Yahoo! JAPAN

役所広司「後ろめたいことがあったから」自身の役について分析

フジテレビュー!!

役所広司さんが主演を務める映画「峠 最後のサムライ」の公開御礼舞台挨拶が、6月18日に行われ、役所さん、松たか子さんらが登壇しました。

この作品は、司馬遼太郎さんの長編時代小説「峠」が原作。幕末の動乱期、河井継之助のサムライとしての使命と、庶民を先導するリーダーとして、狭間で葛藤しながらも、強大な武力を誇る明治新政府軍に立ち向かっていく姿を描いた物語。

上段左から)AKIRA、榎木孝明、小泉堯史監督
下段左から)香川京子、松たか子、役所広司、田中泯

2018年の撮影後、コロナ禍の直撃を受け、3度にわたる公開延期を余儀なくされた本作。

役所さんは、「こんなにたくさんのお客さんに劇場に足を運んでいただきありがとうございます」と感激し、「宣伝部が一生懸命、3年半をかけて(プロモーションを行ない)、ようやく公開を迎えることができました」と、スタッフに対して感謝の言葉を口にしました。

役所さんは、演じた役について「家庭人としての河井継之助さんは、ほとんど家にいなかったけど、それでも妻のおすが(松さんの役名)は、継之助が家にいてくれるだけで楽しくてしょうがないという感じ。『亭主元気で留守がいい』という広告がありましたが、それとは全く逆で、とにかくそばにいてくれるだけで幸せなんですね。こういう夫婦関係を築いた継之助は、男としてもとても魅力的だったんだろうなと思います」と分析。

松さんは、「(役所さんが演じた河井は)目が輝いていて、その目でニコっとされると、男性も女性もこの人のために何かやりたくなる吸引力がある。どうしても目で追ってしまうチャーミングなところがあって、『ま、いっか』、『しょうがないな』となってしまう(笑)。ニコっとされると『はい』と言っちゃう不思議な魅力があるのかな、と思いながら眺めていました」と振り返りました。

これに対し、役所さんは、「後ろめたいことも、たくさんあったんでしょうね。だから、おすがの前ではニコニコ、キラキラした目で見たんだと思います」と語りました。

またイベントには、香川京子さん、田中泯さん、榎木孝明さん、AKIRAさん、小泉堯史監督が登壇しました。

映画「峠 最後のサムライ」は、全国公開中。
©2020「峠 最後のサムライ」製作委員会
配給:松竹、アスミック・エース

【関連記事】

おすすめの記事