Yahoo! JAPAN

129勝の日本ハム金子千尋と152勝の楽天・涌井秀章がベテラン右腕対決

SPAIA

日本ハムの金子千尋と楽天の涌井秀章,ⒸSPAIA

2014年に沢村賞、MVPに輝いた金子千尋が今季初登板


日本ハムのベテラン金子千尋が4日の楽天戦(札幌ドーム)で今季初先発する。プロ18年目の今季は二軍で3試合に登板して2勝0敗、防御率1.12。前回4月28日のイースタン・リーグ西武戦で69球を投げてから中5日での登板となる。

トヨタ自動車から自由獲得枠でオリックスに入団し、最多勝2回など輝かしい実績を残した右腕。2014年は最優秀防御率に加え、沢村賞、MVPにも輝いたが、日本ハム移籍後は2019年の8勝が最高で昨季は0勝4敗に終わった。

今年11月で38歳。往年の球威やキレを求めるのは酷だが、多彩な変化球を自在に操る投球術は健在だ。首位・楽天をこれ以上独走させる訳にはいかない。通算129勝のベテランが5連勝中の楽天に立ちはだかる。

2009年沢村賞の涌井秀章は今季2勝

一方、楽天の先発は涌井秀章。今季は4試合に登板して2報1敗、防御率4.09の成績を残しており、雨天中止の影響を受けて前回4月23日の西武戦から中10日でのマウンドとなる。

日本ハム戦は4月9日に登板し、5回8安打3失点ながら勝ち投手になっている。万波中正に一発を浴びるなど内容的には良くなかったが、味方の援護にも助けられた展開だった。

横浜高からドラフト1位で入団して18年目。今年6月で36歳になる。金子が最多勝2回なら涌井は4回だ。西武時代の2009年に沢村賞に輝くなどプロ通算152勝を挙げている。

チームは5連勝中だけに、ベテラン右腕対決に投げ勝ってゴールデンウィークに首位固めといきたい。目の肥えた野球ファンを熱くするような円熟の投球術が期待される。

その他の試合の予告先発は以下の通り。

【セ・リーグ】
DeNA・大貫晋一-中日・岡田俊哉(横浜)
阪神・秋山拓巳-ヤクルト・石川雅規(甲子園)
広島・九里亜蓮-巨人・戸郷翔征(マツダスタジアム)

【パ・リーグ】
西武・松本航-ロッテ・河村説人(ベルーナドーム)
ソフトバンク・東浜巨-オリックス・宮城大弥(PayPayドーム)

【関連記事】
・プロ野球AI勝敗予想
・日本ハム今川優馬「新庄イズム」受け継ぐスター候補が赤丸急上昇
・パ・リーグ球団別週間MVP、オリックス吉田正尚が12球団トップ、日本ハム今川優馬も大暴れ

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事