Yahoo! JAPAN

淡水小物釣りでタカハヤ44匹 「巣」を見つけて移動不要の入れ食いに

TSURINEWS

キャッチしたタカハヤ(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

季節はいよいよ初夏に入りました!少々雑な釣りでも、釣果が上げられる季節到来です。よく言えば初心者の方々でも釣りやすい季節と言えるでしょう!しかしできるだけ多くの釣果を手にしたい中辻であるため、1匹でも多く釣るコツを紹介します。

タカハヤは警戒心弱め

タカハヤもカワムツも基本は群れている魚です(まあ、大概の淡水小型魚に言えることですが)。しかし、最近になって解ってきたのは、実はカワムツ釣りは群れていても警戒心が非常に強いため、こちらの気配を極力消さなければせっかくの群れを散らしてポイントを潰してしまうので、カワムツ釣りの方が難しいということです。

逆にタカハヤは警戒心弱めなんで、少々こちらの影が写ったとしても、群れが散ることはありませんので、初心者の方でも釣りやすい魚でしょう。現在僕は、タカハヤばかり釣っているためにカワムツ釣りが下手になってきました(苦笑)。

警戒心の強いカワムツ(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

タカハヤの巣を見つけるコツ

初心者でも釣りやすいタカハヤですが、少しでも多くの釣果を得たいならば、いち早くタカハヤの巣を見つけることです。巣を見つけるコツは、とにかく川を観察することです。少々川の真上から覗き込んでも、タカハヤは逃げませんので(笑)。

この観察に使用するのが、偏光グラスです!タカハヤが群れていそうな流れの弱まった落ち込みのポイントに着いたら、すぐに竿を出すのではなく、偏光グラスをつけて水中を観察し魚が群れていたらようやく竿を出すようにしております。闇雲が一番いけません!

巣の発見に役立つ偏光グラス(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

1本バリ仕掛け

自慢じゃないんですけど筆者は、結構仕掛けトラブル多い方なんです。オランダ仕掛けや毛バリ釣法等、色々試してきましたが、ポイント上の木に仕掛けを引っ掛ける、地球を釣り(根掛かり)高価な毛バリをわやにする、ではコストも高い上に、仕掛けを作り直す不必要な時間もロスしてしまいます。

この時期、魚が群れている巣さえ見つければオーソドックスな1本バリのミャク釣り仕掛けになんかエサを付けておけば、自然とタカハヤは食ってくれるので、逆に効率がいいのです。このことについても、初心者の方や釣りを覚えたての子供さんにも言えることではないでしょうか?

ミャク釣り仕掛け(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

タカハヤ実釣スタート

令和4年5月30日午前11時50分より、和歌山県伊都郡かつらぎ町東谷付近を流れる穴伏川に、タカハヤ狙い一本で釣行しました。この河川、上流に行けば行くほどタカハヤの宝庫です。かつらぎ町デマンドタクシーを堀畑停留所で下車し、眼鏡から度付き偏光グラスに付け替え、点在するポイントを観察していきます。

5ポイントほど有力ポイントがあるうち、1番群れが多かった、緩い流れがあり岩と岩との隙間(穴)がある落ち込みのポイントを選びました。

仕掛け

使用仕掛けはSZM岩清水カーボン製渓流竿3.6mにミチイト0.8号、シモリ目印、ガン玉4号、ハリス0.4号、金袖バリ2号のミャク釣り仕掛けにエサは魚肉ソーセージ1本としました。

エサの魚肉ソーセージ(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

タカハヤ入れ食いを堪能

落ち込みの激流より流れが緩やかになる、瀬の終了部に集中して仕掛けを投入します。実際1投目を投げて5秒もしないうちに目印にアタリが出ます。7cmのタカハヤが手中に収まりました。

2分毎に1匹の間隔でまさに入れ食い状態です。エサは大きくつける必要はありません。ご飯粒ぐらいに付いていれば魚が勝手に食ってくれるという感じです。多バリ仕掛けも必要ありません。1本バリ仕掛けで丁寧に釣り上げることが一番効率がいいと言えるでしょう!

一番型のよかったタカハヤ(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

それともう一つ効率よく釣果を出したかったことに理由があります。山の麓に降るデマンドタクシーの最終便が午後1時50分発車と、長くても2時間しか釣行できません。2時間以内である程度の釣果を叩き出さねばならないんです。

この2時間はひたすら集中しましたよ。集中しすぎて帰りのタクシーの中でぐったりしてました(苦笑)。でも考えようによっては、この2時間ぐらいの釣行がちょうどいいのです。いかな警戒心の弱いタカハヤでも、スレはあります。入れ食いの巣を見つけたからといって半日も同じポイントで粘っていれば、ポイントは潰れてしまいます。いわゆるポイント休めも、長くポイントを維持したければ重要になってきます。

入れ食いを楽しんだタカハヤの巣(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

最終釣果

午前11時50分から午後1時40分の2時間で、平均サイズ7cmのタカハヤ42匹、カワムツ2匹の計44匹でした。数釣りに徹しましたが、正直この釣り方はしんどいですね。しばらくはフリー釣行なんで、ゆっくりまったり釣ることにします。そしてしばらく穴伏川はポイント休めをすることにしましょう(笑)。

<中辻久範/TSURINEWSライター>

The post淡水小物釣りでタカハヤ44匹 「巣」を見つけて移動不要の入れ食いにfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事