Yahoo! JAPAN

【行列覚悟】福岡に来たら必食!デカくて旨い「博多デカ盛りグルメ5選」

フクリパ

【行列覚悟】福岡に来たら必食!デカくて旨い「博多デカ盛りグルメ5選」

コロナ禍の今、なぜ「デカ盛り」がブーム?


コロナ禍の今、全国で「デカ盛り」が大ブームです。その理由はどこにあるのでしょうか。
 
筆者の私に限らず、多くの人が飲食店に行く回数が減った今、「1回の外食にかける想い」が変わってきたことにあるようです。
 
つまり、安いものを数多く、何度も食べに行くというより、たとえ単価が高くても1回で、お得感と満足感を味わいたいという想いから、「デカ盛り」がブームになったというわけです。
 

マグロのせ放題丼 1500円 (※朝食のみ)

本マグロをこちらが「ストップ!」と言うまで盛り放題、のせ放題。これはインパクト大です。カニのお味噌汁と小鉢付でこの価格は、朝食ならではの特権です。

旨さのポイント!
リーズナブルだからと言って侮ることなかれ、目の前で捌かれる脂がのった本マグロは市場直送で新鮮そのもの。本日は、80kgのマグロがなくなっちゃったそうです。

自分で盛る「ホル玉丼」

豚カルビと丸腸のコンビは、福岡人好みの甘めのタレで味付けられ最高に美味しくとろけます。

ステーキ丼特盛 1200円

外はしかっり焼き目がついて香ばしいお肉、中は、赤みを残してミディアムレア。この絶妙な焼き具合が食欲をそそります。

まずはお肉を一口、噛むとジューシーな肉汁が溢れ出し、思わず「旨い!」と声が出てしまいます。

旨さのポイント!
ちなみに、特盛と並盛を比較すると、特盛がいかにデカいか分かりますね。やっぱり特盛にして正解です。

スタンドバイミー木札

①最初に1000円で、4枚の木札を購入
②ランチ(750円)には、3枚の木札が必要
③余った1枚は次回利用するもよし、ドリンクを購入するもよし
私は、いつも何個かためて次回使う派です。

木札を渡し、さぁ、いよいよ久々の唐揚げをオーダー、唐揚げ個数上限無し!ご飯おかわり自由!本日は、平均5個超えの10個をオーダー (※自分が食べる事ができる個数をオーダーがルール)。
 
その個数上限なしの唐揚げがこちら。

外はサックサク、噛むと口の中にジュワ~と旨味が広がる醤油ベースの博多の唐揚げ。この唐揚げは、名店「海鮮丼日の出」(福岡市中央区・薬院)が提供する秘伝のレシピだから、間違いない美味しさです。

旨さのポイント!
スタンドバイミーの唐揚げ定食には、博多名物がたくさん詰まっているのが特徴です。この定食だけで福岡屈指の名店の味をたくさん満喫できます。

●薬院「海鮮丼日の出」の唐揚げ
●人気水炊き店「とり田」の柚子胡椒
●福岡県産のご飯
●明太子の元祖「ふくや」

唐揚げには柚子胡椒、ごはんには明太子、具沢山の豚汁、デカ盛りの唐揚げ。1定食で、博多の味を何十倍も楽しめます。

ホステルと一緒になっているので、福岡に来た際は、ランチで博多名物を満喫し、夜は立ち飲み居酒屋で福岡のお酒を楽しんではいかがでしょうか。

【スタンドバイミー】
■TEL: 092-791-1974
■住: 福岡市中央区大手門1-3-22
■営: (ランチ)平日のみ 11:30-14:00/(立ち飲み)月~木19:00~24:00、金・土19:00~25:00、日15:00~21:00

 

5. デカ盛りでもスイーツは別腹⁈ 天神「吉祥果 (きっしょうか)」


最後は、スイーツのデカ盛り♪こちらのお店は、福岡県を代表する果物の産地、朝倉市の朝倉青果市場が運営する直営店です。福岡市中央区・天神の新天町にあります。

1Fは、青果店、2・3Fは、カフェになっていて、地産のフルーツを使ったケーキやパフェが女子たちに大人気のお店です。

特に、直営店ならではの新鮮なフルーツをふんだんに使った、ダイナミックなデカ盛りスイーツは心が躍ります♪

どんなに食べた後でも別腹のデカ盛りスイーツがこちら。

くり抜いたパインの中に果物を盛る「パインボード」(700円)は名物。パインの中から約10種類のフルーツがこぼれんばかり。フルーツのカッティングも映えます。

旨さのポイント!
全国でも有数のフルーツ王国といわれる福岡。その理由は、九州各地のフルーツが一堂に揃っているからだそうです。フルーツを丸ごと楽しむならパフェは、マストです。パフェもオーダーしてみました。

フルーツたっぷりパフェ800円。パフェにも約10種類ほどのフルーツが!

りんご、キュウイ、パイン、オレンジなどフルーツがゴロゴロ入っています。真ん中にはバニラアイスに角切りされたりんごが入っていました。

こんなにフルーツがたくさん入って800円は安い!最高の〆パフェ、どのフルーツも新鮮なのは、青果店の直営ならではです。

【吉祥果】
■TEL: 092-738-5152 
■住: 福岡市中央区天神2-8-137 新天町商店街内
■営: 11:00~18:00
■休: なし

----
いかがだったでしょうか。がっつり系からスイーツまで、博多のデカ盛りグルメ。

デカ盛りがブームということで今回、いろいろなところを回りましたが、「1回の外食にかける想い」を大満足させてくれるものばかりでした。

定食になっているものが多く、さっと食べて短時間で済ませられるのも今風。デカ盛りブームは、まだまだ続きそうです。

福岡に来た際は、博多名物が詰まったデカ盛りを楽しんでみては。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 日本列島ゆるゆる古墳ハント(22)東京都狛江市「狛江古墳群」都内の住宅地で古墳散歩

    TABIZINE
  2. 透色ドロップ、見並里穂が渋すぎるマイブームや出身地の熊本愛など100の質問に答える!「透色って、なにいろ?」最新回にて

    Pop’n’Roll
  3. 【毎日おやつ】色とりどりの果実がときめきを連れてくる「フルーツポンチ」/東京都

    ことりっぷ
  4. 今年のスイカは10年に一度の当たり年!その理由は?

    TBSラジオ
  5. 【前編】夫婦の危機!繰り返す自粛で”自分のことしか考えない”人間の末路……

    ママスタセレクト
  6. 三倉茉奈、出産後の不思議な体の変化「歩くたびにあちこちに髪の毛が」

    アメーバニュース
  7. おうち時間を楽しもう!自宅での楽しみ方を提案する本を展示 釜石市立図書館

    かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす
  8. 東武、100系スペーシアと200型りょうもうで3種のリバイバルカラー車両を運行! 第1弾は6/5~、スペーシアがデビュー当時の塗装に

    鉄道チャンネル
  9. 遠山晶司(梅棒)「苦節10年、この間に出会ってきたもの全てのおかげで形に出来ました」~dynamizeプロデュース『Fight For F』が開幕

    SPICE
  10. ラミレスの妻『深イイ話』での夫の裏話を暴露「サプライズできない人でした」

    アメーバニュース