Yahoo! JAPAN

【母乳110番】離乳食が進まなければ断乳すべき、ではない理由

ウレぴあ総研

【母乳110番】の現場からお伝えする育児相談シリーズ「よくある質問」特集。

第4回は「食事の量が増えない場合は乳離れしなきゃダメ?」【母乳110番】代表で『おっぱいとだっこ』など多くの著書もある竹中恭子さんが、「離乳食」の“新常識”について解説します。

「おっぱいばかりで離乳食を食べてくれません」でも心配しないで!

――前回のインタビューでは「母乳トラブル」解決に関する“新常識”についてお伺いしました。目からウロコだった!というママも少なくなかったのではないでしょうか。

今日は「離乳食と断乳」について教えていただけるとのことですが、これにも“新常識”があるのでしょうか。またどうして今回、このテーマを選ばれたのでしょうか。

竹中恭子さん(以下、竹中):まず結論から申し上げます。「離乳食」が進まないからといって断乳する必要は全くありません。以前は「離乳完了」の時期について母子手帳にも書かれていましたが、いまではその記載もなくなっているはずです。

ちなみに本日お伝えしたい“新常識”は2007年、厚生労働省から指針として出されたものです。

――2007年?もう10年以上も前ですか。

竹中:だからコレ、実は全然、新しくないのね(笑)。

でも、どうしてあらためて“新常識”としてお話ししたいかといえば、【母乳110番】には相談件数が増える時期が二度ほどあって、グラフにするとふたつの山ができるのですが、一度目は産後まもなくの初期、授乳の仕方に関する相談。

そして二度目が生後5~6カ月から1~2才にかけての離乳食の相談。「離乳食」は0才から悩んでいるし1才になっても2才以降も、とにかく悩んでいる人が多いのが特徴です。

ママやパパの親世代、つまり赤ちゃんのおじいちゃんおばあちゃんの時代と現在では「離乳食」についての考え方がガラッと変わっています。

でも祖父母世代はどうしても自分たちの“常識”を「正しいもの」と思い込みがちなので、結果として“新常識”がなかなか広まらない、ともいえるかもしれません。

――実際には、どんなご相談が寄せられているのですか。

竹中:生後半年を過ぎた頃から「離乳食の量が増えないのですがどうすれば?」というお電話が急増します。

周囲から「おっぱいさえやめれば食べる量が増える」と攻撃される、また健診等で「断乳を勧められた」けれど「赤ちゃんはまだまだ欲しがっているのにどうしたら?」というような例もよくあります。

お食事の量が増えないからといって、赤ちゃんが「おっぱい大好き!」で、ママも「まだあげたいな」と思っているなら、無理やり母乳をやめる必要は全くないのに。

――では“新常識”に基づく対応とは、どのようなものなのでしょうか。

離乳食を始めても母乳は続けてOK!厚労省&ユニセフのお墨付き

竹中:厚生労働省や、母乳育児支援をしている産婦人科の先生方が勧めているのが「母乳を続けながら『補完食』という考え方でやってゆきましょう」ということ。つまり「“離乳”食」ではなく、あくまでも足りない栄養素を補う「“補完”食」として捉えましょう、というスタンスです。

UNICEF(ユニセフ=国連児童基金)とWABA(世界母乳育児行動連盟)も、母乳育児に関する「ゴールド・スタンダード」(理想的なあり方)として「最初は母乳だけ、その後もほかの食べ物を補いながら母乳を与え続けて育てる」ことを提唱しています。

たしかに生後6カ月以降は鉄分などが不足してくるので、それを補いながら、でも母乳をやめてしまうのではなく、音楽でいえば“伴奏”みたいな感じで、ずっと鳴っていても構わない、どちらも続けましょうという考え方です。

――おっぱいを伴奏として「補完食」と共に続けてもいいんですね。

竹中:子どもが泣いて欲しがる度におっぱいをあげていると「3回食の習慣がちゃんとついていないからだ!」と責められて、「時間を空けて、無理やりにでもご飯を食べさせなきゃダメ!」という意見が、特に上の世代では、まだまだ根強いところがあります。

この10年で母乳の知識も広まったので表立って言う人は減ったものの、残念ながら、まだまだ無理解な人もいます。そこで追い詰められるママが増え、離乳食の悩みと卒乳の悩みが1才台、2才台、それ以降でも続いてしまう。

――そんな“口撃”にも悩むママたちへ、メッセージをお願いします。

竹中:焦らなくても、いつかは「おっぱいだけ」ではなくなる日が来ます。

「本当に大丈夫でしょうか」と心配する私に、当時かかりつけの小児科医の先生がおっしゃった言葉をご紹介しましょうね。

「駅の改札口に立って眺めてみてください。あ、あの人は離乳食遅かったな、なんて分かりますか?いつまでもおっぱい飲んでいた人だな、なんて見分けつきますか?分かんないでしょ?

みんなご飯食べるようになって大人になっているワケで、その意味では離乳食って必ず金メダルが取れると分かつているオリンピックのようなものなんです。心配要りません」

――必ず金メダルが取れると分かっているオリンピックですか?!

竹中:はい。それ聞いてびっくりしましたけど、妙に納得しました(笑)。

ママと赤ちゃんが「おっぱい大好き!」なのであれば、自信を持って母乳育児を続けて大丈夫ということです。「離乳食が進まないから断乳すべき」では決してありませんし、厚生労働省もユニセフも「母乳はどうぞ続けて」と言っているのですから。

もちろん状況はそれぞれですから、断乳や卒乳のタイミングなんて、ママと赤ちゃんが決めてよいのです。メロディと伴奏のように「その後もほかの食べ物を補いながら母乳を与え続けて育てる」中で、成長してゆくので長い目で見てほしい。

大切なことは、決して周りから「無理強いされることではない」ということ。

パパも周りの方々もどうぞ“新常識”への理解を深めて、あたたかく見守っていただけるといいな、と思っています。

【取材協力】竹中 恭子氏

【母乳110番】代表・電話相談員。イラストレイター・ライター。1男1女の母。
『おっぱいとだっこ』ほか、著書・共著多数。『おっぱいとだっこ』は第9回ライターズネットワーク大賞受賞、近年は水彩画家「武蔵野つきこ」として『授乳美人』作品シリーズも発表。公式ブログも。

(ハピママ*/ちかぞう)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 虹コン、泥んこになりながら稲刈りに挑戦! 「“これが収穫か!”と感動し、楽しい気持ちになりました!」

    Pop’n’Roll
  2. 「うわぁかわいい!」ダックスパピーを見て超笑顔!ドラマのような超ホッコリシーンに癒された【動画】

    ダックスフンドライフ
  3. 熊谷健太郎、小松昌平、寺島惇太、仲村宗悟、深町寿成による男性声優5人組グループ「GOALOUS5」、テーマソングCD第2弾のジャケット、MV(Short Ver.)を解禁

    SPICE
  4. CY8ER[NATSUZOME2020 Legendライブレポート]“別れ”を意識したエモさあふれる熱演「ぶち上がっていくぞー!」

    Pop’n’Roll
  5. 加藤浩次、山本圭壱に“紗理奈と結婚”猛プッシュ

    ナリナリドットコム
  6. 熊本市電に3両編成の新型車両導入計画 朝夕ラッシュ時の急行運転も?

    鉄道チャンネル
  7. 星野源・長谷川博己・新田真剣佑・橋本環奈・浜辺美波が“全員先生”に 新TVCM「先生、5Gって知ってる?」篇が全国でオンエア

    SPICE
  8. Appare![NATSUZOME2020 Legendライブレポート]キラーチューンを連続投下したアクセル全開アクト!

    Pop’n’Roll
  9. 埼玉「おふろカフェutatane」サウナとお部屋でゆっくりする『ととのう旅』国内でフィンランド体験!

    おんせんニュース
  10. 大人なバナナジュースが話題!代々木公園「TREE by NAKED」

    WWSチャンネル