Yahoo! JAPAN

騒動の舞台、山口県阿武町はどんな地か_騒ぎとは対照的にのんびりうららか居心地いいところいっぱい

鉄道チャンネル

新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金 463世帯分 4630万円を誤って1世帯に振り込み、毎日ニュースで報じられている山口県阿武町(あぶちょう)。

その騒動の舞台、阿武町はどんな地か。

まず阿武町役場の最寄り駅は、山陰線 奈古駅(なごえき)。

画像は、鉄道チャンネル 人気連載シリーズ「【木造駅舎カタログ】山陰本線09/109 奈古駅」で住田さんが撮影した2020年夏の風景(下の写真2点も同様)。

山陰線 長門大井(山口県萩市)~奈古は、海岸沿いぎりぎりを行く絶景区間。

かつては急行 さんべ ながと といった定期優等列車も走っていたけど、益田(島根県)~下関の間はいま、不定期快速「〇〇のはなし」をのぞくとローカル気動車が数本走っているのみ。

でも、いいところもいっぱい

奈古駅から歩いて10分の海沿いには、道の駅発祥の地といわれる道の駅阿武町や、「日本海温泉・鹿島の湯」などもあって、山陰線ゆっくり鉄道旅では、降りてみたい駅のひとつ。

奈古駅前にも駅前食堂があったり、ちょっと歩くとカフェや定食屋も。

ちょっと足を伸ばすと、筒尾海水浴場があって、夕方の列車までテントを張ってのんびり過ごすのも、いい。

◆【木造駅舎カタログ】山陰本線09/109 奈古駅
https://tetsudo-ch.com/11743506.html

◆JR美祢線を走るキハ120形 記念ラッピングデザイン募集 2024年に全線開通100周年
https://tetsudo-ch.com/12414876.html

◆山口宇部空港を利用する鉄道好きの「ちょっとうれしい楽しいアクセス時間」
https://tetsudo-ch.com/12387057.html

【関連記事】

おすすめの記事