Yahoo! JAPAN

映画化が大成功したジャンプ作品ランキング

gooランキング

映画化が大成功したジャンプ作品ランキング

日本で最も発行部数が多い漫画雑誌である『週刊少年ジャンプ』。1968年の創刊以来、多くの人気作品を世に送り出してきただけに、テレビアニメ化や実写ドラマ化、映画化などメディアミックスされた作品も少なくありません。そこで今回は、アニメ、実写を問わず映画化が大成功したと思うジャンプ作品がどれなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 銀魂(実写)
2位 るろうに剣心(実写)
1位 ???
⇒全てのランキング結果を見たい方はこちら! <!--日本で最も発行部数が多い漫画雑誌である「週刊少年ジャンプ」。それだけに同誌で長期連載される作品は日本を代表する人気漫画であり、テレビアニメ化、実写ドラマ化、映画化などメディアミックスされる作品も少なくありません。そこで今回は、アニメ、実写を問わず映画化が大成功したと思うジャンプ作品についてアンケートを行い、ランキングにしました。

-->

1位は『鬼滅の刃(アニメ)』!

鬼が存在する大正時代の日本が舞台。鬼に家族を殺された心優しき炭売りの少年・竈門炭治郎が、唯一生き残りながら鬼にされてしまった妹・禰豆子を人間に戻し家族の敵を討つため、炭治郎は鬼と戦う。2020年には『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開され、空前の大ヒットとなった。

原作:吾峠呼世晴
キャスト:花江夏樹(竈門炭治郎 役)、鬼頭明里(竈門禰豆子 役)、下野紘(我妻善逸 役) 他

2位は『るろうに剣心(実写)』!

幕末の時代に「人斬り抜刀斎」として恐れられていた剣豪・緋村剣心が明治の時代に現れ、これまでとは一転、人を殺さずに本当の意味での維新を成し遂げようと奮闘する。緋村剣心を佐藤健が演じ2012年に実写映画化、2021年にはシリーズ完結編となる2部作が公開された。

原作:和月伸宏
キャスト:佐藤健(緋村剣心 役)、武井咲(神谷薫 役)、吉川晃司(鵜堂刃衛 役) 他

3位は『銀魂(実写)』!

天人(宇宙人)に襲来され価値観が全く変わってしまった江戸の町を舞台にしたSF時代劇。頼まれた事は何でもやる万事屋を営む坂田銀時を小栗旬が演じ、2017年、2018年、2021年と3作の映画が公開された。

原作:空知英秋
キャスト:小栗旬(坂田銀時 役)、菅田将暉(志村新八 役)、橋本環奈(神楽 役) 他

これまで長らくの間、興行収入歴代1位を誇っていた『千と千尋の神隠し』を抜いた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が見事1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~52位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが映画化が大成功したと思うジャンプ作品は、何位にランク・インしていましたか?

写真:タレントデータバンク
(小栗 旬|1982/12/26生まれ|男性|O型|東京都出身)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:1305票
調査期間:2021年9月24日~2021年10月08日

【関連記事】

おすすめの記事