Yahoo! JAPAN

スタローン主演『ロッキー4/炎の友情』ディレクターズカット版が2021年11月全米公開! 約40分の追加映像収録が明らかに!!

映画評論・情報サイト BANGER!!!

スタローン主演『ロッキー4/炎の友情』ディレクターズカット版が2021年11月全米公開! 約40分の追加映像収録が明らかに!!

シルヴェスター・スタローン主演『ロッキー4/炎の友情』(1985年)のディレクターズカット版が、2021年11月11日に1日限定でアメリカで劇場公開される。公開に先立ち、最新予告編が解禁された。

1985年に公開された『ロッキー4/炎の友情』は、全世界で3億ドル以上の興行収入を記録。ロッキー対ドラゴの対決を描き、「ロッキー」シリーズの中でも最も印象深い戦いを描いた。本作の主演・監督・脚本を手がけたスタローンは2020年、公開35周年を迎えたことを記念して同作のディレクターズカット版を製作中であることを発表。そのディレクターズカット版には、40分間の未公開映像が追加されていて、最大の特徴はアポロとドラゴの戦いの拡大版であり、今回はさらに白熱した展開が繰り広げられるようだ。

スタローンは現在、『ロッキー』前日譚シリーズの脚本の執筆に取り組んでおり、将来的には配信ドラマとして制作したいと語っている。また、『クリード』シリーズ最新作『クリード3(原題)』も予定されているが、スタローンは出演しないことが明らかになっている。

『ロッキー4/炎の友情』ディレクターズカットは、2021年11月11日に米国で劇場公開。翌12日よりオンデマンド配信を開始する。日本での劇場公開や配信については、未定のようだ。

【関連記事】

おすすめの記事