Yahoo! JAPAN

「税金を取るなら使い方をもっと精査して。民間ならありえない予算が目立つ」 高い税率に怒る高所得層

キャリコネニュース

頑張っても報われない

全国の平均世帯年収は、552万円(2019年厚生労働省調べ)という調査結果がある。世帯年収1200~1400万円は、全国平均をはるかに超える高所得世帯だ。しかし同世帯収入層のキャリコネニュース読者からは、

「『切り詰める』感覚はなく暮らせているが、全然『お金持ち』ではない。老後の貯蓄をしながら無駄遣いせず、『普通』の暮らしだと思っている」(秋田県/40代後半/女性/既婚/金融・保険/契約社員/世帯年収1300万円)

といった声が寄せられている。また、高所得ゆえの「高い税金」や「子育て・医療費支援の所得制限」に対し怒りの声が集まっている。(文:コティマム)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

世帯年収1200万円の夫婦「なんのために共働きしているかわからない」

福岡県の50代女性は世帯年収1200万円。3人の子どもを育てているが、「幼稚園も高校も補助金なし。主人が頑張って働いてくれても、税金が高くなるばかり。頑張っても報われない」と嘆く。

神奈川県の40代女性は共働きで、世帯収入は1200万円。子どもは1人だ。「高い税金と、教育費や医療費の助成に関する所得制限は不公平」と感じている。

「旦那の年収は850万円以上。子どもの医療費や高校の学費にお金がかかる。せめて、子どもにかかるお金は年収関係なく、無償にしてください。なんのために共働きしているかわからない」

せっかく共働きで世帯収入が増えても、取られるものだけ取られ、自分の子どもは恩恵が受けられない現状。女性は「高所得だからお金に余裕があると思わないでほしい」と訴える。

「家庭にはそれぞれ事情がある。所得で決めるのではなく、全世代の子どもが公平に教育を受けられるようにしてほしいです」

世帯年収1300万円の女性「さまざまなことを犠牲にして年収を上げてきた」

富山県の40代男性は、世帯年収1300万円で2人の子を持つ。男性は「普段の生活で我慢することはない」というが、「税金などの控除額が多いこと、公的な補助の対象外になることには不満があります」と語る。

「税金については、使い方をもっと精査してほしいです。民間企業だったらありえない、明らかに無駄な予算がついている案件が目立ちすぎる。補助の対象外については、税金を多く払っているのだから支援は同等に施すべき。高収入世帯はごく一部だろうから、そこをケチってどれだけの効果があるのか疑問。そんなことよりも税金の無駄遣いをやめたら?と思う」

大阪府に住むパート勤務の40代女性は、世帯年収1300万円で子ども2人を育てている。「生活していくうえでの不自由は感じません」というが、やはり「税金が高いことと、子どもの医療費が3割負担なこと、児童手当を満額もらえないことが不満です」と明かす。

また女性は、キャリコネニュースの記事を読み、「『年収1000万円くらいあるなら子どもの医療費を払って当然』と言われていたことに腹が立ちます」と憤る。

「私たち夫婦は、これまでさまざまなことを犠牲にして年収を上げてきたんです。子どもたちにも寂しい思いをさせたし、楽をして今の年収を得ているわけではありません」

努力して世帯収入を上げてきたからこそ、税金の恩恵を受けられないことに憤りを感じる女性。高所得者を冷遇する制度には納得がいかないようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事