Yahoo! JAPAN

「高速連続素振り」を身につければ飛距離UPする理由とは!?【三觜喜一のスウィングの原理原則を知ることでゴルフは飛躍的に上達する】

ラブすぽ

「高速連続素振り」を身につければ飛距離UPする理由とは!?【三觜喜一のスウィングの原理原則を知ることでゴルフは飛躍的に上達する】

クラブを速く振れば身体は勝手に正しくタテ回転する理由とは!?

ヘッドスピードを上げるためにやるべきことは1つしかありません。それは、クラブを速く振ろうとすることです。

速く振るための練習としてぜひやってもらいたいのが、「高速連続素振り」です。速く振ることを意識しながら連続して素振りをするという単純な練習ですが、これをやることで身体の使い方が身に付き、しかも再現性の高いスウィングが実現します。

アマチュアゴルファーの中には、高速素振りをしようとしてもなかなか“高速”にならない人がいます。また、速く振ろうとすればするほど、クラブが八の字を描くように波打ってしまう人もいます。そういう人は、身体の回転がヨコ回転になっていないかチェックしてみてください。

そのようにならないためにも、身体はタテ回転をさせることが大事です。

具体的には、テークバックでは右ワキ腹を伸ばして左ワキ腹を縮め、ダウンスウィング~フォロースルーでは右ワキ腹を縮めて左ワキを伸ばすようにします。

そうすれば身体の動きがタテ回転になり、高速で再現性の高いスウィングができます。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.9』

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【関連記事】

おすすめの記事