Yahoo! JAPAN

伊藤さとしのプライムフィッシング【両ダンゴの底釣り:第3回】

TSURINEWS

ヘラブナ釣りの光景(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

伊藤さとしのプライムフィッシング。今回は底釣りの必須メニュー・底ダテについて。

流れがある時の底ダテ

前回では、流れのなかでの底ダテについての話題で話が途切れました。今回がその続きです。では流れがあると、どう底ダテに影響しますか?

伊藤 さとし

「流れの強弱にもよるけど、少なからず抵抗を受けてラインが湾曲するんじゃない。つまり、たわみのことだけど」

その状況で底ダテをすると、実際の水深よりも深く測ってしまうことになりますよね。

伊藤 さとし

「そのとおり」

それって本当に自分が思うタナ?(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

であれば、よりラインが張りやすいフロートを使用した底ダテのほうがいいですよね。

伊藤 さとし

「そうだね。ラインを強制的に張らせたいならね。でも実際の釣りでは、ウキにフロートは付けない」

そうか!つまりフロートを使わない底ダテのほうが、実際の釣りに即しているということですね。

伊藤 さとし

「おっ、いよいよ核心に近づいてきたね。ゆえに多くの人はフロートは使わずに、トップがゆっくり入るタナ取りゴムだけを使って底ダテをする」

ではボクの底ダテも、あながち間違いではないのですね?

伊藤 さとし

「チョウチン以外は何でも振りきってしまう釣りであれば、底ダテも振りきるのは間違いではない。ただし多数派ではけっしてないけいどね」

振り切りは遠回り?

なぜですか?行き着く先は、釣れるタナを見つけること。これが結論ならば、振りきりでもいいじゃないですか。

伊藤 さとし

「たしかにね。でも記者さんのやり方だと、かなりの遠回りかもよ」

と言いますと?

伊藤 さとし

「正解のタナがベタ気味の時ならいいけど、上バリトントンや、それよりも浅いタナがいいとなると、記者さんが決めた上バリトントンからは、かなりかけ離れたタナになってしまうからね」

なるほど、たしかにそれはあります。実際の釣りでも最初はスレが多くて、タナを浅くするほどスレが減る傾向が少なくないですから。

タナが実際と異なるケース(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

伊藤 さとし

「原因はもう分かっているよね」

はい、何となく。つまり触りが出てトップが戻ると、エサはウキの真下付近に移動する。その時、かなりベタ気味になる。だからアタってもスレが多くなる?

伊藤 さとし

「だからスレを解消しようとして、何度も何度もタナを調整する。でも仮に底ダテの時点で、ウキが立つ真下付近の水深を測れていたとする。さらにタナを上バリトントンに近いタナで始めているなら、触りが出てトップが戻りエサがウキの真下付近に誘導された時のタナは、限りなく設定したタナつまりは上バリトントンに近づいているということになるんじゃないかな」

そうか。となるとボクのやり方は、かなりの遠回りですね。

フロート使用でも遠回りに?

伊藤 さとし

「逆の見方もあるよ。仮にフロートで底ダテしてウキが立つ真下の水深を正確に測れて、かつタナを上バリトントンにセットしたとしよう。そしてフロートと重いタナ取りゴムを外して、今度は実際の釣りを始める。ところがフロートを外してしまったから、付けていた時よりもラインの張りが弱くなって湾曲するから、ラインが張った状態のタナと比べて浅くなるのは道理だよね。つまり自分では上バリトントンのつもりでも、実際は上バリが底を切ったタナで釣りをしている可能性が高いんだよ」

タナが浅いとカラツンの要因にもなり得る。それを解消しようとしてタナを調整する。つまりボクとは、逆の意味で遠回りになる。伊藤さんはそう言いたいのですね?

伊藤 さとし

「ご名答。タナを調整することは悪いことじゃない。むしろ必要な作業なんだけど、現実の釣り(流れやトップの戻り)に即した底ダテができていないと、やらなくても済んだ作業が必要になってしまうということなんだよね。まあ慣れた人なら、その手間も苦ではないんだろうけど」

わかりました。次に底釣りをする機会があれば、落とし込みに挑戦してみます。

伊藤 さとし

「何ごとも練習あるのみだよ(笑)」

次回も「両ダンゴの底釣り」です。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

この記事は『週刊へらニュース』2021年10月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post伊藤さとしのプライムフィッシング【両ダンゴの底釣り:第3回】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事