Yahoo! JAPAN

かみやど[インタビュー後編]約束の場所O-EASTへの決意、そしてその先へ「この6人で大きな舞台に立ちたい……この6人ってことに絶対に意味があると思うので」

Pop’n’Roll

試練の1年となった2020年を経たかみやどの現在地とこれからを探るインタビューの後編。コロナ禍で活動が制限される中、メンバーの石綿なこが充電のため活動休止をした昨年の下半期を振り返った前編に続き、今回は1月1日に公開した新曲「キセキの唄」のMV撮影や、1月20日のTSUTAYA O-EAST公演の見どころ、そして今年の目標についてメンバーにじっくり語ってもらった。6人での活動を再開し、グループとしての結束をこれまで以上に高めたかみやどの未来に向けた想いの強さをお伝えしたい。

編集協力:村田誠二

“もう1回6人で頑張ります!”っていう意思表明の曲です(藤田)

──かみやどは、1月から6ヵ月連続新曲リリース配信という形で、楽曲追加型のミニアルバム『HRGN FINAL』を発売します。1月1日にリリースされた「キセキの唄」は、とてもエモーショナルなロックナンバーですね。

藤田:
なこちゃんが活動休止から戻ってきて6人になって初めての曲になりますけど、歌詞に“星が6つ集まり”って表現が入っていて、やっぱり6人でしか歌えない曲だなと思いました。昨日振り入れしたばっかりですけど、すごく熱い感じで、私たちが“もう1回6人でこれから頑張ります!”っていう意志とか覚悟が、この1曲でファンの方に伝わるんじゃないかっていう意思表明の曲ですね。

──確かにそうですね。この歌詞は、主語が男性になっていますよね?

藤田:
“俺”になってますね。なんで“俺”なのか、理由は聞いていないですけど、“俺”の方が力強くて熱い感じがより伝わるのかなと勝手に思ってます(笑)。

──(笑)。MVでは、古い駅舎や電車を印象的に使っていましたが、印象に残っているシーンは?

藤田:
私、電気が通ってなくてアイロン使えなかった想い出しかない(笑)。

全員:
あはは(爆笑)。

桜木:
だから、家でセットしてきた髪形を崩さないように、移動中も寝られなくて(笑)。

辻:
私は、最後の方で夕陽をバックに6人で歩くシーンがあるんですけど、日の入りが早くなってて、夕陽が綺麗に撮れる時間に間に合わせないといい映像が撮れないってことで、けっこうみんなで急いで準備したのが印象に残ってます。

高田:
ももは海が好きなんで、海で撮れたのが嬉しかったです。

──電車のシーンも含めて1日で撮ったんですか?

萩田:
はい。

──それは、かなりタイトな撮影だったんですね。

藤田:
朝も早かったですし。

萩田:
夕陽のタイムリミットもあって。

藤田:
電車も“実際の電車が出発してから終点に到着するまで何分間しかありません!”って感じで、ソロカットも“はい次、はい次!”って(笑)。

萩田:
外のロケで移動しながら撮るのは初めてでしたし。

藤田みゆ(かみやど)
辻ゆか(かみやど)

ライブを楽しむっていう初心を忘れずにやっていきたい(桜木)

──1月20日には、O-EASTでツアーファイナルを開催します。O-EASTといえば、もともとは1周年記念ライブの会場でしたが、コロナの影響で中止になってしまいました。今回は“約束の場所”というツアータイトルどおり、グループにとってすごく意味のあるライブになるんじゃないかと思うのですが、ライブ直前の今、どんな心境ですか?

高田:
さっき(インタビュー前編)桜木が“いろんなことを考えてしまって”って言ってましたけど、昨年最後の神戸(“太陽と虎”公演)の二部はスタッフさんから“楽しんでいってらっしゃい!”って言われて、実際、今までで1番くらい楽しんでできたんじゃないかなと思ってるんです。ファンの方も“ツアーの中で1番よかったよ”って言ってくださったり、泣いちゃってる方もいたりしたくらい、メンバーもみんな楽しかったし、いろいろ伝えられたのではないかと。でも、EASTはそれを超えなきゃいけないので、個人的にはさらに頑張らないとなって思ってます。(神戸公演では)出し切った感もありましたけど、ダメだったところや失敗したところもけっこうあったので。

桜木:
自分の気持ちとか楽しむ気持ちを忘れてたわけでも、楽しんでなかったわけでもないんですけど、頭で考えることが多すぎて、それをスタッフさんが気づいてくれたのか、“年内最後だし、5人体制も最後だから、楽しんでやるだけやってこい!”って言ってくださって。そう言われた瞬間に、確かに気持ちを出してライブすることを忘れてたなって気づいたんです。だから年末は、歌割り忘れても何でもいい、失敗してもいいって気持ちでやったら、すっごく楽しくて。その気持ちを思い出すことができて、考えすぎてた部分がポンッて吹っ切れたので、EASTに向けてその気持ちは忘れずにやっていきたいし、EASTだけじゃなくて、これからのライブ全部、その気持ちをファンの人に届けなきゃいけないなと思うので、そういう初心を忘れずにやっていきたいです。

──ウマく見せようと思いすぎて固くなっちゃうよりは、気持ちを出してパフォーマンスすることはやっぱり大事ですよね。具体的にEASTではこういうことをやろうって決めていることはありますか? 言える範囲で(笑)。

かみやどスタッフ:
曲数は今までで1番多くしようと思ってますので、ボリューム感は出ると思います。

桜木:
それ以外は口を閉じて……(と全員、マスクをしている口に両手人差指で×を作る)。

──では、リハーサルが大変ですね。

高田:
それこそEASTのセトリも、こうしたいああしたいってアイディアがいろいろ出ているので、楽しんでもらえるんじゃないかなと思います。

藤田:
あと、このツアーで初めて1日2公演をずっとやってきた分、みんなの体力が知らない間にめっちゃ上がってて(笑)。EASTのセトリを最初に見た時に、今までで1番曲数が多いのに、“え!? 多い……大丈夫かな!?”とは思わなくて、“あ、これくらいか”って(笑)。

全員:
あはは(笑)。

藤田:
だから、一昨年のWWWXの時みたいに、お客さんが“アンコール!”って言ってくれてるのに、“ハァ、ハァ、もう出られない……”みたいにはならない自信があります(笑)。

──(笑)。石綿さんは、1月13日の生誕祭でライブ復帰ですね。EASTの前に生誕祭だったり、大阪公演(1月16日・Shangri-la)もありますが、今どんな心境ですか?

石綿:
緊張しますね。自分が戻ることをみなさんに認めてもらえるかどうか、それをパフォーマンスで示す場所ですし、頑張らなきゃいけないなと思って今から緊張してます。

桜木こと(かみやど)
高田もも(かみやど)

もともと持っている強い個性をもっと出して、2周年に向かっていきたい(萩田)

──6人でのリハーサルを新年早々から再開しているとのことですが、6人に戻ってどういう感触ですか?

桜木:
普段のレッスンと本当に変わらないですね。

石綿:
私も変わらないです。でも4ヵ月離れている間は、同世代とか年上の方とばっかり接していたので、久しぶりに私より下の世代の子と関わると、本当に若くて(笑)、その感覚を久しぶりに思い出しました(笑)。

桜木:
そう! 最初、なんかニコ~ッていうか微笑みっていうか、変な顔してたんですよ(笑)。

石綿:
やっぱり若いんだわ~と思って見守ってました(笑)。

桜木:
ボソッと“女子高みたい……”って(笑)。

石綿:
元気だなぁ~と思って(笑)。

──(笑)。石綿さんは、その4ヵ月を経て今6人一緒にリハーサルをしていて、自分の中で成長を感じられましたか?

石綿:
常に身体は動かしていましたし、ツアーも一緒に回っているという気持ちだったので、EASTで一緒に完走できるように頑張りたいと思います。

桜木:
(石綿に向かって)ツアーが始まる時、なこちゃん、LINEでみんなに“明日からツアー頑張ろうね”って言ってくれたよね。だから、5人でステージに立ってたけど、6人で回ってる気持ちだった。神戸終わった時もLINEしたもんね、“年内最後の5人のライブが終わったよ。来年からは6人だから頑張ろうね”って。

石綿:
やっぱり嬉しいですよね。身内ですけどSNS見てたら、ここちゃんが“久しぶりの6人でのレッスン楽しかった~”って言ってくれてたり、休止期間中も桜木が“戻ってくるのを待ってるから”って言ってくれてて。その文章が、かみやどに戻ろうと思うきっかけの1つでもありましたし、本当にありがたかったですね。

──では最後に、今年のグループとしての目標、さらに個人の目標を1人ずつ聞かせてください。

桜木:
個人としては、去年は“可愛くなる”って目標で前髪を変えたりとか髪の毛を切ったり、服装を変えてみたり、いろいろ努力はしていましたが、2021年の目標は“自分を見つめ直す”。自分自身がどうしたいかっていう意志をちゃんと持って活動していきたいなと思ってるので、それが今年のグループの活動にもつながっていくだろうし、6人それぞれが個々を確立して、自分にしかできないパフォーマンスとか、ファンの方への恩返しをしていきたいなと思ってます。

高田:
個人的な目標としては、2020年は、ファンの方や応援してくださっている方を少しでも幸せにしたいと思っていながらも、逆にファンの方に想像以上に応援されすぎて、お返しができていないなと思っているので、2021年こそはみなさんの応援に見合った、それ以上の幸せとか元気とかを伝えていきたいです。グループとしては、それこそももだけの力では伝えきれないので、みんなの力を借りて一緒に頑張っていきたいなと思います。

藤田:
私は、2020年はツアー中に考えることが多くて、歌詞を飛ばさないようにとか、ここで移動を忘れないようにとか、次の曲はここでこうしなきゃ、ってことで頭がいっぱいで純粋に楽しめてなかったなって思うので、2021年はライブを楽しめるくらい余裕を持てるようになりたいです。グループの目標としては、なこちゃんが休止していた時期はシングルを出していなかったので、やっぱり“ひらがなかみやどは、こういうグループだ!”ってものを示すためにも、6ヵ月連続の新曲リリースなど、オリジナル曲をたくさん増やしていきたいなと。私たちの中では、今のところ「スーパーヒーロー」が勝負曲だと思ってますけど、それに勝る勝負曲をどんどん増やしていきたいです。

萩田:
私個人としては、来年20歳になるのでもうちょっと大人になりたいです(笑)。あとは、私、1つの目標を決めたらそれしか見えないくらい向かっていけるんですけど、その1つを決めるのにすごく時間がかかるので、もっとパンパンパンと決めて成長するスピードを早めたいです。グループとしては、リーダーも言ってましたけど、今オリジナルが少ないので、6ヵ月で6曲出して、かみやどがもともと持っている強い個性をもっと出して、2周年に向かっていきたいです。

辻:
個人的な目標は、私はけっこういろんな意見に左右されがちで、自分が本当に思っていることがわからなくなっちゃうことが多いので、自分がやりたいことを見つけて、自分の想いを素直に表現できるような1年にしたいです。グループとしては、今6人でできていることに感謝して、1つひとつのライブに魂を注いでやっていけたらなと思います。

石綿:
私は、普段から考えすぎてしまうところがあって、自分の絶対的な軸とか自信みたいなものが崩れてしまって、去年、活動を休止することになってしまったので、今年は自分にもメンバーにも気持ちを開放して活動しながら、自分が昔からずっと持っている軸、これは正しいって思うことはブラさずにやっていきたいです。グループとしては、今コロナだったりいろんな状況がありますけど、オーディションのことを考えると、“この6人”で大きな舞台に立ちたいですね……“この6人”ってことに絶対に意味があると思うので。

萩田ここ(かみやど)
石綿なこ(かみやど)
かみやど

<かみやど東阪tour2020-2021 ~約束の場所へ~>インフォメーション

東京 TSUTAYA O-EAST
2021年1月20日(水)
開場 17:15/開演 18:00

※修了公演は割愛

「キセキの唄」
2021年1月1日リリース

ミニアルバム『HRGN FINAL』
2021年1月1日リリース

【関連記事】

おすすめの記事