Yahoo! JAPAN

24時間の出来事『セールスマンの死』を段田安則、鈴木保奈美、福士誠治、林遣都らで

エンタステージ

24時間の出来事『セールスマンの死』を段田安則、鈴木保奈美、福士誠治、林遣都らで

2022年4月にパルコ・プロデュース2022『セールスマンの死』が、東京・長野・京都・愛知・兵庫・福岡で上演されることが決定。出演者には、段田安則、鈴木保奈美、福士誠治、林遣都、前原滉、山岸門人、町田マリー、皆本麻帆、安宅陽子、鶴見辰吾、高橋克実が名を連ねた。

『セールスマンの死』は、アーサー・ミラー作、エリア・カザン演出により1949年ニューヨークで初演されてから742回上演されるという、当時としては画期的なロング・ラン公演となった。トニー賞、ニューヨーク劇評家賞、ピューリッツア賞などを軒並み受賞し、近代演劇の金字塔とも言われている。

描いているのは、ある男が帰宅した月曜日の深夜から、自ら命を絶つ火曜日の深夜まで、まわずか24時間の出来事。わずか24時間の中に、初演当時としては斬新だったフラッシュバックの手法で、ウィリーやまわりの家族の過去の記憶が巧みに織り込まれ、演劇ならではの展開をみせていく。静かな衝撃をもたらす妻の独白も印象的な作品となっている。

今回、演出を担当するのは、英国有数の劇場で数々の演出作を手がけ、本作と同じくアーサー・ミラーの『プライス(対価)』が評判となり、日本では2020年にサイモン・スティーブンスの新作戯曲『FORTUNE』のワールド・プレミアを手掛けたショーン・ホームズ。

主演の段田は、65歳の節目に満を持してウィリー・ローマン役に挑む。また、ウィリーを支える妻リンダ役を演じる鈴木は、本作が25年振り2回目の本格的舞台出演となる。

パルコ・プロデュース2022『セールスマンの死』は、2022年4月に東京・PARCO劇場にて上演後、松本・京都・豊橋・兵庫・北九州を巡演予定。


パルコ・プロデュース2022『セールスマンの死』

上演スケジュール

【東京公演】2022年4月PARCO劇場
※松本、京都、豊橋、兵庫、北九州公演あり

スタッフ・キャスト

【作】アーサー・ミラー
【翻訳】広田敦郎
【演出】ショーン・ホームズ

【出演】
段田安則 鈴木保奈美 福士誠治 林遣都/前原滉 山岸門人 町田マリー 皆本麻帆 安宅陽子/
鶴見辰吾 高橋克実

【配役】
ウィリー・ローマン(63歳、かつては敏腕のセールスマン):段田安則
リンダ(ウィリーの妻):鈴木保奈美
ビフ(ウィリーの長男):福士誠治
ハッピー(ウィリーの次男):林遣都
バーナード(ビフの友人、弁護士):前原滉
ハワード・ワグナー(ウィリーの上司)/スタンリー(バーのウェイター9:山岸門人
女(ウィリーの顧客):町田マリー
ミス・フォーサイス(ハッピーの女友達)/ジェニー(チャーリーの秘書):皆本麻帆
レッタ(ミス・フォーサイスの友人):安宅陽子
チャーリー(ウィリーの友人、バーナードの父):鶴見辰吾
伯父ベン(ウィリーの兄):高橋克実

【関連記事】

おすすめの記事