Yahoo! JAPAN

【初心者向けの資産運用】おすすめは投資信託 プロに任せて分散投資 リスクも低い

特選街web

イラスト/フクイサチヨ

投資信託が安心な理由のひとつが、プロのファンドマネージャーに〝おまかせ〟で投資を行うことができるいう点にあります。さらに、少額からはじめられる、分散投資を行うのでリスクが軽減される、というのもメリットです。初心者におすすめな投資信託ついて、書籍『明日からお金を増やす方法大事典』監修の大竹のり子さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

大竹のり子(おおたけ・のりこ)

(株)エフピーウーマン代表取締役 ファイナンシャルプランナー。 出版社の編集者を経て、女性のためのお金の総合クリニック「エフピーウーマン」を設立。講演やメディア出演のほか「お金の教養スクール」の運営を通じて正しいお金の知識を学ぶことの大切さを発信している。『なぜかお金に困らない女性の習慣』『老後に破産しないお金の話』などお金の分野での著書は50冊以上に及ぶ。 女性FPによる、個人マネーコンサルティングを受付中。

[▼エフピーウーマン](公式サイト)

本稿は[『明日からお金を増やす方法大事典』](西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。※特に明記しない限り2020年3月1日現在の情報にもとづいています。

イラスト/フクイサチヨ

資産運用にチャレンジして「持っている資産」を大きく増やす

こんな人に向いている!

リスクを恐れない人
勉強や知識を得るのが好きな人
数字を分析するのが得意な人

ひと昔前の日本ならば、会社に長年勤めていれば給料が上がって、ボーナスもしっかりもらえました。しかし、失われた20年、30年などと言われるように、景気は低迷したまま。ボーナスカットならまだしも、給料をカットしている企業も少なくありません。消費税の増税や、社会保険料も増え続けていて、先行きは不透明です。
だからこそ、お金を増やして少しでも安心した暮らしするのはどうしたらいいか―。その方法のひとつとして、チャレンジしてもらいたいのが資産運用です。

資産運用には多くの資金は必要ありません。100円からはじめられる方法もあります。言うなればまったく貯蓄がない人でもスタートすることができるのです。

ただし、資産運用にはリスクが伴います。ですので、将来の資金繰りにまったく不安がないという人は、あえてリスクをとる必要もないでしょう。
また、資産運用の中にはハイリスクなものと、比較的リスクの低いものがあります。ハイリスクな資産運用としては、株式投資やFXが当てはまります。これらは大勝ちすることもあれば大負けすることもあるので、慎重に取り組む必要があります。

逆に、投資信託などはリスクが分散されています。ただし、リスクが低いからといって、自分の貯蓄が目減りしないというわけではありません。

資産運用においては、何も知らないということがもっともおそろしいことです。まずは、資産運用に対する知識を深めることからはじめましょう。

プロにお任せ!リスクも低い!初心者におすすめな投資信託

プロに投資をまかせる

これから投資をはじめようという初心者の方におすすめしたいのが投資信託(ファンド)です。

投資信託とは、投資家たちが出したお金を集めて、ひとつの大きな資金として投資・運用を行います。その運用で得られたお金を、投資額に応じて分配するというしくみの金融商品です。

初心者にとって投資信託が安心な理由のひとつが、投資を行うのが投資のプロのファンドマネージャーであるという点にあります。高度な知識を持つファンドマネージャーに〝おまかせ〟で投資を行うことができるのです。

少額からはじめられるのも、投資信託のメリットです。証券会社によっては毎月100円の積み立てからの投資が可能な商品もあります。

リスクが少ないという点も投資信託のメリットとして挙げられます。ファンドマネージャーが数多くの投資対象にわけて投資を行うので(これを分散投資と呼びます)、リスクが軽減されるのです。
分散投資は多くの資金が必要となりますが、多くの人からお金を集める投資信託なら1人ひとりの金額が少なくても問題ありません。また、いつでも換金や解約ができるという点も魅力です。

証券会社や銀行で口座を開けば、投資信託の買付がはじめられます。支払うコストとしては、販売手数料、信託報酬、信託財産留保額があります。
販売手数料は商品によっては発生しません。信託報酬は投資信託を行っている間ずっとかかる費用ですので、安いところを選びましょう。信託財産留保額は換金時に発生するものです。

本稿は[『明日からお金を増やす方法大事典』](西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

3大メリット

▼実際の投資・運用は投資のプロが行う

▼少額からでも投資を行うことができる

▼分散投資を行うので、リスクが軽減される

注意点

リスクが少ない投資信託とはいえ、絶対にリスクがないわけではありません。
投資信託では元本(投資にあてた資金のこと)は保証されませんので、運用がうまくいかなければ、そこで減ってしまったお金は返ってこないことを知っておきましょう。

投資信託のしくみ

◇◇◇◇◇

なお、本稿は書籍[『明日からお金を増やす方法大事典』](西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。本書は、お金を増やすための日々の知恵を集めた事典です。すぐにできることから、準備期間は必要だけど、やるとやらないではお金の増え方に大きな差がつくことまで、幅広い知恵を集めました。できることからひとつずつ積み重ねていくことで、お金の増え方が大きくスピードアップし、家計にも気持ちにもゆとりが生まれてくるはずです。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

【関連記事】

おすすめの記事