Yahoo! JAPAN

『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマン追悼 敬意と感謝を込めてファンが今伝えたい想い

ウレぴあ総研

『ブラックパンサー』ディズニープラスで配信中 © 2020 Marvel

2020年8月28日、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品『ブラックパンサー』で、ブラックパンサー/ティ・チャラ国王を演じたチャドウィック・ボーズマン氏が、大腸ガンのため43歳の若さでこの世を去りました。

ブラックパンサーに憧れ、心から敬愛していたファンが、今思うことを書き綴ります。

思い出や軌跡を振り返り、氏に感謝と敬愛の意を表したい。

大きな悲しみが癒えることは決してありませんが、この想いを少しでも皆さんと共有し、救いになることが出来たなら。

まず私は、チャドウィック・ボーズマン氏を、MCUの作品群でしか知りません。

ファン歴は決して長くなく、ブラックパンサー/ティ・チャラ国王としての彼に憧れ、敬愛の念を抱いてきた人間です。

スクリーンの中の彼を追いかけ、もちろん会ったことも話したこともありません。

それでも、彼を尊敬し慕う気持ちは、適当なものでは決してない事を、前置きさせて欲しい。

いちファンとしての、大いなる感謝と敬愛の意を、綴っていこうと思います。

「嫌だ。絶対に嘘だ。」

最初に訃報を目にした時の感想でした。

ハルク役 マーク・ラファロのインスタグラムだったと思います。

なんで、どうして?嫌だ!!

目が耳が体が、全身でチャドウィックさんの訃報を拒否していました。

嫌だ、信じたくない。「信じられない」ではない、決して「信じたくない」。

ありがとう、ご冥福を。なんて、到底言えるはずもない。受け入れられない。

あまりにも非現実的な話すぎて、経験した事のない拒否反応に混乱しました。

心に鉛が落ち込んで来たような感覚に、崩れ落ちそうになるのをどうにか堪えたのを覚えています。

どうしてこんなにも悲しく、胸が張り裂けそうな、身を切られるようなニュースを聞かなくてはいけないのか。

どうしてこんなにも尊く、世界中で愛されている素晴らしい人が、43歳という若さで旅立たなければならないのか。

彼が、そして私たちが何をしたというの?

あまりにも不条理だ、と思いました。圧倒的かつ、暴力的なほどの不条理。

今回の発表で、2016年にはステージ3の大腸がん(結腸がん)の診断を受けていた事が判明しました。

彼のMCU出演作は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』の4作品。

『ブラックパンサー』以降の作品は、いくつもの手術と抗ガン治療、化学療法の間を縫って撮影していたそうです。

病気の事は、仕事仲間の誰にも公表しておらず、誰も彼の病気を知らなかった。主演作品の監督でさえも。

そして、彼を蝕む病気は、年を追うごとにステージ4へと発展。

肉体的にも精神的にも、想像を絶する痛みと苦しみがあったと思います。

それらをおくびにも出さず、誰にも弱音を吐かず、穏やかで慈愛に溢れ、民を思う崇高な微笑みと品位を持ったまま、彼はワカンダの若き国王 ティ・チャラを演じ切りました。

唯一無二のヒーローを演じるという事は、見た目にも説得力がなければいけません。

進行するガンで、みるみるやせ細ってもおかしくないはず。

それでも彼は与えられた役を全うし、完璧に肉体を作り上げて、誰もが憧れ敬愛するブラックパンサーという至上のヒーローを、この世に生み出してくれました。

日本で生まれ育ち、人種差別とは無縁の人生を生きて来た私にも、しっかりメッセージは伝わった。

ブラックパンサーの存在に、どれだけの人が憧れ、救われ、どれだけの人が勇気付けられたか!

彼の計り知れない苦しみと痛み、命を蝕み迫り来る病魔の恐怖と葛藤を、誰も知らなかった。

彼の先には、まだまだ輝かしい未来が用意されていると誰もが信じて疑わなかったし、彼の子供や孫の代、その先まで永遠に、伝説となり語り継がれていたはずです。

続編である『ブラックパンサー2』の公開予定は、2022年5月。

あと1年半と少し先でした。

ディズニー社や監督からの正式な発表はまだなく、制作がどこまで進んでいたのか、氏の逝去によって本作がどうなるのかは、いまだ判明していません。

ここからは「もしも…」の話です。

今猛威を振るっている、世界的な疫病がなければ、彼がいつも通りの生活を送れていたら。

制作陣に自分の病気のことを伝え、無理のないやり方で、撮影時期を早めることが出来ていたら。

もしかしたら、世界中が憧れた私たちのヒーロー、ブラックパンサーの未来を、演じることが出来ていたかもしれない。

でも、それはあまりにも過酷な話だ、とも思います。

世界中で愛される、唯一無二のヒーローへと成長してしまったからこそ、人々が描くブラックパンサー像を崩すわけにはいかない。

誠実でひたむき彼は誠心誠意、全身全霊で撮影に臨み尽くしたはずです。

結果的に、残り少ない彼の命をさらに縮めるものになっていたかもしれない。

亡くなるほんの数ヶ月前、彼はパートナーだった女性と、ひそかに結婚していました。

自分の人生がいよいよ終わろうとしている事を悟り、最後の数ヶ月を愛する人に見守られながら、共に穏やかに過ごす決断をしたんだと思います。

もし、望まれるまま無理をして撮影に望んでいたら。

そのわずかで儚い数ヶ月さえ、もしかしたら叶わなかったかもしれない。

そう思うと、「続編はどうなるの?」「観られないかもしれない、悲しい!」なんて私たちの心配は、今は考える事さえ憚られるのでは、と思ってしまいます。

この最期の数ヶ月だけでも、どうか、どうかチャドウィックさんが穏やかで安らかであったと信じたい。

想像し難いほどに、誰よりも無念だったと思います。

自分が演じ、世界中で愛されたヒーローの、その先の物語を続ける事が出来なくて、誰よりも悔しかったはず。

また、優しく慈愛に溢れ、寛大な彼のことです。

未曾有の疫病、再び表面化し数々の痛ましい事件を起こした人種差別に、大勢の人を巻き込んだ騒動。

きっと胸を痛めていたに違いないはず。

でもどうか、どうか、絶望せず、愛するパートナーと穏やかで安らかな時間を過ごせていたと信じたい。

これ以上胸を痛める事をせず、ただ穏やかであって欲しい。

ブラックパンサーとして、作品の中で命、権利、成すべきことへの疑問を、悲痛に叫ぶシーンが数多くありました。

一体、どんな気持ちで演じていたんだろう。

自らの辛さを誰にも見せる事なく、どれだけの慈愛を、寛大さを、崇高な精神を持ってしたら、私たちの心を抉って揺さぶるようなあんな演技、台詞を吐けるのか。

アクションシーンも多い『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の撮影は、たった3年前。

国の存亡がかかった決戦の際、彼が放つ「Yibambe!」の台詞に、どれだけの人が勇気付けられ、鼓舞されたか。

もちろん、私もその1人です。

「Yibambe!」とは、ワカンダの公用語として使用されたコサ語で、「最後までやり抜く」「闘志を示す」「全力を尽くす」といった意味を持つ言葉。

己に死が迫り来る感覚を刻一刻と感じながら、他人を鼓舞する力強さを持てるなんて。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、絶望する仲間たちの元へ、1番最初に戻って来てくれたのは、ブラックパンサーでした。

監督も「彼が最初に戻って来るのが、1番観客が喜ぶと思ったんだ」と語っています。

もう、世界中の人々に勇気を与えるヒーローになってる。

みんなが彼を待ち望んでいた。

最初に彼が戻ってきて、彼を慕うワカンダの兵士が全員集結して、キャプテンより先に「Yibambe!」と、アベンジャーズを鼓舞して勇気づけてくれたんです。

誰よりもその役回りを果たすに相応しい、圧倒的なヒーローぶり。

自分は命の灯火が消えそうという時に、どうして、どうして他の人を鼓舞できるの?

あまりにも尊い。なんて崇高な人なんだろう。

自らの辛さをおくびにも出さず、最後まで追いかけて守りたい背中と、慈愛に溢れた崇高な生き様を見せてくれました。

旅立ってしまった事実を、絶対に信じたくないし未だ受け入れられないけど、それでも、やはり彼には謝辞を述べなければならないと思います。

伝えきれないほどの感謝の気持ちを。

自らの命を削る想いで、ブラックパンサーという至高のヒーローを、この世に生み出してくれたこと。

投げ出さず、弱音を吐かず、最後まで完璧にブラックパンサーを演じ、MCUの集大成である『アベンジャーズ/エンドゲーム』まで完走してくれたこと。

東の果ての小さな国で、こんなにもあなたに恋焦がれ、慕い、憧れ、敬愛している1人の東洋人がいるという事、知って欲しかった。

黒人だけのヒーローなんかじゃない。

人種差別とは無縁の、気楽で平凡な東洋人にとっても、ただ1人の代え難い存在であるという事、伝えたかった。

私にとっては黒人も白人も黄色人種も関係ない、大好きで敬愛すべき、尊い1人のスーパーヒーローでした。

続編が見られないから残念だ、なんて、そんな気持ちじゃない。

そんなに簡単に割り切れるものではありません。

恋い焦がれ、慕い憧れ敬愛していた自分のヒーローが、若くして抗えない病気でこの世を去ってしまった。

その事実だけでも受け入れ難いのに、まさか彼の存在を知り、大好きになるきっかけをくれた作品たちが、全て病魔と闘いながら、命を削りながら、作られたものだったなんて。

訃報を聞いてからも、これを書いている今も、涙が止まりません。

悲痛なんて言葉では足りない。これは不条理だと思う。

怒りさえ覚えてしまいます。こんな不条理が許されていいの?

こんなにも愛され、才能あふれる崇高な人間を、若くして病魔で絶望させ、愛するパートナーとの長い時間も奪い去った。

全世界の人間に希望を与えたヒーローの未来を描くことすら許されず、世界中に望まれ憧れられた、ただ1人の人を、無情にも連れ去るなんて。

まだまだ終わらない、輝かしい未来が用意されていたはずだった。

世界中の希望となり、語り継がれる偉業をこれからも成し遂げられる人だった。

あまりにも早く、あまりにも無情です。

悪いけれど、こんな不条理を受け入れられる寛容さは、今の私にはまだありません。

でも、事実は事実として、重くのしかかります。

起きてしまったことは覆せない。いつまでも耳を塞いでいるわけにはいかない。

私がすべきなのは、彼が私に与えてくれた尊さと敬愛の心を決して忘れずに語り継ぎ、病魔と闘いながら死に物狂いで、命を削って生み出してくれたMCUの4作品を、何よりも誰よりも愛し続けていく事。

作品の中で、若く気高き国王 ティ・チャラとして生きた彼を、私が死ぬまで忘れずに映し続けていくしかないんだ。

どうかどうか、安らかに。

誰よりも安らかであって欲しい。

想像を絶する痛みと苦しみを乗り越え、全世界の人々の心を打つ至上のヒーローを生み出してくれた事、誰にもできない偉業を成し遂げてくれた事、心からの感謝と尊敬の意を表します。

こんなにも慕い憧れ、敬愛する気持ちを私に教えてくれて、ありがとう。

ずっとずっと、消えることなく私の心の中で生き続けます。

ワカンダの優しく気高き王よ、永遠に。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』ディズニープラスで配信中

(ディズニー特集 -ウレぴあ総研/いの)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 細川直美、油断して“失敗”してしまった弁当「そんな日もあるさ~~」

    アメーバニュース
  2. 人気でもう完売間近!! 吉野家の「黒毛和牛すき鍋膳」、気になる人は超急いで。

    東京バーゲンマニア
  3. 『亜人』三浦追儺×『ボックス!』大羽隆廣による狂気のグロ死(デス)ゲーム漫画「天空侵犯」 Netflixでアニメ化決定

    SPICE
  4. 筋肉ラブ芸人が「最強の栄養食」と愛食する食べ物とは?

    特選街web
  5. 待ってました!セブンに「ザッハトルテ」が再登場 「あんずジャムと濃厚チョコが激ウマ」

    東京バーゲンマニア
  6. 安倍前首相の「美しい国」とは何だったのか? 形容詞がはらむ危険性【それでも物書きになりたい君へ】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 子役だった純烈リーダーと渡辺徹さん 35年前の意外なご縁【山田邦子 人生いろいろ】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 六本木で目立ちまくり! マテンロウのアントニーが自転車で“爆走”の理由

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. 田中みな実の“女優転身”は絶好調「NHK大河内定&三谷幸喜ファミリー入り」情報

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 劇場内からすすり泣く声が…アニメ映画「鬼滅の刃」鑑賞ルポ

    日刊ゲンダイDIGITAL