Yahoo! JAPAN

鎌倉インテル グラウンド 今秋開設へ 来週中にも工事開始〈鎌倉市〉

タウンニュース

近隣の小学生も参加して草刈りが行われた=5日

鎌倉を拠点に活動するサッカークラブ鎌倉インターナショナルFC(鎌倉インテル)が中心となり進めている、市内初の人工芝グラウンドの建設工事が、来週中にも始まる見通しとなった。

「鎌倉みんなのスタジアム」と名付けられたこのプロジェクトは、深沢地域整備事業用地の一画(約1万平方メートル)を鎌倉市による本格的なまちづくりが始まる2024年度まで暫定利用し、国際基準にもあったグラウンド(約7500平方メートル)を整備する、というもの。

完成後は同クラブの練習拠点としてだけでなく、各種スポーツやイベントの会場、地域住民の交流拠点などとして、一般の人も利用可能になる予定だ。

当初は今春の完成を目指していたが、コロナ禍の影響もあり着工がずれこんでいた。

完成は9月中の予定でチーム関係者は「利用開始は10月の予定だが、1日も早く皆さんにお披露目したい」と話す。

予定地で草刈り

6月5日、6日には、選手やスタッフ、支援者、スポンサー企業の関係者、また近隣のふじづか子どもの家の児童らのべ80人が参加して、建設予定地で雑草の除去が行われた。

鎌倉出身・在住で今季からトップチームの主将を務める藤田航規選手(25)は「いよいよという実感が湧いてきた。今年こそ県1部への昇格を果たすとともに、この場所を拠点に、サッカーを通じた地域貢献もしていきたい」と話していた。

【関連記事】

おすすめの記事