Yahoo! JAPAN

さがみ信金が50万を寄付 新型コロナ対策事業に〈秦野市〉

タウンニュース

目録を手渡したさがみ信金の秋葉理事長(左)

さがみ信用金庫(小田原市浜町)が10月12日、新型コロナウイルス感染症対策費として秦野市に50万円を寄付した。

今回の寄付は、同金庫の本店または支店がある自治体3市9町(秦野市・小田原市・南足柄市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・箱根町・真鶴町・湯河原町・二宮町)に対して行われた。同金庫ではこれまで地域貢献活動として、地元自治体への寄付や文化振興、青少年育成、スポーツ振興、献血など、さまざまな事業を行ってきている。

今回もその一環で、当日は同金庫の秋葉勝彦理事長と椎野一巳常務理事の2人が高橋昌和市長のもとを訪れ、目録を手渡した。

秋葉理事長は「市が行う新型コロナウイルス感染症の対策に役立てて欲しい」と話し、目録を贈呈。寄付の受領後には、高橋市長が秋葉理事長へ感謝状を贈呈した。

高橋市長は「市民の生命と健康や経済活動のために役立たせていただきいます」と感謝を述べていた。

【関連記事】

おすすめの記事