Yahoo! JAPAN

「主役交代でも淋しさはない・・ありがとうってだけ」声優・黒田崇矢、アノ当たり役への思いとは?

TBSラジオ

伊集院光とらじおと黒田崇矢と

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」

「伊集院光とらじおとゲストと」

1月21日のゲストは声優・黒田崇矢さんでした。

芸の道の最初は文学座だったという黒田さんですが、10代の頃からキックボクシングを志し体を壊してしまっていたとか。

そのからの声優転向について「体のことで撮影に穴を開けるようになってしまい、車イスでできる仕事を探してたんです。そんな時、声だったら体きつくないからやってみない?と声をかけられて・・」と、意外な声優業との出会いを聞かせて下さいました。

ゲームの名シリーズ「龍が如く」で主人公の桐生一馬を演じる黒田さん。

ゲームの収録は過酷で「段ボールひと箱分の台本がありました。ページをめくれどもめくれども終わらないんです(笑)」と明かしてくれました。

最新作「龍が如く7」では、主役の交代があったとのこと。しかし「不思議と淋しくはないんです。作品と役に対してはただ“ありがとう”ってだけですね」と、その愛情と感謝を披露。

劇場で最新作が観られる「夏目友人帳」が公開中。
物語のキーとなるキャラを演じる黒田さんに、シリーズの魅力を聞くと「今の時代にこそ観てもらいたい優しい作品です」とキッパリ答えて頂きました。
感染対策をキチンとして、ぜひ劇場へ!

◆1月21日放送分より 番組名:TBSラジオ「伊集院光とらじおと」

【関連記事】

おすすめの記事