Yahoo! JAPAN

犬がいつもより元気を無くしている時の原因3選 病気が隠れている可能性も

わんちゃんホンポ

犬が元気を無くす原因3つ

いつもはおいでと呼ぶとすぐに来るのに、今日は来ない。だとか、食欲がない、動きたくなさそう、ずっと寝ている、尻尾を振らない、などといった元気のない様子は、なんだかとても心配になってしまいますね。

愛犬が元気を無くしてしまうのはなぜでしょう。その理由は大きく分けて3つあります。

1.メンタルの低迷や、ホルモンバランス、疲労などによる不調
2.病気、ケガの症状
3.飼い主さんの思い違い

このうち、3つめの「飼い主さんの思い違い」というのは、いわゆる、取り越し苦労と呼ばれるものです。本当は元気なのにも関わらず、ちょっと心配し過ぎてしまった、という感じですね。

あまりにも毎度、毎度、大げさに捉えるのは考えものですが、愛犬の体調については、少し心配し過ぎるくらいがちょうど良いのかもしれません。子犬の時期やシニアに入ってからは、特にそうですね。

病気、ケガの症状

前述の3つの原因のうち、最も気を付けたいのが、2の「病気、ケガの症状」です。早期発見に越したことがないのは分かっていても、具体的にはどのようなものがあるのか、なかなか想像ができないものです。

ここからは、具体的な病気やケガの症状によって、元気が無くなっている様子の例をお伝えします。

1.動きたがらない

膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、関節炎のような骨関節疾患。また、椎間板ヘルニアなどの神経疾患、誤飲や胃捻転などの内臓疾患などが起こると、犬は強い痛みを感じるため、動きたがらなくなったり、元気が無いといった様子が見られます。

2.元気が無く、震えている

発熱、低血糖症、てんかん、中毒などが起きると、うずくまって震えることがあります。

3.食欲がなく、食べられない

食欲の低下は多くの病気に見られる症状です。痛みや体の震えを起こすような病気、ケガをはじめ、内臓にダメージがある場合や、便秘のときもそうでしょう。

他には首の痛み、また、歯周病や口内炎などによって、口腔内に痛みのある場合も食欲がないといったことがあります。

4.下痢、嘔吐

犬は嘔吐や下痢を割とよく起こす動物です。これは、毒素や異物を早期に体から排除するために、犬に備わっている機能です。しかし、胃腸炎のような消化器疾患や、感染症、熱中症などが原因という場合もありますので、元気を消失している場合やぐったりとしている場合は、早めに動物病院を受診してください。

5.眠り続ける(嗜眠)

こんこんと深く眠り続けることを嗜眠(しみん)と言います。大きな声や、体に刺激を与えないと起きない状態を指します。

単なる疲れや心地よい眠りの場合は良いのですが、例えば、甲状腺ホルモンの分泌が低下する病気などでも、眠り続けることが多くあります。

他にはこんなときに元気が無いことも

✔避妊、去勢手術後
✔ワクチン接種後
✔環境の変化
✔シニア期
✔精神的な落ち込み
✔気圧の変動によるもの

いつも気にかけていたい、愛犬の元気

動物病院を受診すると、診察の際に「今日はどうされましたか?」と聞かれたあと、必ずと言っていいほど獣医さんから質問されるのは「元気はありますか?普段と変わりないですか?」ということではないでしょうか。それほど、元気がある、無いというのは、病気やケガの原因を発見するための手掛かりとして、重要なものなのですね。

まとめ

元気が無いという症状は、ストレスや遊び疲れなど、病気以外が原因となることもありますが、病気やケガのサインかもしれません。飼い主さんが気を付けて、見逃さないように気を配ってください。

元気の無いときには様子をみるという選択もありますが、長引く場合や、痛みを訴える場合、食欲不振などがあるときは、動物病院での診察をおすすめします。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事