Yahoo! JAPAN

夫のビジネススーツ「真っ黒」はNG?ビジネススーツのマナーとは

saita

夫のビジネススーツ「真っ黒」はNG?ビジネススーツのマナーとは

ビジネスシーンで身だしなみを整えるのは、重要と考える方も多いかと思います。夫が着ているスーツが「失礼はないだろうか」「一般的だろうか」「場違いでないだろうか」など不安になること、ありませんか?

クイズ:ビジネスシーンで「夫が着用するスーツ」真っ黒はNG?

www.photo-ac.com

「ビジネススーツの色は、どんな色が適している」と聞かれたら、どのように答えますか
実は真っ黒はビジネスシーンには適していないのかも?
正しい知識をインプットしましょう!

答え:「黒のスーツ」をビジネスシーンで着るのは日本の文化

www.photo-ac.com

日本では一概に「黒いスーツ」が”間違い”とは言えないようですが、ビジネススーツを選ぶときは黒いスーツは避けた方が適しているようです。

なぜ、黒いスーツはビジネスシーンで避けた方が適しているのでしょうか。
黒のスーツはもともと、冠婚葬祭のために考案されたモノということが挙げられます。黒というのは、喪服やタキシードに使われる色という認識があり、実際、海外ではパーティーなどフォーラムな場のみで使用され、ビジネスシーンでは黒のスーツは着ないようです。

では、どんなスーツがビジネスシーンに適しているのでしょうか。
どんな場面にでも適しているのは、ネイビーとグレーの無地、または控えめなストライプ柄だそうです。

しかし、ビジネス用の黒いスーツも存在します。礼服と黒のビジネススーツは見た目がよく似ていていますよね。どんなところに違いがあるのでしょうか。

▼礼服▼
【色の濃さ】
・黒色の色みが深い
・使われる色は、墨黒や漆黒と呼ばれている
【生地】
・弔事にも着用できるよう、光沢がない 
【素材】
・ウール100%のものが一般的
【デザイン】
・頻度が低いので、将来的な体形の変化を見越した、ゆったりとしたモノ

▼黒のビジネススーツ▼
【色の濃さ】
・黒にはグレーがかった明るさがある
・一般的に、黒の色みが濃いほど手間やコストがかかり、高級になる
【生地】
・光沢感のある生地
【素材】
・耐久性やシワのできにくさにつなげることや気軽に着られるように、ビジネススーツの多くはウールとポリエステルを混ぜて作られている
・ビジネススーツでも高級なものは、ウール100%の生地が使われている
【デザイン】
・流行に左右される傾向がある
・動きやすくするために、ベントといわれる切り込みがジャケットの裾に入っている


礼服や黒いスーツは、着用する場やマナーが異なります。ぜひ参考にされてみてください。

ayako/ライター

【関連記事】

おすすめの記事