Yahoo! JAPAN

日本の木造建築にある3つの建築工夫の違いとは?【建築の話】

ラブすぽ

日本の木造建築にある3つの建築工夫の違いとは?【建築の話】

伝統工法、在来工法、2×4工法の違いは

伝統建築工法は、古民家に見られる昔ながらの木組み工法です。柱と梁などの継ぎ合わせに釘は極力つかわず、凸(ほぞ)と凹(ほぞ穴)のように刻んだ木を組み合わせて固定します。そのため接合部は柔軟になり、地震の揺れも柔らかく受け流すことができます。

土台も、地盤に平らな玉石を置いて柱をのせるだけで、固定しません。地震の際は、少し浮き上がって地盤から離れることで揺れをかわすのです。在来軸組工法は、伝統建築工法をベースにしながら、柱や梁などの継ぎ合わせ部分や、基礎と土台の間を金物やボルトで固定するものです。

筋交いや骨組みの隅には火打や方杖と呼ばれる斜材を入れます。三角形型の構造で、地震をガッチリ受け止める剛構造になります。ツーバイフォー(2×4)工法は、2インチ×4インチの角材を四隅の骨とした合板パネルをつなぎ合わせて壁や屋根を、ダンボール箱のように組み合わせる工法です。

最大の特徴は、柱や梁を用いる必要がないところ。外からの力に六面一体で対応するため、地震に強く、しかも断熱効果の高いパネルがつかえるのもメリット。ただし、壁面で支える構造のため、プランの自由度や変更は限定されます。

これに対し、柱と梁で建物を支える伝統工法や在来軸組工法は、間取り変更がしやすく、風や光を入れる開口部を広くとれるため、結露の心配が少ないというのが違いです。

ちなみに2×4工法に柱や梁の補強をして開口部を広げたり、在来軸組工法にパネル板を組み合わせるといった応用もできます。どれを採用するかは、立地や住み手の考え方次第です。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 建築の話』著/スタジオワーク

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. コートニー・カーダシアン&トラヴィス・バーカー、法的書類を揃えて正式に結婚

    Techinsight
  2. 西野七瀬[イベントレポート]恋の持論を語る「会っていなくても考える時間があることが恋だと思う」映画『恋は光』完成披露試写会にて

    Pop’n’Roll
  3. 2022年4月24日オープン 北野プリン ハルツゲ(harutsuge)

    京都速報
  4. 矢沢永吉が仕掛ける『矢沢フェス』第2弾開催が決定 布袋寅泰、サンボマスター、氣志團、BiSHらが出演

    SPICE
  5. ももクロ、新AL『祝典』全曲配信スタート!

    Pop’n’Roll
  6. <クセ強め!義母>嫁の態度が悪い「結婚したら息子は手放したと思え」【まんが:義母の気持ち】

    ママスタセレクト
  7. 2つに割った舌を持つ女性、2種類のドリンクを同時に飲み比べ「味の違いは分かる?」(米)

    Techinsight
  8. <消えるパート代>食費が多すぎ、稼ぎがゼロになってつらい!値上げラッシュ中でもできる節約術は?

    ママスタセレクト
  9. 藤森工業 新製造棟と開発棟、24年末竣工へ 名張市滝之原に

    伊賀タウン情報YOU
  10. 【赤ちゃん猫動画】すくすく育て♡生後2ヵ月のラガマフィンがやってきた!

    ねこちゃんホンポ