Yahoo! JAPAN

「メバリング」ステップアップ解説 表層巻きが効かない時の対応策

TSURINEWS

表層で食わないメバルを攻略(提供:TSURINEWSライター井上海生)

メバリングは表層の巻きがセオリーだ。しかしこの一辺倒では出ないことも多く、賢い魚なのでスレる。そこで試したいのが「止め」の釣りとマイクロメタルだ。

表層の巻きが効かない時期

メバルは夜になると表層に出てきてプランクトンやベイトフィッシュを表層に追い詰めて捕食する。目がいい魚なのでルアーを見切る特徴もあり、一度見たワームは二度と食ってこない。シーズンが進むとリリースメインの海では学習個体が増えてしまうのも、メバリングの難しさだ。さらに最近は個体数減で……とネガティブなことを並べるといろいろある。

とにかく表層の巻きというセオリーが近年とくに通用しにくくなっているように筆者は感じている。シーズン序盤の小型メインの時期や、厳冬期はなおのこと、本来は適水温になるはずの4月くらいも苦労する。もはや簡単な釣り物とは言い難い、のかもしれない。

では、そんな、なんだかんだで釣りにくいメバルを、どのようにしとめようか?

巻きを捨ててレンジキープ

まずは巻きの釣りを捨てる。メバルは巻きで横追尾か食い上げさせるのが一般的な釣り方だが、巻きの釣りは見切られやすい上に水中にベタッとつけてトレースしてくるラインを見られる可能性もある。つまりスレやすい。

そこで止めの釣りに切り替える。メバルにもプランクトンパターンは常にある。おそらく外灯周りでアジがいないときにぱしゃぱしゃとライズするのはメバルのプランクトンパターンだろう。事実そういうときに小さめのリグを放り込んで止めてやると食ってくる。

序盤のメバルを軽量リグで(提供:TSURINEWSライター井上海生)

止めの釣り、筆者は「レンジキープ」と表現する釣りだ。釣法は簡単で、その場の海の条件で表層から表中層まで入れ込める、ギリギリまで軽いヘッドを選んで(参考0.4g)、あとはキワに落としてふわふわと漂わせておく。あまりラインをベタッと水につけないように、コースは3m程度にしてサオは立て気味に操作するとバイトが出やすい。

基本的な所作はふわふわと漂わせておくだけなのだが、どれだけ軽いヘッドも振り子の要領で釣り人の手元に戻ってくるので、その分のラインスラックを張らず緩めずの状態にまで取る。あとはノーアクション、または軽いシェイクくらいでOKだ。

レンジを意識

メバルは表層だが、表層にも3つくらい細かいレンジがあるので、メバルがセレクティブなときにはそのように細やかにレンジを区切る意識は欠かせない。筆者は個人的に表中層と呼んでいる、0.8gくらいのヘッドで5カウント~8カウントくらい入れたところで、良型を連発させている。

カサゴになってしまうと底が近いか壁にタイトに打ちすぎているので、カサゴが釣れてしまったらレンジとコースの見直しをしよう。

ハードルアーならメタル

メバルは賢い魚でもっともナチュラルなリグのジグ単も見切る。難しいときにはハードルアーを試してみたい。ハードルアーならば筆者はマイクロメタルを推す。マイクロメタルはまだそこまで全国的に投げられていないルアーからだろうか、よくメバルが飛びついてくる。

マイクロメタルはチヌがヒットすることも(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ちなみに大阪湾周りではチヌがヒットすることもあるので注意したい。

表層の考え方を捨てる

メバルの狙いどころは表層と決め込んで釣ると苦労するものだ。漫然と表層を打って本来釣れるはずのメバルにプレッシャーをかけるよりも、レンジを入れたり止めの釣りに切りかえたりと、工夫して釣った方が確実に釣果は伸びる。

ストラクチャーから引きずりだした尺メバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

また定番のスリットやストラクチャー周りなどのいわば「怪しいところ」は、より徹底的にレンジと攻め方を意識してデカいのを出そう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post「メバリング」ステップアップ解説 表層巻きが効かない時の対応策first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【ニコットプレイランド】会場自体が迷路!? 各所にさまざまなゲームが待ち受ける

    日刊にいがたWEBタウン情報
  2. モノトーンコーデはシンプルな大判マフラーでシャレ感UP!

    mer
  3. 5世代が通う、赤羽『手打ら~めん 満月』。二代目が受け継ぐその味は和風スープに青竹打ち麺のラーメン

    さんたつ by 散歩の達人
  4. 琵琶湖の厄介者『外来水草』が堆肥に変身 瀬戸内のオリーブを救った?

    TSURINEWS
  5. チューリップハット、キャスケット、バケットハット… モデル愛用の【冬帽子】はコレ!

    mer
  6. 「おもてなし=ホスピタリティ」にあらず!ことばの背景にある「手厚い接遇」以上の深い意味とは?

    さんたつ by 散歩の達人
  7. 阿蘇でスプーンが曲がる不思議 信じられないスプーン曲げに挑戦!!

    肥後ジャーナル
  8. 「いちご×チョコ」の至福パフェ&スイーツ♪『タカノフルーツパーラー』のバレンタイン限定メニュー

    ウレぴあ総研
  9. 【激安】超オトク『肉寿司の食べ放題』!「ロングユッケ寿司」付きで衝撃の1500円♪

    ウレぴあ総研
  10. おいしく便利な『鍋キューブ』が大活躍!おすすめ3種を実食&“絶品アレンジレシピ”も紹介♪

    ウレぴあ総研