Yahoo! JAPAN

宮古島で沖縄三大高級魚『アカマチ』爆釣 ヒットエサに偏りあり?

TSURINEWS

沖縄三大高級魚のひとつ「アカマチ」(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

珊瑚礁に浮かぶ宮古島、緊急事態も明け観光客はかなり戻ってきて街も活気が出てきている。今回は友人漁師のお手伝いに遠征した沖縄三大高級魚の一つであるアカマチ釣りをご紹介しよう。

沖縄三大高級魚

『アカマチ』は癖のない白身の魚で高級料理店を中心に扱われており、全国的にはハマダイと呼ばれるフエダイの仲間で、宮古島では深海のルビーとも言われている。

沖縄三大高級魚のひとつ「アカマチ」(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

その他、ベラの仲間であるシロクラベラは『マクブ』と呼ばれ比較的浅い岩礁碓で釣れる白身の魚、そして全国的にも有名なハタの仲間であるスジアラは『アカジンミーバイ』の3魚種が「沖縄三大高級魚」と呼ばれている。

食べ方として刺身はもちろんの事だが、私はマース煮と呼ばれる泡盛とマース(塩)だけで煮た素朴な味わいの煮つけが至福の時を与えてくれる。マクブ釣りは行った事は無いが、アカジンミーバイはサンゴ礁の上でジギング、大好物のオジサンの泳がせ釣りで大物も狙える。

アカマチ釣りのタックル&仕掛け

竿はマッドバイパー深海H195、リールもシーボーグ1200MJに10号900mを巻いての釣行とした。推奨では8号800mではあるが、PEラインを水に浸しておき、リールに水を含んだ布をかけ、高温リミッターに何度か阻まれながらにはなるが巻くことは出来る。

仕掛けは、共にナイロンラインでハリス30号を1m、幹糸は50号2.5m、太軸23号ムツバリの5本、オモリは潮にもよるが600号。

タックル&仕掛け(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

そして直結で写真のキーパー横に写っている青いプラスチック製コマセカゴを、改造して付ける。改造といってもぶつ切りのコマセが出るように穴を広げ、直結に耐えられるように中に通すナイロンラインを60号、両端のスイベルを大型のベアリングタイプにしただけだ。前回同行した際に写真を撮って今回自作した。私は良いものは取り入れる主義なのだ。

つけエサの考察

漁師によれば、アカマチ釣りにはシビとかメジなどと言われている漁で捕れた小型のキハダマグロのぶつ切りが良いという。身は薄切りではなく、三枚おろしにしてエサのサイズに切り分けただけで、さすがに長年の実績からか漁師は安定した釣果が得られており、鉄板のエサの様だ。

一方、筆者は持参したキンメ用に加工したサバ、カツオのハラモ、アナゴ、イカを使った。漁師は筆者のエサに対して、サバは食う、イカは食わない、その他は知らないとのことであったが、やはりサバはメジと同じくらいの釣果は得られたが、交互に付けてもサバのみで、その他のエサには見向きもくれず、ダブルのアカマチもサバのみでその他のエサを避けて釣れていた。

脂分が少ないエサが吉?

大変面白い結果として、サバでも腹側の脂が多い部分は避けていることが釣行からわかった。南国の脂分が少ない魚にはサバの白い部分やカツオのハラモはお口に召さないようだ。

また漁師からイカについて、付けエサでは食わないが、アカマチのフンがイカ墨で黒い時があり、お腹からイカが出てくることもあるということで、食していることは理解しているが、何故付けエサに食わないのかはわからないようだ。

シビ、サバのぶつ切りが勝者となったが、初物は口にしないのかご当地にいないものは食わない結果であったようで、今後の参考としたい。

サバエサでアカマチ好釣

真っ赤に染まる朝焼けと共に出港した漁船、大漁を祝うかのように連日の強風から一転、とても穏やかな漁となった。行きは北の追い風で珊瑚礁の浅場でも船が揺れないほど。しかしさすがに11月、ウインドブレーカーを着た。

漁師のポイントなので詳しくはお伝え出来ないが、宮古島から西沖の水深300m少しが漁場になっており、一時間程度の航行でエンジン音が止んだ。

高級魚もキハダマグロもコロナ禍では観光客も少なく、需要と供給バランスが崩れ、驚くほど安値のキロ単価で取引されていたが、観光客が戻ってきたこの時期はキロ単価も上がり漁師にとっても大きな収入源となるので、足を引っ張らない様にしなければいけない。

幸い筆者は深場もかなりの数はこなしているので足手まといにならず、今回は漁師とのガチンコ勝負となった。

クーラーいっぱいの釣果を得た(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

カゴにはアミコマセとシビのぶつ切りを入れたコマセカゴを付け、漁師に負けないようにアカマチは釣り上げてはいるが、こちらはサバしか食わず、サバエサが尽きるとピタリとアタリが無くなってしまった。その後、潮も効かなくなり、ツノザメが釣れ出した。このツノザメ、唐揚げにしてみるとこれがとても美味しいのだ。

アオダイ狙いに転戦

日中は釣れないアカマチに変わり、今度はマイナー魚ではあるがこれも白身の高級魚であるアオダイ狙いと漁場移動なった。

こちらは一転、サバの腹身やイカも食べ、強烈なアタリはタイクチャーと呼ばれているオオグチイシチビキであった。

その後、アイノコと呼ばれるオオクチハマダイ、ビタロウと呼ばれるフエダイ系や、圧巻な通称ケミカルミーバイと呼ばれるなんとも奇妙なアカイサキの様に色鮮やかな魚などが追加となった。

夕方に好調であった朝方のアカマチポイントに戻ったがあまりパッとせず、やっと出たアタリはサメに持っていかれてばかりで、サメへのショバ代を支払い納竿となった。

40kg超の収穫

ガチンコ勝負の結果はエサの差だったということにしておきたい。

モンブラン号(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

イグルーの156Lクーラーいっぱい40kgオーバーの収穫での帰路についていると、黄金色の夕日に染まるのはサンセットクルーズ中のモンブラン号あった。釣り人は釣りも景色も堪能できる特権であるとつくづく夕陽を堪能しながらの帰港であった。

「競り」にドキドキ

翌朝は競りに同行し、水揚げしたアカマチはその日一番の大漁であった。前日の水揚げが続々と並び仲買人が品定めしている。

競りに参加した(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

お手伝いとは言え、自分の釣った魚が競り落とされる体験はなかなかできるものではなく、ドキドキしながらやり取りを見守っていた。やはり需要も多くなっているからだろう、良い値でセリ卸されていた。

南国の深海釣りは未開拓

宮古島の複数の漁師と話をしているが、正直500m以上の深海の開拓はあまり行っていないようで、まだまだ未開拓の感がある。本格的な深海の開拓を行えば新たな深海のロマンが生まれるかもしれない。

また、尖閣諸島に何度も漁に出かけている漁師の話では、『あそこはパラダイス』だという。海流が早く4.3ktだったとか、魚は鹿児島で釣れる魚が多いとかその他とても興味あるお話も色々と聞いているが、それより安心して一日も早く往来を自由に出来ることを切に祈りたい。

<前島宣秀/TSURINEWSライター>

The post宮古島で沖縄三大高級魚『アカマチ』爆釣 ヒットエサに偏りあり?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 北九州のフリーペーパー『雲のうえ』最新号配布開始 テーマは「心の風景」

    北九州ノコト
  2. SKE48 末永桜花出演、ヘヴィメタルバンド・OUTRAGEデビュー35周年記念プロジェクト映画『鋼音色の空の彼方へ』公開決定+ポスタービジュアル、場面写真、予告編映像解禁!

    Pop’n’Roll
  3. 平安時代より真言、天台の密教寺院で行われている法会 門戸厄神東光寺の『星祭(節分)』西宮市

    Kiss PRESS
  4. 長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」はマツケンサンバ!?「いつか松平健さんと踊りたい」

    フジテレビュー!!
  5. 愛媛県出身の好きな芸能人ランキング

    ランキングー!
  6. なぜ大人になると友達作りがヘタになるのか、オッサンになってやっとわかった

    Books&Apps
  7. <ステップファミリー>「子どもファースト」目指す!気持ちに寄り添う【まんが:パパの気持ち】

    ママスタセレクト
  8. NFT市場が急拡大する理由|企業、ユーザーはなぜ相次ぎNFTに参入するのか

    Marketing Native
  9. 離婚報道にショックを受けた有名人ランキング~2021年~

    gooランキング
  10. シングルマザー子連れ沖縄旅行紀① 女優・柴田千紘の沖縄めぐり

    HUB沖縄