Yahoo! JAPAN

「ママトイレ〜!」映画中、子どもがトイレ!いつもクライマックスを見逃す私!でも大きくなった子どもたちが「ママのために」と…

ママスタセレクト

写真:ママスタセレクト

今日は家族みんなが観たがっていた映画を鑑賞する日。
公開すぐに観に行きたかったのですが、感染症の流行が落ち着くまで控えていました。そんな待ちに待った日がついにやってきたのです!

もちろん、上映前にトイレに行かせたり、上映中の水分補給を控えめにしたりして毎回対策はしているのですが、必ずといっていいほど、クライマックスの頃にトイレに連れて行くことになるのです。
今回も上映時間が2時間あったので、とても不安でした。
どう頑張ってもおそらく一度は席を立つことになるでしょう。迷惑にもなるしせめてクライマックスのタイミングではありませんように………。できれば行かずに済みますようにと祈りました。
最近の映画館では、家族であってもソーシャルディスタンスが義務付けられています。映画館のルールに則って縦方向に4列利用させていただきました。

上映時間も半分を過ぎ、迫力のシーンに手に汗を握りながらスクリーンに釘付けになっていると、ふいに後ろから肩を揺さぶられました。

なぜわざわざ長女とトイレに行こうとするの? 長女も後ろの席の騒ぎに気付き、一瞬席を立とうとしてくれたのですが……。実は長女、数日前から部活で負傷して脚を引きずっている状態だったのです。
「ねぇねはケガしてて無理だからね。お母さんと行こうね。」
そう小声で伝えると次女は納得し2人でトイレへ。
トイレを待つ間に改めて考えました。(甘えん坊でママっ子の次女が、わざわざ私を避けて姉と行こうとするのは不自然)……という事は……? もしかして……!

子どもたちの優しさと気遣いに感動してしまい、その場で涙がポロリ。その気持ちがなによりうれしい~。
余裕のない中でもその事を忘れずに実行してくれた次女にも愛おしい気持ちになりました。ちなみに三女はお構いなしにひたすらポップコーンをほおばっていました(笑)。
今回は結果的にクライマックスには間に合いましたが、子どもたちの優しさの方に感動してしまい、映画では泣けませんでした。幸せな気持ちで映画館を出ると、1番後ろに座っていた夫がつぶやきました。

少しは子どもたちを見習ってほしいものですね。
でもこの映画館で感じた子どもたちの優しさと気づかいは、どんな感動する映画より忘れられない思い出となりました。
※本エピソードは緊急事態宣言が出ていない時期のお話です。
文、イラスト・Michika 編集・木村泉

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 猫の発情期はいつ?知っておきたい対応策や去勢・避妊手術のこと

    PrettyOnline
  2. もしかして、ジョブズ...? 石川県の「禅の里」で座禅を組む、謎の石像の正体は

    Jタウンネット
  3. 淡路島のカリコ岬に、オーシャンビューが楽しめるベーカリーカフェがオープン

    TABIZINE
  4. 犬は『足の動き』で心理がわかる?4つの気持ちや注意すべき動きを解説

    わんちゃんホンポ
  5. 伊藤裕一、伊勢大貴、大高洋夫、佐藤アツヒロ出演の『楽屋―流れ去るものはやがてなつかしき―』が開幕 舞台写真が到着

    SPICE
  6. climbgrow、初の全国ワンマンツアー開催決定 全14公演の日程&会場を発表

    SPICE
  7. 猫の『顔つき』に影響を与える生活環境3つ!福相・貧相になる要因とは?

    ねこちゃんホンポ
  8. 【最新版】お酒にばっちり!ポテチ&スナック人気ランキングのおすすめTOP3!

    もぐナビニュース
  9. 鬼滅の刃・第2回人気キャラクターランキング…冨岡義勇、我妻善逸、竈門禰豆子がTOP3を占める結果に!

    ランキングー!
  10. スマホゲーム「はじめの一歩」キャストコメント第2弾到着!直筆サイン色紙が当たるキャンペーンが実施中!

    WebNewtype