Yahoo! JAPAN

【後編】子どもに「大学は奨学金を借りて」と伝えたら落胆された……これって私が悪い?

ママスタセレクト

娘さんに「大学は奨学金で行ってほしい」と相談をしたところ、不満をあらわにされてしまった相談者さん。娘さんの主張は「家計に余裕がないのに、どうしてフルタイムで働いていなかったの?」とのこと。それを聞き、自分が仕事をセーブしたことに自信がもてなくなってしまった相談者さんですが、擁護する声とともに厳しい意見も寄せられています。

進学の意義や将来を真剣に考えさせるいい機会では?


ママスタコミュニティに集まったママさんたちからは、相談者さんに対してこのような問いかけがありました。

『子どもにお金を稼ぐ大変さとか話したことある? 自分の娘がそんなこと言ってきたら「文句言うなら働け」って言っちゃう。ちなみにうちは人並みだと思うけれど、「大学はとりあえず奨学金借りて」って言っている。親が払えるうちは払うつもり。子どもが巣立ったらバリバリ働くよー』

『家庭によるけれど……もっと小さいうちから教えなかったからじゃない?
うちは旦那のところはずっと専業なんだけど、大学は行って当たり前で育てられてきたのに、いざ入学(私立一人暮らし)となったときに、「一人暮らしのお金の一部と学費は奨学金借りて」って言われてあまりに理不尽さを感じた経験している。旦那のところは義母が習い事を複数していて、義母だけ旅行とかも当たり前。「それなのになぜ?」って。だからうちは小学生だけれど、私立や一人暮らしとなったら奨学金借りないといけないことを話してある。それを踏まえて、公立の中学受験の予定だよ。国立の大学ストレートで入るためにね』


世の中には「親がお金を支払ってくれるからとりあえず大学に行こう」という心持の人もいれば、自分で学費を稼ぎながらでも大学で勉強がしたい人もいます。今まで娘さんにお金の話をしていなかったのであれば、いきなり「お金がないから」と進学に条件を突きつけるのは少しばかり酷な話です。もしかしたら今が進学の意義や将来を真剣に考えさせる良い機会なのかもしれませんよ。

過去に悩むより今後の話をするのが堅実!まずは家族で話し合ってみよう


娘さんが自身の思いを強く主張したとしても、相談者さんが今までの行動を後悔したとしても、大学に行きたいならお金の工面をするしか選択肢はないはず。

『まあ、理想と現実は違うってことよ! 「そうすれば良かったのに」って簡単に言うけれど、そうしなかったのには理由があるわけだし、何を言っても奨学金借りて行くしかないよ』

『どっちの気持ちもわかるかな。奨学金借りている子は多いよね。ないお金はこれから作るしかないし、返済を娘さんと相談者さん夫婦で頑張るしかないね』


奨学金として娘さんが学費を100%請け負うのか、それとも教育ローンとしてこれから相談者さんたち夫婦が返済をしていくのか、はたまた別の策を考えるのか……まずは過去を振り返って後悔するよりも、今後のことを相談してみてください。お金の話はなかなかしづらいところもあるのかもしれませんが、それをきちんと相談しあえるのも、素敵な家族の在り方ではないかと筆者は感じるのです。

文・物江窓香 編集・古川純奈 イラスト・あい

【関連記事】

おすすめの記事