Yahoo! JAPAN

北九州市立美術館分館で「画家たちの自画像 藤田嗣治から草間彌生まで」展 4月24日から

北九州ノコト

北九州市立美術館分館で「画家たちの自画像 藤田嗣治から草間彌生まで」展 4月24日から

4月24日(土)から、展覧会「画家たちの自画像 藤田嗣治から草間彌生まで」が北九州市立美術館分館で開催。日本近代洋画の巨匠や海外作家が描く自分自身の姿「自画像」が、油彩画を含め約80点出展されます。

笠間日動美術館(茨城県笠間市)が所蔵している、キスリング、シャガール、藤田嗣治、鴨居玲、梅原龍三郎、佐伯祐三などの自画像に、北九州市立美術館所蔵の今西中通、寺田政明、平野遼などを加えた構成です。また、今回特別に、都城市立美術館(宮崎県)に所蔵されている草間彌生の自画像も出展されます。

画家たちの心の内や生きざまが伝わる自画像展

写真左=モイーズ・キスリング《⾃画像》制作年不詳 油彩・カンヴァス 笠間⽇動美術館
写真右=佐伯祐三《⾃画像》1917年 油彩・カンヴァス 笠間⽇動美術館

自画像は、最も身近なモデルを使った人体表現の研究や、画家たちの内面を掘り下げるための手段として描かれてきました。これまでに多くの画家たちが自画像を描き、自身の分身を生み出しています。

一口に自画像と言っても、ポーズや表情をどうするのか、肖似性を捨ててデフォルメして表現するのか、写実性を重視するのかなど描き方や演出方法はさまざまです。実際に使われた手法を見ると、画家たちの心のうちや生きざまを強く感じ取れるとのこと。画家たちの人生を色濃く反映する自画像を観覧し、巨匠たちの新たな魅力を発見してください。

■展覧会名 「画家たちの自画像 藤田嗣治から草間彌生まで」
■会期 2021年4月24日(土)~6月6日(日)
■開館時間 10:00~18:00 ※入館は17:30まで
■会場 北九州市立美術館分館(北九州市小倉北区室町1-1-1 リバーウォーク北九州5F)
■観覧料 一般1000円、高大生800円、小中生600円

※2021年4月22日現在の情報です

(ライター・前原麻耶)

The post北九州市立美術館分館で「画家たちの自画像 藤田嗣治から草間彌生まで」展 4月24日からfirst appeared on北九州ノコト.

【関連記事】

おすすめの記事