Yahoo! JAPAN

特『刀剣乱舞-花丸-』~雪ノ巻~ 大和守安定役・市来光弘×加州清光役・増田俊樹 スペシャル対談①

Febri

TOPICS2022.05.17 │ 12:00

特『刀剣乱舞-花丸-』~雪ノ巻~ 大和守安定役・市来光弘×加州清光役・増田俊樹 スペシャル対談①


「とある本丸」の始まりの一振である加州清光と、その相棒の大和守安定。今や72振の大所帯となった本丸で、みんなの世話を焼く二振を中心に『刀剣乱舞-花丸-(以下、花丸)』の物語は描かれる。最新作の劇場上映3部作でも活躍する彼らを演じるのは、増田俊樹と市来光弘。彼らが見る「特『刀剣乱舞-花丸-』~雪月華~」とは。

取材・文/えびさわなち 撮影/須崎祐次 (市来光弘)ヘアメイク/竹内研登 スタイリスト/末吉久美子 (増田俊樹)ヘアメイク/河口ナオ スタイリスト/MASAYA

刀剣乱舞特『刀剣乱舞-花丸-』~雪ノ巻~特『刀剣乱舞-花丸-』~雪月華~

作品を愛してくださった方々と制作チームの熱意に応えたい

――TVシリーズの2期から4年の時を経て、今回は3部作での制作となりました。TVシリーズを制作した東宝さんと動画工房さん、そしてニトロプラスさんも「いつか続編を」という想いが強かったようですが、おふたりは今回の3部作の話を聞いてどのような想いがありましたか?
増田 制作チームの皆さんと同じ気持ちです。TVシリーズと劇場で総集編をやりましたが、お客さんの熱がまったく冷めていなかったので「ここで終わるんだ!?」と感じたんです。2期の打ち上げのときには、僕も「続編をぜひとも!」というお話をさせていただきました。それこそ今では日本だけではなく、海外からも『刀剣乱舞』は愛されている。最初は僕、「お客さんに(『花丸』は)どう捉えられているのかな?」と少し不安があったんです。というのも、『花丸』1期の第一話(「睦月 ちょーしにのんな」)のアフレコのときに「え、これってゲームを録(と)っていたときの自分の演じた役とは全然違う描写が多いぞ」と思ったことがあって。ですが、実際に『花丸』を見たお客さんからは「めちゃくちゃ面白い」という声を多くいただいたので、受け入れてくださったんだなと実感しました。今回、新作が決まって、再びお客さんの熱意に応えるために、こちらも負けない想いで届けたいと思いました。

市来 2期の段階で「もう終わってしまうのかな。続きはないのかな……」というところに劇場上映、しかも3部作というお話をいただきました。うれしさは当然あるのですが、驚きもすごくあって。これだけ注目されているコンテンツですし、反響は自分も感じていたので、続編があるといいなとは思っていました。でも、3部作の劇場上映というかたちでそれが実現したことは、『花丸』だけでなく『刀剣乱舞』を愛してくださっているファンの皆さんと、その熱意に応えてくださるスタッフの方々のおかげです。劇場上映を迎えられて、感謝しかないです。

――「雪ノ巻」でおふたりが演じた加州清光と大和守安定について教えてください。
増田 今回新しく発見したところは、今まで清光が持っていた要素ではあるけれど、これまでのエピソードでは見えていなかった部分ですね。そういった意味では、新しい発見がこれからもっと見えてくるんじゃないかな、と楽しみにしています。また、TVシリーズで描かれてきた『花丸』の清光が持つ、たおやかさや老練な感じが、今回は3部作という大きなスケールで見られます。長い時間をかけて作った新しいお話なので、TVシリーズを見てきた人たちが「帰ってきた!」とか「こういう本丸だったよね」と思っていただけるとうれしいです。
市来 TVシリーズ1期では安定は顕現したてだったので、清光に助けてもらったりする描写が多くありました。そこから修行の旅に出て、2期の終盤で帰ってくるのですが、心も身体も強くなって帰ってきた姿を「雪ノ巻」では垣間見ることができます。清光の背中を押すようになったところに成長を感じました。

安定は落ち着きを、清光は信頼を託せるようになった

――『花丸』1期の第一話から時を重ねてきた今、『花丸』での安定と清光のお芝居に変化はありましたか?
市来 清光や他の刀剣男士に助けられ、ときには迷惑をかけてしまうこともあった安定でしたが、修行の旅に出たことで、無鉄砲さや危なっかしいところを感じなくなりましたね。大人になった、というたとえが合っているかはわかりませんが、演じる際は落ち着きを出すようにしていたので、そういう姿が1期からのいちばんの変化かなと思います。
増田 お芝居については、いい意味で肩肘を張らなくなりました。もちろん、今までも加州清光の柔らかい部分を演じてはきたんですけど、TVシリーズを経て、よりまわりを信頼するようになりました。刀剣男士も増えていっているので、日々、面倒事も増えているはずなのですが、それを「ま、いっか」と言えるようになった。(刀剣男士は)たくさんいるんだから、自分が何かをしなくても、別な誰かが解決してくれるだろう、とまわりに頼ることができるようになった。そういった描写が増えたなと感じています。その結果、僕自身も、何か問題が起きても「そうなの? それならうまくやっておいてよ」というスタンスで清光を演じるようになりましたね。

市来光弘いちきみつひろ 1月10日生まれ。鹿児島県出身。マウスプロモーション所属。主な出演作は『OZMAFIA!!』スカーレット役、『弱虫ペダル』杉本定時役、『A3!』飛鳥晴翔役、『佐々木と宮野』田代権三郎役など。増田俊樹ますだとしき 3月8日生まれ。広島県出身。トイズファクトリー所属。主な出演作は『アイドリッシュセブン』和泉一織役、『僕のヒーローアカデミア』切島鋭児郎役、『進撃の巨人』ポルコ・ガリアード役など。後編(②)に続く作品情報

雪ノ巻:5月20日(金)より3週間限定上映
月ノ巻:7月8日(金)公開 /華ノ巻:9月1日(木)公開

©2022 NITRO PLUS・EXNOA LLC/特『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会

【関連記事】

おすすめの記事