Yahoo! JAPAN

【響灘】落とし込み最新釣果 16.5kg126cm大型ヒラマサなど青物堅調

TSURINEWS

落とし込みでヒットしたヒラマサ110cm超え(提供:誠昭丸)

響灘エリアから沖釣り最新釣果情報が入った。16.5kg126cmデカマサ筆頭に青物絶好調。ザブトンヒラメなど交えクーラーいっぱい。

英光

10月4日、山口県・下関漁港から案内中の英光が落とし込みで響灘へ出船すると、山口市から釣行した橋本さんが良型ヒラマサ80cmやヒラメ60cm、ハマチ4~5kg、サワラ2kg前後などを仕留めクーラーもいっぱいに埋めてみせた。船中では大型バラシもあったため、今後の釣果も期待大。

良型ヒラマサ&ザブトンヒラメ手中(提供:英光)

幸風

10月5日、福岡市中央区港かもめ広場前から幸風が玄界灘の落とし込み釣りに出船。ヒラマサ6kgを頭にワラサ3~4kgなどが入れ食いもあり、コシナガ3尾、マダイ7kg、ヒラメが6kg頭に数尾、オオモンハタ交えて船中で全体で60尾近くの釣果。4日の出船ではコシナガ8~10kgが3尾上がり、ヒラマサが38尾。ヒラマサのバラシが全体で30尾くらいあり、8~9kgの大型がアタっている模様。

青物大漁(提供:幸風)

天力丸

9月30日に響灘方面に落とし込みで出船した北九州若松の脇田漁港・天力丸によれば、エサが付けば毎回のように入れアタリが続き、良型ヒラマサ、ブリ、ヒラメ、カンパチなどがサオを曲げて、乗船者各自がクーラー満タンの好土産を手にして大満足の釣行となったようだ。夜焚きイカも出船中でブドウイカ交じり好乗りも。落とし込み、夜焚きイカ、アジ泳がせなど各種出船予約受け付け中。

入れアタリが続いている(提供:天力丸)

PONTOS・幸雅丸

10月3日、北九州市漁協・若松支所前から案内中のPONTOS・幸雅丸は響灘へ落とし込み釣りに出船。エサ付きは良好でヒラマサは、幸雅丸レコード更新となる16.5kg126cmがヒット。写真の乗船者はハリス16号で見事釣り上げた。これを筆頭にヒラマサは船中8尾。メジとヤズは数釣れた。ヒラメやサワラなども良型交え好釣果となった。潮次第で数にムラあるが、今後も大マサ含め期待大だ。

16.5kg126cmデカマサでレコード更新(提供:PONTOS・幸雅丸)

北斗丸

10月3日、北九州市小倉の高浜港から出船中の北斗丸は、響灘に落とし込み釣りで出船。エサ付きは良好で、ヒラマサ4~5kg交え順調に釣れた。ヤズは入れ食いしている。ヒラメは4kg交え数ヒット。大型バラシ多発中。仕掛けは万全に。連日出船しており、今後も好土産が楽しみ。

ヤズ入れ食い(提供:北斗丸)

海燕

10月2日、北九州市・小倉港から案内中の海燕が響灘の落とし込みに出船。時間帯によりエサ付きも良く、大型ヒラメ4kg、ヤズ3~4kg、メーター超えの大型サワラなどに加えアコウやタカバは数釣れて盛り上がった。また、タイラバではマダイ2kg、アマダイ1.5kg、アコウ1kg級、タカバなど交えた釣果が上がっている。

大型ヒラメ浮上(提供:海燕)

太陽丸

10月3日、北九州市・小倉港の太陽丸が小倉沖~響灘の落とし込みに出船すると、この日はエサ付きも良好でヒラマサ4~6kg主体に8kgも浮上。ほかブリ8kg頭にヤズ4kg主体含め数、アコウ2kgなどが次々に上がった。写真は左から生野さん、三好さん、河内さん。

青物続々ゲット(提供:太陽丸)

宝生丸

10月4日、北九州市門司・大里港から出船中の宝生丸は、響灘に落とし込みで出船。ヒラマサは1m超えが数釣れており、ブリやヤズなども交え青物は船中30~50尾。マダイやヒラメ、サワラ、アコウ、タカバ、アラなど多彩にヒット。写真の大場さんも大型ヒラマサを釣り上げて披露してくれた。アンチローリングジャイロ搭載で横揺れを軽減し船酔いしにくく、女性専用のトイレもあり誰でも安心して楽しめるので、何が釣れるかわからないドキドキの落とし込みを楽しもう。

メーター超えヒラマサが多数上がっている(提供:宝生丸)

金比羅丸

10月2日、北九州市門司港から出船中の金比羅丸は、響灘に落とし込み釣りで出船。日によりムラあるが、エサ付き良い日はヒラマサ3~4kg交え釣る人で5尾。カツオやアカヤガラ、根魚など多彩な釣果が順調に上がっている。沖五目もマダイ、レンコ、イトヨリ、根魚などの良型が多い。夜焚きイカはブドウイカ交え順調に釣れている。釣果はFacebook「門司金比羅丸」で検索。

青物ほか多彩な釣果(提供:金比羅丸)

誠昭丸

9月30日、北九州市門司・片上港の誠昭丸は、響灘へ落とし込み釣りに出船。エサ付きは良好で、ヒラマサは110cmの大物筆頭に4~5kg主体で釣る人は6尾超え。メジやマダイ、ヒラメ、サワラ、根魚など多彩に釣れた。大型のバラシも多発中。夜焚きイカは、ブドウイカが多くなり、中型主体に1人20~30尾。サゴシやカナトフグ多く、予備の仕掛けは多めに。

ヒラマサ110cm超え筆頭にゲット(提供:誠昭丸)

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年10月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post【響灘】落とし込み最新釣果 16.5kg126cm大型ヒラマサなど青物堅調first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <冷酷よりいい>義父からの電話のせいで家族での外食は中止。イライラして旦那を無視している

    ママスタセレクト
  2. 星熊南巫(我儘ラキア)、圧倒的な世界観で迫るソロプロジェクト「DEATHNYANN」始動

    SPICE
  3. シャンプーズ、1stフルアルバムを2022年2月にリリース タワーレコード限定アルバム予約購入特典はライブ音源CD-Rに決定 『爆裂洗髪祭2022』第2弾アーティストを発表

    SPICE
  4. 飼い主の在宅ワーク明けは、愛猫の心のケアが大切って聞いたけど本当?

    ねこちゃんホンポ
  5. ORANGE RANGE、12/6(月)20時に“ORANGE RANGEからの特別なお知らせ”をYouTubeにてプレミア公開決定

    SPICE
  6. 崎村調理師専門学校 漆器に模様付け 生徒が伝統工芸を体験〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

    タウンニュース
  7. フレスコボールで繋がり強化 沼間3丁目自治会〈逗子市・葉山町〉

    タウンニュース
  8. SDGs推進の旗手目指せ 松下政経塾で全4回講座〈藤沢市〉

    タウンニュース
  9. 長津田 ラーメン自販機が出現 考案は肉フェスの創始者〈横浜市緑区〉

    タウンニュース
  10. MUCC逹瑯、ソロプロジェクト始動 アルバム2枚同時リリース&ツアー開催を発表

    SPICE