Yahoo! JAPAN

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブロッコリーの裏技3選!茹でるより炒めろ?

オリーブオイルをひとまわし

ブロッコリーの裏技3選!茹でるより炒めろ?

テレビ番組でも、しきりとその効能が喧伝されるブロッコリー。スーパーでも1年中きれずに買うことができる野菜であることから、冷蔵庫にブロッコリーを常備している家庭も多いだろう。今回は、ブロッコリーについての裏技をいくつか紹介する。

1.茹でるより炒めろ!ブロッコリーをより効果的に食べる裏技

ブロッコリーの食べ方としてメジャーであるのは、茹でてマヨネーズなどをかけることであろうか。栄養価の高さでは高いと定評のあるブロッコリー、じつは調理法によって栄養の摂取具合も変わってくるのである。

■茹でずにビタミン類を保持する

ブロッコリーはビタミンCが多く含まれる野菜である。ビタミンCの量は、キャベツの数倍といわれている。ところが、ビタミンCは水に溶けやすい性質があるため、茹でて調理すると損なわれてしまう。生のブロッコリー100gにはビタミンCが120mg含まれているが、茹でたあとには54mgしか残らない。
ブロッコリーのビタミンCを取りこぼさないためには、炒め調理でいただくのがおすすめだ。
どうしても茹でる場合は、固めに茹でたあとに風を当てて冷ますとビタミンの流出を抑えられる。ブロッコリーをスープにいれて、茹で汁ごといただくのもいいだろう。また、ブロッコリーはその色の濃さにもかかわらず、アクが少ない。蒸して温野菜として食べても美味しい。電子レンジの使用は、ビタミンCの保持に問題ない。

■汚れが落としにくいときは?

ブロッコリーを選ぶときは、蕾の部分の密集度が高く、モコッと盛りあがっているのが第一条件である。ひっくり返して、茎の部分にスが入っていないかも要確認である。また、密集している緑の花蕾の部分は、水をはじいて非常に洗いにくい。ブロッコリーの汚れを楽に落とすための裏技は2つある。

1つ目は、たっぷりの水を含ませてふり洗いをすること。2つ目は、ブロッコリーを逆さにして、花蕾を塩水の中に漬けてしばらく放置すること。これらの裏技を使えば、蕾の内部までしっかりと洗浄できる。

2.ブロッコリーの茎の部分も有効に使う裏技!

ブロッコリーを調理する頻度は高いが、茎の部分は捨てているという人は、即その習慣を改めてみよう。茎の部分は、中心部分が柔らかく甘く最上の食材となりうる。ブロッコリーの茎を美味しく味わうための裏技を、よくみていこう。

■さいの目切りにしてミネストローネに

ブロッコリーの花蕾の部分を調理に使用するが、茎の部分をどうしていいかわからない場合は、以下の裏技を試してみよう。切り方次第で、ブロッコリーの茎も美味しくいただける。まず、茎の下部の乾燥した部分は切り落とし、表皮も厚めに除去しよう。残った白っぽく柔らかい部分は美味しく食べることができるので、いかようにも調理できる。
たとえば、さいの目切りにして冷蔵庫の中で中途半端に余っている野菜とともにミネストローネなどを作ってもいいだろう。さいの目切りのブロッコリーの茎は、さまざまに応用がきく。チャーハンに入れても美味しく、ポテトサラダのメリハリ役にもうってつけである。セロリ感覚で取り入れてみよう。

■長めに切って巻きものに

ブロッコリーの茎が長めにある場合は、細長く切ってニンジンなどとともに肉巻きにしても素敵な惣菜となる。
そのほか、きんぴらやシンプルな炒め物などにも使用できる。ブロッコリーの甘さは茎部分にもじゅうぶん凝縮されており、子どもたちにも食べやすい食味であることをぜひ覚えておいてほしい。冬に旬がくるブロッコリーは、甘みがのりやすい食材である。花蕾部分に少し紫の色が入っていたら、甘い証拠ということも頭に入れておくといいだろう。

3.「シチリアのブロッコリー」をシチリア風に食べる裏技!

ブロッコリーの起源はイタリアにある。日本でメジャーの濃い緑色のブロッコリーは、イタリアでは「シチリア風ブロッコリー」と呼ばれる。黄緑色の「ローマ風ブロッコリー」も存在し、2大ブロッコリーとなっている。冬の野菜市場は、こうしたブロッコリーで埋め尽くされる。

イタリア国内でも食事の美味しさにおいて評判の高いシチリア島では、ブロッコリーをアンチョビと食べる風習がある。加熱したブロッコリーは茎の部分とともにフードプロセッサーで粉砕。ニンニク、唐辛子、アンチョビで香りを出したオリーブオイルと混ぜて、パスタとからめて食べるのである。ブロッコリーの甘さとアンチョビの塩辛さは、絶妙な美味しさを演出してくれることだろう。

結論

寒い時期の栄養補給として最適の野菜、ブロッコリー。弁当用、肉料理の付け合わせ用として常備している家庭も少なくない。そんなブロッコリーの栄養を、賢く摂取するための裏技をぜひ覚えておこう。また、つけあわせのような脇役ではなく、パスタ料理などを習得してブロッコリーを主役に持ってくれば、さらに美味しく食べることができるだろう。

【関連記事】

おすすめの記事