。小さめのコッペパンで作れば、2つや3つくらいペロッと食べられるので、いろいろな味を試してみるのもいいと思います!

 砂糖の量はお好みで調整しながら作ってみてください。家族で食べたら、「懐かしのパンといえば?」なんて会話が弾みそうですね♪

揚げたては幸せの味 手作り揚げパン

材料 コッペパン 適量 揚げ油 適量 きな粉味 きな粉大さじ2・砂糖大さじ2 ココア味 純ココアパウダー大さじ1・グラニュー糖大さじ2 シュガー味 お好みの砂糖大さじ2 チーズ味 粉チーズ大さじ2・お好みでバジルやブラックペッパーなど 作り方 揚げ油を約190度に熱する(油はパンが浮くくらいの量が目安)。 両面を約20秒ずつ揚げ、バットに移す。

温かいうちに好きな味付けの粉をまぶす。

 できあがり! 手前から、シュガー、きな粉、ココア、粉チーズ味です。

 バットでまぶす方法もありますが、厚手のビニール袋に入れて振るほうがまんべんなく味がついて、洗い物も少なく済むのでおすすめです。

コッペパンの作り方をおさらい!

 せっかくなら、ぜひコッペパンから手作りしてみてほしい! ということで、「喜ぶ顔が見たいから。手作りパンのお弁当」の記事で紹介したコッペパンの成形をおさらいしましょう。

▼基本のパン生地の材料・作り方は、こちらの記事でどうぞ▼

『10年以上続いている、お家でパンを焼く暮らし』

コッペパンの成形

1.ベンチタイム終了後、ガス抜きをして綿棒で楕円形に伸ばす。

2.伸ばした生地の両端を中心に向かって折りたたみ、合わせ目をとじる。

3.もう一度、生地の両端を中心に折りたたみ、合わせ目をとじる。

4.閉じ目を下にして置き、コロコロ転がして形を整える。

焼成は基本のパンの作り方と同じです

 揚げパンを作るのであれば、生地は12分割にして、小さめに作るのがおすすめです。休日のおやつに、手作りの揚げパンを家族で楽しんでみてくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 山木透✕鈴木勝大による2人芝居 澁谷光平が主宰するスプリングマンの新作舞台『青春にはほど遠い』が3月に上演

    SPICE
  2. 【後編】結婚して長年一緒に暮らしているママたち、「旦那さんがいて良かったなぁ」としみじみ思うのはどんなとき?

    ママスタセレクト
  3. 【前編】結婚して長年一緒に暮らしているママたち、「旦那さんがいて良かったなぁ」としみじみ思うのはどんなとき?

    ママスタセレクト
  4. 男性たちに聞いた!こんな恋の駆け引きにドン引きしました #4「そのものが重い…」

    ウレぴあ総研
  5. 魔の2歳児!「イヤイヤ期」先輩ママがやっていた対処法4つ

    ウレぴあ総研
  6. 観光・グルメ列車でご当地フルーツ三昧 西鉄が「地域を味わう果物料理の旅」催行

    鉄道チャンネル
  7. GLOW3月号の付録が「ミッフィー祭り」!可愛さ満点のマスク&ポーチは必見。

    東京バーゲンマニア
  8. ジョシュア・バセット、交際説浮上のサブリナ・カーペンターとデュエット曲リリースへ

    Techinsight
  9. 「テレワークの先駆者」ネットワンシステムズに聞く 新しいワークスタイルを支えるしくみづくり

    キャリコネニュース
  10. 小野賢章と花江夏樹のラブラブなカップル姿も!2人の「やりたいこと」を実現

    WebNewtype