Yahoo! JAPAN

メーガン妃の誕生日祝福の英王室に「そんな必要なし!」の声多数

Techinsight

エリザベス女王の単独公務のお供に大抜擢されたメーガン妃だったが…(2018年6月当時)(画像は『The Royal Family 2020年8月4日付Instagram「Wishing The Duchess of Sussex a very happy birthday!」』のスクリーンショット)

今年3月末にイギリス王室を正式に離脱したメーガン妃が、今月4日に39歳の誕生日を迎えた。王室側との確執や夫ヘンリー王子の兄ウィリアム王子夫妻との不仲が離脱の一因だったと言われるなか、当日はロイヤルメンバー達がそれぞれの公式SNS上で妃の誕生日を祝福した。

今年3月末をもって

夫ヘンリー王子とともにイギリス王室から正式に離脱したメーガン妃が、

故郷アメリカで39歳の誕生日を迎えた。現在は

ハリウッドセレブ、タイラー・ペリーがビバリーヒルズ北に所有する1800万ドル(約19億2000万円)とも言われる豪邸に滞在し、

愛息アーチーくんと3人で隔離生活を送っており、メーガン妃の母ドリアさんも同邸宅にて娘一家と水入らずの時間を過ごしているとされる。

昨年38歳の誕生日には、アーチーくんを連れスペイン・イビサ島に出かけていたヘンリー王子・メーガン妃夫妻、

プライベートジェットでの旅が猛バッシングを浴びたのは記憶に新しい。

今年はパンデミックの影響もあり、どうやら自宅でリラックスして過ごす誕生日となるようだ―と報じられている。

そんななかイギリスのロイヤルメンバー達が、それぞれの公式SNSにメーガン妃の誕生日を祝福するメッセージを綴り、注目を集めている。エリザベス女王は、

「サセックス公爵夫人が素敵な誕生日を過ごせますように!」

とメッセージを綴り、メーガン妃とのツーショット写真を添えた。この写真は2018年6月にメーガン妃と2人きりでチェスター市などを訪れた際のもので、王室入りからわずか1か月未満でありながら、早くもエリザベス女王の単独同行に大抜擢されたことが当時は大々的に報じられたものだった。

ヘンリー王子の父チャールズ皇太子も公式SNS「クラレンス・ハウス」にメーガン妃の写真をアップし、

「ハッピーバースデー、サセックス公爵夫人!」

と短いメッセージを記したほか、ヘンリー王子の兄ウィリアム王子・キャサリン妃夫妻もケーキと風船の絵文字を添え、

「サセックス公爵夫人が本日、とても素敵なバースデーを過ごされていますように!」

と綴っている。

ヘンリー王子・メーガン妃については、

ロイヤルライフを描いた伝記本『FINDING FREEDOM(仮タイトル:自由を探して)』が今月11日にハーパーコリンズ社より出版予定となっている。

2人のロイヤルコメンテーターが手がけた同著には、夫妻がイギリス王室に抱いていた不満やウィリアム王子・ヘンリー王子兄弟の不仲、またキャサリン妃とメーガン妃の極めて表面的だった関係などについて綴られている。

一方的に王室を離れ、妃の故郷カリフォルニアへと一家で移住するなど大胆かつ自由奔放過ぎる夫妻の行動は、イギリス国民をはじめ世界の多くの王室ファンを落胆させたが、さらに伝記本で英王室に対するネガティブな内容を書き立てられてもなお、こうして妃の誕生日を公式SNS上で祝福するロイヤルメンバーに対しては「さすが人格者達だけある」「気品と教養を兼ね備えた人達の取る行動」とファンからは称賛の声が集まっているようだ。一方でメーガン妃のアンチ達からは、

「今さら公爵夫人? 一体誰のこと?」
「メーガンこそ、イギリス王室をバラバラに引き裂いた張本人!」
「もうこんな人のことは忘れていいのでは?」
「暴露本まで出るっていうのに! 誕生日を祝ってもらう資格なんてないはず」

といったコメントも多数書き込まれる羽目となってしまった。

今年1月に王室からの離脱意思を表明した際には「経済的自立」を謳い啖呵を切っていたヘンリー王子・メーガン妃夫妻。しかし移住後ローンチ予定だった新団体の活動は、新型コロナウイルスの影響で現在は頓挫した状態が続いている。第2子妊娠の可能性やハリウッドセレブとのコラボなど、妃の今後の活動内容については引き続き様々な憶測が飛び交っているが、30代最後の1年、今年もまたその一挙手一投足が注目される年となることは間違いなさそうである。

画像は『The Royal Family 2020年8月4日付Instagram「Wishing The Duchess of Sussex a very happy birthday!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

【関連記事】

おすすめの記事