Yahoo! JAPAN

大食い選手権 vol.2|絢爛豪華な牛タンタワー!霜降り牛タンを食べ尽くせ!

ナゴレコ

名古屋の無類の食好きが集う、ナゴレコ大人編集部。

ひとたび集まれば、「あの店が美味しいよ」「今度あの店行ってみない?」と意見交換が始まる、グルメ愛溢れる大人たち。

ある時、誰かが言いました。
「この中で、誰が一番大食いなんだろう?」

そんな学生のノリに本気で挑む、大人の大食い選手権第2弾。

大食い選手権 vol.2|霜降り牛タンを食べ尽くせ!「牛タンしゃぶしゃぶと肉握り 源’s 錦店」

前回の「大食い選手権 in ふらり寿司」から約2年の時が流れた。あの美味しくも熾烈を極めた食の戦い後、各々がグルメを楽しむ日々を過ごしていたある日、ナゴレコの代表から大人編集部へ1通のメールが届いた。

『第2回大食い選手権開催』の知らせ

…ごくり。不意にあの積み上がったゲタが脳裏にフラッシュバックした…(詳しくは「大食い選手権 vol.1をご覧ください」)。


大食い選手権 vol.1|回らない寿司屋のネタを食べ尽くせ!- ナゴレコ|名古屋人がレコメンドする本当に美味しい名古屋めし

視界を遮るかのようにそびえ立つ寿司ゲタ。いやぁ、美味しかったなぁ。そして今回も嬉しいことにあの高級食材「牛タン」の食べ放題!

そしてナゴレコ大人編集部のこんな大人気ない企画を快諾していただいたのは、中区錦にお店を構える「牛タンしゃぶしゃぶと肉握り 源’s 錦店」さん。

ビル1棟まるまるセルジュ源’sグループさんの飲食店が入居しており、それぞれのお店がこだわり抜いたコンセプトで「食」の楽しみを展開しています。今回はそのビルの3階へ。

「美味しいをもっと。」を求めるものたち。集う

決戦当日。大食い選手権開始時刻15分前。参加者が少しずつ集まり始めました。

1番最初に到着したのは私、ケニー。この日はランチにすごくおいしいお寿司をいただいたのですが、今回の企画のために追加注文を諦めての参加。

次に現れたのは、大食い選手権初参加の「金山の女王」あめろ選手。金山を中心に日々多彩なジャンルのグルメを食べ歩く彼女の胃袋は、いまだ未知数。

そして暗闇の中から煙のように現れたのは「THE・スモールモンスター」みーこ選手。ナゴレコ大人編集部の中でも最も小柄なのですが、体のどこにそんなに食べ物が入るスペースがあるのかと疑いたくなるほど、よく食べます。

次いで「名古屋の1人呑みキング」にしむー選手。物静かではあるが、今回の企画のためにふつふつとやる気が沸えたぎっているのは、現場にいた誰もが感じるほど。

さらに「名古屋のラーメン女帝」あやまん選手。1日に最高6杯ものラーメンを飲み干したことのある彼女は、今回の牛タンもきっとスープのように飲み干してしまうのだろう。

最後に現れたのは「名古屋のお肉博士」ちゃんまり。前回のお寿司大食い選手権ではあまえびの水分を利用して大量に寿司を流し込むという、頭脳を駆使した戦略が光りました。今回も何か秘策があるのか…。

それぞれがそれぞれの思いを抱きながら、決戦の地へ…。

お店の入り口に到着するやいなや、その和モダンな店内に一同歓喜の声が漏れる。

装飾された壁と掘りごたつ、暗めの店内ですが、テーブル席にピンポイントに当たる照明が高級感を漂わせます。こんな素敵な空間で牛タンしゃぶしゃぶだなんて、最高!

目前にそびえる高級牛タンしゃぶしゃぶタワーの登場!

さあ各選手席につき、待望の牛タン食べ放題メニューがテーブルに運ばれてくるのを待ちます。

待つこと数分。ドライアイスの煙の中から現れたのは「牛タンしゃぶしゃぶタワー」

まじ?豪華すぎませんか…。

ライトに照らされ、薄紅色に鈍く輝く牛タン。それがアフタヌーンティーのようなタワーで目前に用意されました。黄金比を描くかのように並べられた牛タンはもはやアート。

しゃぶしゃぶの出汁も本当に香り高く、この匂いだけですでに美味しい…。

写真では伝わりにくいのですが、タワーの高さは約50センチ。1棟で大体400〜500グラム。4〜5人前もあるそうです…。これは素敵。いや強敵。

ここでルール説明。最初の牛タンしゃぶしゃぶタワーを食べ切ったら、タワー中段のお皿をどんどん追加注文していきます。制限時間は1時間。最終的に平らげたお皿の数が多い選手が優勝となります。

実際に来店した場合、こちらの「牛タンタワー盛り(2〜3人前)」は5980円(税込)で提供。今回は企画として特別に食べ放題とさせていただいています。

左から順に、みーこ選手、にしむー選手、ちゃんまり選手。

そして右から、あやまん選手、あめろ選手、ケニー。

みなさんにこやかな笑顔♡さて、この楽しそうなテンションが最後まで持つか…。

ちなみにこちらの牛タン、昆布でしめて旨みがギュッと凝縮された日本でも珍しい昆布締め牛タンがいただけるとのことで、正直1枚1枚しっかりと味わって食べることをおすすめします。本当においしいんです。

代表がみんなの勇姿を収めようとカメラを握る中、我々選手陣は箸をギュッと握り、開始のゴングを待ちます。

開始時刻19時半。いよいよ己のグルメプライドをかけた大食い選手権の開幕!

各選手一斉に牛タンタワーに箸が伸びる!

まるで某球団元監督がフグ刺しをグワっと一気にかき込んだかのように、箸がお皿の上で弧を描く!

選手一同、一口目の一声はやはり「うまい!」「おいしいー!」。そうですよね、だって適度にサシが入った歯応えのある源’sさんこだわりの牛タン。噛めば噛むほど旨味がじわーっと滲み出てきます。食べ放題と言っても素材に妥協なし!できるならこの一口目の味わいを永遠に楽しみたいくらいです。

柚子の香るポン酢とゴマの味わいがしっかり濃厚なゴマだれも、素材の味を損なわない絶妙な味わい。薬味の小ネギともみじおろしもアクセントになり、なおおいしい!

しかし!忘れてはならないのは、今回は大食い選手権!胃袋と胃袋のぶつかり合いで勝たなければ、己がプライドを死守することのできない壮絶なグルメバトル。誰もがみな食べ始めて数分後には自分の世界へと入り込み、沈黙の中、牛タンと向き合う時間が続くのです。

開始5分。さっそく牛タンしゃぶしゃぶタワーを攻略した猛者が!

そう「にしむー選手」

早い…噛んで味わっているのか疑いたくなるくらいのスピード。やはり大食い選手権にかける情熱は人一倍か。

そしてもう1人!

「あやまん選手」!圧巻のスピード…。5分で5人前が消えるって、まるで魔法

しかしそのわずか1分後。ケニーの隣で手が上がった。

「ちゃんまり選手」!お肉博士の意地とプライドをかけ、牛タン大食い対決は負けるわけにはいかない…!

次いであめろ選手・ケニー選手が第1タワーを攻略。

みーこ選手も負けじと先行選手と牛タンに食らいつく!

にしむーの独走。追うちゃんまり

タワーを攻略したにしむー選手。勢いが一向に収まらず、まるでクレーンゲームのように機械的に牛タンを箸でつまみ、食べ進める。

一体彼はどんな作戦を立てているのか…。

少しでもペースが落ちると牛タン同士がくっついてしまい、タイムロスを招く。くっ…普通に美味しく食べたい!

食べ進めるペースが落ちていく中でも着々と牛タンの枚数が減っていきます。

そうこうしているうちにまたもやにしむー選手が一皿平らげる!そしてそれに食らいついていくのはやはりちゃんまり選手だ!強い!強いぞ2人とも!

ここであめろ選手、あごの疲れを訴え始めました。そうなんです。この薄くとも弾力のある牛タンは、噛み締めているうちに徐々にあごの筋力を奪っていき、ボディブローのように後で効いてくる!

各選手の創意工夫が光る中盤戦

一見ヘルシーでパクパクと食べられそうなしゃぶしゃぶ。実は魔物が住んでいるんです…。

それは水分!しゃぶしゃぶした際の出汁とつけダレを纏った牛タンは、確実に胃の占有面積を埋めていく…。想像以上に苦しい闘い。

それにいち早く気付いていた選手が1人。

トップ独走のにしむー選手だ!実はあらかじめ一定数の牛タンをしゃぶしゃぶしたものを器に移しておき、余分な水分を落としていたのです…!グルメ偏差値たけー!!

もちろん大食いに創意工夫をしているのはにしむー選手だけではない。

私も「すみません!」とスタッフさんにあるものをお願いしました。

そうです。味変のために塩とレモン!やっぱり牛タンといえばこの組み合わせでしょ!(笑)

口の中が一気にさっぱりします。※通常はメニューにはありません。

選手の味変作戦が続く!今度はゴマダレにラー油。濃厚なゴマの風味にピリッとした辛味がアクセント。スタッフさん。わがまま言ってすみません…。みんな勝ちたいんです。

わさびまで用意していただきました。※通常はメニューにはありません。

味変作戦により、一旦落ちていたペースがこれで少し回復に向かい始めました。

各選手、苦しい表情を浮かべながら牛タンと向かい合う

そして開始20分。とうとう誰もしゃべらなくなってしまった…。1枚食べるたびに「美味しいー!」と喚起していた序盤。それも後半では一口食べてはもれるため息へと変わっていく。

いくら味変ができると言えど、同じ味に慣れてきてしまうとどうしても進まなくなる。スイーツならいくらでも食べられるみーこ選手が、味変が効かない今回はかなり苦戦をしているよう…。

煮えたぎる出汁に目を移し、朦朧とした意識の中、それでも勝利の2文字のために牛タンに箸を伸ばす。しゃぶしゃぶすることを忘れ、そのままタレにつけて生の牛タンを口に運ぶというミスを犯しながらも…。

がんばったよな。美味しかったなぁ…。

「カチ」

…。

なんと、残り15分のところで心の灯火を消すが如く、ガスコンロの栓を切ってしまった選手が。

はい。私です。ケニーです。

胃はバスケットボールくらいまで膨れ上がり、意識が「美味しい」の向こう側へと辿り着いてしまった私が選んだ決断は、「ほかの選手を見守る」という選択。よくあるじゃないですか。リングで戦ったもの同士が、次の試合ではセコンドにつくあれです。心はみんなと共にあるんです。

さあ、がんばれみんな。ゴールはもうすぐそこにあるんだ…!(人ごと)

トロフィーのように輝きを放つガラス皿のタワー

牛タンしゃぶしゃぶ大食い選手権も終盤。各選手、最後の力を振り絞ったラストスパートがはじまる!諦めないものにのみ栄光の女神は微笑みかけるんだ…!

1枚ずつ、確実に減っていく牛タン。それに比例するように積み上がっていくガラス皿。

それはまるで各々の努力をたたえるトロフィーのよう。

試合終了まであきらめず、各選手必死で牛タンに箸を伸ばしてはしゃぶしゃぶし、そして食らいつく…。

あと1枚、あと1枚と、牛タンが減るにつれて時間も刻一刻と進んでゆく。

己との闘い、そしてほかの選手との戦いの中で、彼らは何を求め、食べ進めていくのか。

試合終了!そして結果発表!

そしてようやく試合終了!

いやー!みなさんよく食べ、戦い抜きました!いやー…食べすぎでしょ!(笑)

自身の成果を眺めるかのごとく、積み上げられたガラスのタワーを見上げる一同。

その目はみな虚(うつろ)で、しかしながら達成感のようなものを感じているようにも見えます。

さあ、気になる結果発表!参加者6名!

第6位!みーこ選手!同じ味が続いた今回の闘い、スイーツが得意なみーこ選手にはかなり苦しい闘いだったようです。

第5位!あやまん選手!みーこ選手同様に味の変化が彼女のブーストだったよう。次回はラーメン選手権か!?

第4位!途中リタイアしましたわたくしケニー!男らしく最後まで食らいつきたかったのですが「美味しく食べられる限界値まで楽しむ」がモットーなので、すみません…。

第3位!今回初出場のあめろ選手!序盤から「負けたくない」と心境が漏れる場面があり、胃袋ではなく心で勝利を掴み取ろうという熱意が伝わってきました!

そして第2位!お肉博士ちゃんまり選手!前回の寿司大食い選手権同様、今回もポテンシャルの高さを示してくれました。最後まで美味しそうに食べている姿に、グルメへの愛を感じずにはいられませんでした。

さあ、映えある第1位…。この男だ!

にしむー選手!決戦会場に向かう前から垣間見えていた闘志を燃やし続け、頭脳を駆使し、2位のちゃんまりと2皿の差をつけての堂々1位!約8〜10人前相当の牛タンを平らげました!

やり切った男、にしむー。

勝利の余韻に浸るかのように、口元に笑みを浮かべながら、あしたのジョーさながら灰のように壁に身をあずける。

ナイスファイト。かっこよかったぜ…。あんた最高だよ。

デートや接待に絶対喜ばれる「食」のエンターテイメント!

このSDGsが叫ばれる世の中、お残しなんて許されるはずがありません!そうですよね。しかし安心してください。残った牛タンはナゴレコNo.1の小食系男子である代表が1人でお腹をパンパンにしながら美味しくいただきました♪

今回はじっくりと味わうことができませんでしたが、付け合わせの野菜はもちろんのこと、牛タンも1枚1枚が本当に美味しく、タワーが登場した時は液体窒素を使用した煙の演出があったりと、まさに「食」のエンターテイメントを楽しめるお店。

デートや接待、女子会まで幅広く活躍すること間違いなしです!

ナゴレコには「大人編集部」があり、随時参加ライターを募集しています。

名古屋の観光ツアーガイドを企画や大食い企画など、名古屋の食に関わるすべてを楽しみ、そしてみんなで盛り上げていきましょう!

INFORMATION

店名:

牛タンしゃぶしゃぶと肉握り 源’s 錦店

住所:

愛知県名古屋市中区錦3-11-26 ジリオンビル錦 2F.3F

営業時間:

月~土 17:00~24:00 (L.O.23:30) 日・祝日 17:00~23:30 (L.O.23:00)

Web:

http://nishiki.gensg.jp/2F/

一人当たりの予算:

¥3000〜¥6000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

【関連記事】

おすすめの記事