Yahoo! JAPAN

井上小百合[イベントレポート]子ども時代の自分にメッセージ「もっと勉強頑張れ!って言いたい(笑)」出演映画『ラストサマーウォーズ』舞台挨拶にて

Pop’n’Roll

©「ラストサマーウォーズ」製作委員会

映画『ラストサマーウォーズ』が、本日6月25日(土)にユナイテッド・シネマ入間にて先行公開記念舞台挨拶を開催。

同イベントには、阿久津慶人、井上小百合、長妻怜央(7ORDER)、櫻井淳子、デビット伊東、宮岡太郎監督が登壇した。

本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

同作は、狭山茶の主産地として有名な埼玉県入間市を舞台に、小学6年生の映画好きな男の子が、想いを寄せる女の子の引っ越しが決まったことをきっかけに、彼女をヒロインにした自主映画作りをスタートさせようと奮闘する青春ジュブナイル映画となっている。

主人公の宮竹陽太役を演じる阿久津は、オーディションで主演が決定した際の様子を聞かれると“今まで主役とかやっていなかったので「やりたいなあ」と思っていて、このオーディションを主役で受けて、家に帰って「合格しました」って言われた時は、初めての主役で、しかも映画ということでめっちゃ嬉しくて、叫び回って発狂して失神しそうになりました”と打ち明けて(笑)を誘った。また、同作のストーリーと同様に、もし自分が映画を撮るならどんな作品を撮りたいかと質問されると“大人でも怖がるようなめっちゃ怖いホラー映画を撮ってみたいです”と意外な答えをして驚かせた。

地元・埼玉県出身の土方先生役を演じる井上、陽太の父・宮竹宏役を演じる伊東、陽太の母・宮竹晴子役を演じる櫻井の3人は、出演オファーを受けた際の心境を尋ねられると、井上は“めちゃめちゃ嬉しかったです。地元に貢献できるというのと、出身が同じ方々と一緒にお仕事ができるというのが嬉しかったです”と声を弾ませ、伊東は“ふたつ返事ですぐ答えました。ただ内容を見て「ちょっと違うんじゃない!?」って。お父さん役なんだと思って……”とユーモアを交えてコメント。櫻井は“もちろん嬉しかったんですけど、私は鶴ヶ島市出身なので、「入間市出身じゃないのに大丈夫かな」とは思いました。でも呼んでいただけてありがとうございました”と笑顔を見せた。

陽太の兄・宮竹匠役を演じた長妻は“映画というものにほとんど携わってこなかったんですけど、埼玉の作品ということで、茨城代表として来させていただきました”と述べて、伊東から“それは別に言わなくていいと思うよ”とツッコまれたが、長妻は“すごく温かい方ばかりで、茨城代表としては……(笑)。ありがたく歓迎していただきました”とボケを重ねて笑いを誘った。

撮影時の想い出を聞かれると、井上は“阿久津くんは最初、人見知りなのかなと思ったんですよ。リハの時から寡黙で、「小学生なのに大人っぽくてしっかりしているな」と思ったんですけど、意外とロケバスの中とかでゲームの話で盛り上がっていたり、「これあげる」って言って「はい、ゴミ!」みたいなことをしてきて、「ちゃんと子どもなんだ!」って思いました。一緒にお弁当を食べたりした時間が楽しかったです”と目を輝かせ、伊東より“先生のこと、ちょっと下に見てたでしょ”と声を掛けられた阿久津は“ちょっとしたいたずら心です”と答えた。

長妻は“家族団欒のシーンがあったんですけど、僕は大人になってから1人暮らしをしているので、久々の団欒で嬉しかったんですよね。お芝居されているデビットさんと櫻井さんがあまりにも自然すぎて、本当に家族のような気持ちになってちょっと嬉し涙が出そうでしたね”と感慨深げに語ったが、櫻井は“(家族みんな)よくしゃべっていましたね。ただ3人が仲よくしゃべっていて、私だけ1人ぼっちなイメージがあります”と口をとがらせた。

同作の内容にちなみ、夏休みの想い出や、子どもの頃の自分に声をかけられるならどんな言葉をかけたいかを聞かれると、井上は“私は男兄弟で育ったので、とにかく夏休みが大好きで、ずっと外で遊んでいたんです。なので「もっと勉強頑張れ!って」言いたいです(笑)。もうちょっとやっておけばよかったなと思います”と苦笑。

長妻は“上半身裸で遊んでいたんですけど、蚊に背中を冗談抜きに100ヵ所くらい刺されて、そこから蚊がどうしても嫌いで、蚊を見たら絶対に倒そうという気持ちなんですけど、それがなかったらもうちょっと心優しくいられたのかなと思います”と告白。撮影中に阿久津ら子役たちと虫取りをして遊んでいたそうで“カマキリとかをみんなで捕まえましたね。僕も田舎っ子だったので、そういう遊びをしていました”とニッコリ。伊東から“カマキリは大丈夫なの?”と声をかけられると、長妻は“カマキリは大丈夫ですけど、蚊はちょっと……”と語り、伊東は“思い出させちゃったね。ごめんなさい”と謝罪した。

最後に、締めのコメントを求められた阿久津は“僕たちが頑張って9月の猛暑に作ったので、この舞台挨拶を機にSNSなどで拡散していただいて、いろんな人に知ってもらえたら嬉しいです”とお願いし、井上は“この映画は子どもたちが夢を追いかけて頑張る姿が素敵なんですけど、映画を撮影している子どもたちと、役の子どもたちがリンクしていて、今日、撮影ぶりに再会したんですけど、みんな身長が伸びていて、成長していて、担任の先生の気持ちで「みんなが夢に向かって現実世界でもお仕事して頑張っているんだ」と思うとグッとくるものがありました。みなさんにとってもこの映画でちょっとでも心にグッとくるものがあって、「頑張ろうかな」と思ってくださったら嬉しいです”とアピールした。

©「ラストサマーウォーズ」製作委員会

映画『ラストサマーウォーズ』

6月24日(金)よりユナイテッド・シネマ入間先行公開
7月1日(金)より新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

出演:阿久津慶人、飯尾夢奏、羽鳥心彩、松浦理仁、小山春朋、上田帆乃佳、井上小百合、長妻怜央(7ORDER)、デビット伊東、櫻井淳子
監督/企画/編集:宮岡太郎
脚本:奥山雄太
撮影:古谷信親
照明:加藤祐一
録音:大野裕之
助監督:田中章一
制作担当:香川智宏
美術:佐々木健一
衣裳:平田実香、深野明美
ヘアメイク:和気れいな
プロデューサー:金丸千尋
協力プロデューサー:保坂慎一郎
音楽:中村巴奈重
主題歌「ラストサマーフィルム」はたゆりこ
協力:埼玉県入間市、入間市教育委員会、入間市文化創造ネットワーク
アソシエイトプロデューサー:真夜中のサイクリング、なあちゃん、こっまちゃい、水口崇裕、ゆり、ひなめこ
制作:映画「ラストサマーウォーズ」製作委員会(啓和運輸、住協、入間さんま祭り実行委員会、徳竹正彦、コスモ・スペース、M×2films、吉沢建設、司産業、水村雅啓、テレ玉)
後援:入間市観光協会、入間市商工会、入間青年会議所、入間ロータリークラブ、入間南ロータリークラブ、入間ライオンズクラブ、入間市工業会
協賛:エヌエスティ・グローバリスト、徳竹茂男
コロナ対策協力:アナライザー吉岡
2022年/80分/カラー/日本/ステレオ/シネマスコープ
配給:「ラストサマーウオーズ」製作委員会

■あらすじ
ボクのヒロインになってください!

小学6年生の内気な映画好き男子・陽太は、同級生の女子・明日香にひそかに想いを寄せていた。そんな明日香が急に引っ越すことが決まり、動揺を隠せない。

“そうだ、彼女をヒロインにした映画を作ろう!”

思い立ったものの、陰キャな彼をサポートしてくれる友達はいない。映画好きな担任の土方や陽太の兄が相談に乗ってくれて、気づけば、ちょっとキャラ強めではあるけれど、愉快で才能に溢れた同級生5名が仲間になっていた。つまずきながらも、スマホアプリやSNSなど令和テクノロジーを駆使して撮影は進んでいく。しかし子供だけでの撮影は危ないと親たちの妨害や事故が発生してしまい……。映画を完成させて、初恋の明日香を笑顔にすることはできるのだろうか?

©「ラストサマーウォーズ」製作委員会

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 今季5度目の猛打賞で8月打率.377!ロハスの8号3ランに佐藤輝明の適時打呼び込むなど2死から試合を動かせる男に成長した阪神の救世主とは!?

    ラブすぽ
  2. 平野紫耀(King & Prince)が“詐欺師を騙す詐欺師”クロサギに!  金曜ドラマ『クロサギ』10月スタート!

    TBS Topics
  3. 『目黒区美術館』のカフェ/ラウンジはボランティアが運営。お財布にやさしい本格コーヒーで休憩を

    さんたつ by 散歩の達人
  4. 教師や保育士、親の「集金業務」負担を軽減! ペーパーレス化を叶えるSaaS「エンペイ」

    ENILNO
  5. 好きな「月9ドラマ」ランキング

    ランキングー!
  6. 高校野球でもプロでも輝いたスター選手ランキングTOP10

    ランキングー!
  7. お灸のように温めながら肩をグリグリ! アテックス「グリグリ温灸」が想像以上に気持ちいい

    価格.comマガジン
  8. 【出荷開始】「あんばい農園」の完熟・適熟生落花生 SDGsな栽培で、唯一無二のブランドへ

    ソトコトオンライン
  9. 【Excel】なんか変!入力した日付が5桁の数字になる原因は?

    特選街web
  10. 松本白鸚「生涯で一番嬉しい誕生日になりました」~ミュージカル『ラ・マンチャの男』幻のファイナル公演が23年に復活

    SPICE