Yahoo! JAPAN

横浜みなとみらいホール 新年を祝う年末恒例ジルヴェスターコンサートを今年も開催

SPICE

『ジルヴェスターコンサート2020』

2020年12月31日(木)横浜みなとみらいホールにて、年末恒例となっている『ジルヴェスターコンサート』が今年も開催される。

日本を代表する豪華ソリスト陣と、日本全国選りすぐりの奏者を集めた特別編成オーケストラ「横浜みなとみらいホール・ジルヴェスターオーケストラ」で贈る『ジルヴェスターコンサート』。横浜みなとみらいホールでは、ベートーヴェン生誕250周年のメモリアルイヤーである今年、10を超えるメモリアル・コンサートを開催してきたが、その最後を飾るのがこの『ジルヴェスターコンサート』だ。そのプログラムに組み込んだのは、 交響曲第6番「田園」とピアノ協奏曲第4番。 ソリストは、 今年からベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲(32曲)演奏会に取り組んでおり、 人気・実力ともに日本を代表するピアニスト・仲道郁代。

左から、 池辺晋一郎(音楽監督)、 飯森範親(指揮)、 徳永二男(エグゼクティブ・ディレクター)、 仲道郁代’(ピアノ)、 梅津碧(ソプラノ)

左からナターシャ・グジー(歌・バンドゥーラ)、 高木綾子(フルート)、 藤原浜雄(ヴァイオリン)、 水野佐知香(ヴァイオリン)、 堀了介(チェロ)

また、新型コロナウイルス感染症が猛威を奮い、 音楽関係者やクラシック・ファンに大きな影響を与えた2020年。徐々にホールでの演奏会が再開しつつある中、来場のお客様や演奏家、関係スタッフ全員が明るく前向きになれる曲をテーマにプログラムを構成していくという。

昨年の様子 (C)藤本史昭

横浜みなとみらいホールは、ホールの天井耐震化と施設の長寿命化、 バリアフリー対応を目的とする大規模修繕工事に伴い、 本コンサートを最後に2021年1月より約1年10ヵ月の長期休館に入る。1998年の開館以来初めてとなる長期休館を前に本コンサートが最後の夜を彩る。

おすすめの記事