Yahoo! JAPAN

洗足音大 歌の力で詐欺撲滅 ミュージカルで啓発〈川崎市高津区〉

タウンニュース

三鬼署長から委嘱状を手渡される黒木さん(上)、出演した学生ら

110番通報の適正利用と特殊詐欺被害防止の広報活動に、洗足学園音楽大学ミュージカルコースの学生らが力を貸している。

高津警察署(三鬼洋二署長)と同大のミュージカルコースは、3年前から年明けに110番の日キャンペーンを共に行っている。今年は110番適正利用と特殊詐欺被害防止を呼びかけるミュージカルをDVDに収録し、町内会などに貸し出し、啓発活動を行う。

ミュージカルは、同コース3年生の黒木愛理さんを一日高津警察署長に委嘱し、実際の警察官の制服を着用して、ほかの6人の学生らと演技を披露。署員に実際の犯人の様子を聞くなど、現場の空気も追究した。ミュージカルは1月末から同コースのYouTubeで配信予定。

高津署感謝状贈呈

また1月8日には、黒木さんは同コースの篠原真教授、署員とかわさきFMにも出演し、啓発を呼び掛けた。同署の菅健司副署長は「ミュージカルには訴える力がある。いつも協力してもらい、とても助かっている」と話している。1月19日、三鬼署長は同コースに感謝状を贈呈した。

【関連記事】

おすすめの記事