Yahoo! JAPAN

陸上型海水管理釣り場でファミリー笑顔 常連は圧巻のマダイ&青物釣果

TSURINEWS

釣り堀を満喫(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

外房片貝の九十九里海釣りセンターは、関東地区最大級の「陸上にありながら海の魚が釣れる」釣り堀。今回は、取材に訪れた9月5日(日)の釣りの模様を紹介する。

九十九里海釣りセンター

外房片貝の九十九里海釣りセンターは、関東地区最大級の「陸上にありながら海の魚が釣れる」釣り堀。これまでに、季節に応じて50種以上の魚を放流しており「とにかく釣れる」と評判だ。

九十九里海釣りセンターアクセスマップ(作図:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

オーナーのモットーは「たくさん放流してたくさん釣ってもらう」。女性や子ども、ベテランも初心者も関係なく楽しんでもらうことが一番。

釣れる魚種

それだけに放流数は半端ではない。定番のマダイは、もっとも食いが活発な500g級から、強烈な引きが楽しい1~1.5kg、時には3~4kgのも放流しており、同施設の主役だ。

施設の様子(撮影は別日)(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

ほか、季節に応じてカンパチやヒラマサ、ブリといった青物御三家が登場。イナダとワラサはかなりの頻度で放流して大物狙いの釣り人を熱くしてくれる。高級魚カテゴリーでは、アジ科の最高峰・シマアジやヒラメ、イシダイ、イサキなどはもちろん、マニアック向けのイセエビは400~500gを中心に、1kg級の特大を入れることがあり、専門に狙うファンは多い。

大物やマニア系を狙うなら適したタックルや仕掛けを自ら用意したほうがいい。しかし、初心者はまったくの手ぶらでOK。貸し竿、エサ、氷、発泡クーラーすべて完備だ。

トイレ完備で安心(撮影は別日)(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

誕生日にマダイ満喫

9月5日(日)は、あいにくの雨で肌寒い陽気だったが、開園と同時に多くの人が来場。寒さを吹き飛ばすほどの熱気に包まれていた。

内藤さん一家は、この日が息子(小学5年生)の誕生日。お祝いを兼ねての釣行。船舶免許を持っている父親はレンタルボートで内湾のシーバスをよく狙うという。山口県出身の奥様は、同地のマダイ釣りの経験は豊富らしいが釣り堀ではまったくの初めて。数はあまり出なかったが、父子同時ヒットがあり、最高の誕生日プレゼントになったようだ。

誕生日を満喫した内藤さん親子(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

マダイの引きにビックリ

兼子さん父子も初挑戦。息子(小学1年)と、マス釣りには何度か行ったらしいが海の魚は初めて。友人から同施設のことを聞いて、以前から来たかったらしい。マダイたちの引きの強さにビックリしている。

初挑戦した兼子さん親子(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

年中船釣りに行っている石田さんは「たまには娘に釣りの楽しさを味わってもらおう」と来場。そこそこ釣れて目的を達成。

楽しんだ石田さん親子(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

長野さん一家は、幼い娘が父親の釣ったマダイを持って嬉しそう。

マダイを手に嬉しそうな長野さん一家(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

嶋田さん一家は、息子(3歳)の喜ぶ顔を見たいと父親が大健闘。幼い息子に「釣りの楽しさに触れてほしい」と計画。息子の目にはマダイを釣り上げる父の姿が頼もしく見えたに違いない。

大奮闘した嶋田さん親子(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

常連さんはマダイ10尾

家族やカップルが目立つなか、鈴木健さんは常連の腕前を披露。雨と寒さのせいで食いが悪い一日ではあったが、マダイ10尾にシマアジをゲット。常連はその日その日で違う好ポイントを早めに見つける術を持っているようだ。

常連・鈴木さんの釣果(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

ポイントや釣り方がわからない人はスタッフに聞くのが一番。わかりやすく説明して、さらに実践してくれるので相談するといいだろう。

捌く場所がある(撮影は別日)(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

<週刊つりニュース関東版 坂本康年/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年9月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post陸上型海水管理釣り場でファミリー笑顔 常連は圧巻のマダイ&青物釣果first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 実は高学歴のアニメキャラクターランキング…フグ田マスオ:早稲田大学ほかランクイン!

    ランキングー!
  2. 背中をナデナデすると → ごろ〜んとお腹を見せてきた! 柴犬さんの大胆なアピールが可愛すぎるッ♡

    PECO
  3. ETF承認でビットコインが700万円台に突入 北大が一歩前進のプラス、明大の後悔(第21節)【暗号通貨バトル Bグループ】

    J-CAST会社ウォッチ
  4. ビットコイン上昇に乗る! 含み益膨らむ同志社大、明大はイーサリアムを半分売却(第21節)【暗号通貨バトル Aグループ】

    J-CAST会社ウォッチ
  5. 横浜駅西口 ジョイナス の2021秋限定メニューに大注目! 焼き立てパンが食べ放題 BAQET はアヒージョ祭り! 電車を降りてすぐ熱々グリルを体感

    鉄道チャンネル
  6. “白衣姿”の芦田愛菜(17)綺麗な瞳でハキハキと! 新CMメイキング 

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  7. 「一番の幸せは猫に匂い」⁉︎ 芦田愛菜(17) 新CM出演 単独インタビュー

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  8. 日本人は、いったいいつまでマスクを着け続けるのだろうか。

    Books&Apps
  9. 福岡県の日本酒を応援 北九州市「林田酒店」がクラファン実施へ

    北九州ノコト
  10. 元スポーツ選手タレント人気ランキング…TOP3は内田篤人、松岡修造、吉田沙保里!

    ランキングー!